最高ヤリスなら最安カローラより上? それとも… 安い車の最上級VS高い車の最安


フリード【最安】VS N-BOX【最上位】

■フリード/199万7600円(B・Honda SENSING)
■N-BOX/199万6500円(Custom G・EXターボ Honda SENSING)

 グレードは一般的に中級が最も割安だ。上級には生産量の少ない装備が採用され、コストを下げにくく割高になる。

 N-BOXカスタム「G・EXターボ ホンダセンシング」は、スライド量の長い助手席を備え、シートベルトを含めて専用設計で価格も高い。15インチアルミホイールも2グレードのみの採用で約200万円に達した。

 一方、フリード「B ホンダセンシング」は、法人の利用も視野に入れて装備を簡素に抑えた。スライドドアの電動機能が唯一装着されず、サイド&カーテンエアバッグのオプション設定もない。選ぶならN-BOXだ。

軽ながら200万円に迫るN-BOXカスタムの最上級「G・EXターボ Honda SENSING」。フリードの最安グレードとほぼ同価格だ

【文:渡辺陽一郎】

ライズ【最安】VS ハスラー【最上位】

■ライズ/167万9000円(X 2WD)
■ハスラー/161万2600円(HYBRID Xターボ)

 両車ともエンジンは直列3気筒ターボだから、排気量はライズが大きいがコストに大差はない。

 むしろ、ハスラーには高コストなマイルドハイブリッドが備わる。装備もハスラーには、ライズ「X」に付かない衝突被害軽減ブレーキ、全車速追従型クルーズコントロール、アルミホイールなどが装着される。シートアレンジもハスラーが多彩だ。

 つまり、ハスラーは小さくても高機能なノートパソコン、ライズはシンプルなデスクトップパソコンに似ている。そして、ハスラーのグレードは「G」と「X」のみだから「Xターボ」も割安だ。

161万2600円のハスラー HYBRID Xターボ

【文:渡辺陽一郎】

次ページは : スープラ【最安】VS 86GR【最上位】

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

特集 2030年 日本クルマ界大予測  地球環境問題、カーボンニュートラルのことを抜きに進んでいけな…

カタログ