新型カローラクロス世界初公開!! 魅力的なSUVの日本導入は?


 日本では2018年にデビューしたカローラスポーツ、そして2019年にフルモデルチェンジして、人気が復活しているカローラセダン、ワゴンのツーリングの3タイプがカローラシリーズとして販売されている。

 カローラはトヨタの元祖グローバルカーとして世界150以上の国と地域で累計4800万台以上を販売してきた世界を代表する1台だ。

 そしてカローラシリーズは、常にその時代のニーズに即して進化してきた特徴があり、世界的なSUVブームに合わせてカローラシリーズにSUVの『カローラクロス』を設定し、2020年7月9日にタイで初公開され、同日から販売を開始した。

 トヨタはヤリスをベースにSUV化したヤリスクロスを発表し、日本では2020年8月31日から発売を開始する予定となっているが、トヨタのクロス戦略の第2弾となるカローラクロスは日本で販売されるのだろうか?

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタがまたまた魅力的なSUVを海外で発表!! ヤリスクロスに続き第2弾はその名もカローラクロス!!


ボディサイズはC-HRとRAV4の中間

150以上の国、地域で販売されているカローラシリーズの最新モデルがSUVのカローラクロスで、2020年7月9日にタイで発表され、同時に発売開始

 カローラクロスのボディサイズは、全長4460×全幅1825×全高1620mmで、ホイールベースは2640mmと発表されている。

 人気のカローラツーリングが全長4495×全幅1745×全高1460mmだから、全幅は80mmほどワイドになっている。トヨタのSUVで比較すれば、C-HRとRAV4の間を埋めるサイズということになる。

 8月31日から販売を開始するヤリスクロス全長4180×全幅1760×全高1590mmとなっているので、トヨタのSUVでは、ライズ→ヤリスクロス→C-HR→カローラクロス→RAV4→ハリアー→ランドクルーザープラド→ランドクルーザーという強力な布陣が完成する。

誓い強さと機能性の大会次元での融合がコンセプトのカローラクロス。前後フェンダーラインが特に力強さを感じるポイント

エクステリア

 カローラクロスのエクステリアデザインのコンセプトは、『力強さ』と『機能性』の高い次元での融合にある。

 そういう意味では、トヨタのSUVでは、C-HR、ハリアーよりも、ライズ、RAV4に近いキャラクターと言えるかもしれない。

 エクステリアのポイントは、以下のとおりだ。
■スペースと車格を感じる伸びやかなサイドビュー
■堂々として力強い、フロント、リアの構え
■力強いフロント/リアのフェンダー造形でアクティブ感を演出
■リアディフューザーで精悍さをアピール

カローラクロスはC-HRとRAV4の中間的サイズのSUVだ。キャラクター的にはライズやRAV4に近い感じだと思われる

 そのほかでは、そのほかのカローラシリーズと違い、前後で異なるサイズのタイヤを装着している点にも注目したい(フロント215/60R17 、リア225/50R18)。

次ページは : インテリア

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ