【2WDが9割の車種も!】 ブームの光と影 「四駆じゃないSUV」 なぜ流行??

 「SUVといえば四駆」はもう古い!?

 初代「パジェロ」に代表されるクロカンSUVが火付け役となり、1980年代後半から1990年代初めのブーム、初代「ハリアー」から始まった1990年代後半からの高級SUVの増加を経て、ここ5~6年は“第3次”ともいえる世界的なSUVブームが続いている。

 現在、日本で販売されているクロスオーバーやSUVのラインナップを見ると、4WD(四輪駆動)に加え2WD(二輪駆動)モデルが設定されるのは当たり前となっている。

 加えて世界的にはVWやルノーなど多くのメーカーから、4WD車を設定しないSUVも登場してきている。

 そこで、日本における人気SUVとクロスオーバーの4WD比率を調べてみたところ、意外な事実が分かってきた。なぜSUV=四駆ではなくなってきているのか? その背景に迫る。

文:永田恵一
写真:TOYOTA、編集部、SUZUKI

【画像ギャラリー】四駆が少数派のモデルも!? SUV販売ベスト15車&販売台数


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ