【2WDが9割の車種も!】 ブームの光と影 「四駆じゃないSUV」 なぜ流行??


 「SUVといえば四駆」はもう古い!?

 初代「パジェロ」に代表されるクロカンSUVが火付け役となり、1980年代後半から1990年代初めのブーム、初代「ハリアー」から始まった1990年代後半からの高級SUVの増加を経て、ここ5~6年は“第3次”ともいえる世界的なSUVブームが続いている。

 現在、日本で販売されているクロスオーバーやSUVのラインナップを見ると、4WD(四輪駆動)に加え2WD(二輪駆動)モデルが設定されるのは当たり前となっている。

 加えて世界的にはVWやルノーなど多くのメーカーから、4WD車を設定しないSUVも登場してきている。

 そこで、日本における人気SUVとクロスオーバーの4WD比率を調べてみたところ、意外な事実が分かってきた。なぜSUV=四駆ではなくなってきているのか? その背景に迫る。

文:永田恵一
写真:TOYOTA、編集部、SUZUKI

【画像ギャラリー】四駆が少数派のモデルも!? SUV販売ベスト15車&販売台数


現在のSUVのトレンド&人気車の傾向は?

2019年11月に発売され、2020年1月には1万220台、2月には9979台を販売し、登録車販売No.1に輝いたライズ

 現在日本で買える日本車のSUVを見回してみると、ラダーフレーム構造のボディや副変速機を持つ本格的なクロカンSUVは、トヨタ ランドクルーザー/ランドクルーザープラド、スズキ ジムニー/ジムニーシエラくらいで、ほとんどが乗用車ベースだ。

 これはSUVに主に求められた“悪路走破性”が、現在では「雪道と河原のような若干の悪路までに対応できれば多くの人は充分」と考えられているからである。

 そのため、前述のクロカンSUV以外は乗用車をベースに最低地上高を上げる、横滑り防止装置を発展させて4WD性能を高めるという考えとなっている。

 この方がコストメリットや軽量化による燃費悪化の抑制、舗装路でのハンドリングと乗り心地のバランスなど、ほとんどの人にとってメリットは大きい。

 また、現在のSUVブーム下では、クロカンSUVや乗用車ベースの高級SUV、オーソドックスなSUVに加えて、ニーズの多様化によりホンダ ヴェゼルあたりから始まったコンパクトSUVも活況。

 マツダ CX-3やトヨタ C-HRなど実用性よりも流麗なスタイルを持つスペシャリティなもの、ステーションワゴンのような乗用車にSUVの要素をミックスしたクロスオーバーなど、一口にSUVといってもSUVの中でもライトな方向のジャンルが大幅に増加している。

 そのため「いい意味でクセの強いSUV」といえるC-HRが登場から3年ほど大人気となり、5ナンバーサイズSUVとなるダイハツ ロッキー/トヨタ ライズも2019年11月に登場。

 特にライズは、2020年1月と2月は軽自動車を除く登録車の月間販売台数ランキング1位に躍り出るというヒット車となっている。

人気コンパクトSUV&クロスオーバーは2WDが圧倒!

2019年SUV販売No.1に輝いたヴェゼルも、販売の8割強を2WD車が占め、4WD車は2割未満の少数だ

 こうした背景を考えると乗用車より幅広く使えるSUVは、日本でももう“ブーム”を通り越して、軽自動車、ミニバン、コンパクトカーに続く“柱となるジャンル”に定着していると言える。

 その証拠に2月の登録車の月間販売台数ベスト50にはSUVが15台、2月の軽乗用車の販売台数ベスト15でも9位と12位にスズキ ハスラーとジムニーがランクインしているほどなのだ。

 では、人気コンパクトSUVとクロスオーバーの駆動方式比率は実際にどうなっているのか? 各メーカー広報部に問い合わせた結果は以下のとおりだ。

・トヨタ ライズ/2WD=69%:4WD=31%(※2019年11~12月データ)
・トヨタ C-HRガソリン車/2WD=59%:4WD=41%
※C-HRハイブリッドは2WDのみ。C-HRはハイブリッドが70~80%を占めていると思われるので、C-HR全体で見た4WD比率は10%程度と想像できる。

・ホンダ ヴェゼル/2WD:4WD=85%:15%
・ホンダ フィットクロスター/2WD:4WD=80%:20%(※2019年12月下旬~2020年3月中旬のデータ)
・スズキ クロスビー/2WD:4WD=60%:40%
・新型スズキ ハスラー/2WD:4WD=70%:30%(2020年1~2月データ)

※()のないモデルは2019年の年間データ

 このように、現在の軒並み2WDが主力となっている。

次ページは : なぜSUV&クロスオーバーは非4WDが主力に?