新型キックスは“ジンクス”を破ることができるのか? タイ生産車は売れない??

新型キックスは“ジンクス”を破ることができるのか? タイ生産車は売れない??

 日産のコンパクトSUV、キックスの受注台数が1万台を超えた。

 最近は日産の新型車が欠乏しており、ノートの人気が高いといっても発売から8年を経過する。さまざまな日産車ユーザーがキックスに乗り替えており、1万台は驚くほどの受注台数ではないが、好調であることは確かだ。

 そのために納期も遅延気味で、販売店によると「2020年7月下旬に契約しても、納車は2020年12月になる。仕様によっては2021年1月にズレ込む可能性もある」という。

 納期が伸びた背景には好調な受注もあるが、タイ工場で製造される輸入車であることも影響した。製造から納車までの期間が長い。受注台数の割に生産規模の少ないボディカラーなどを希望すると、納期がさらに伸びる。

 ただ、今までのタイ生産車を振り返ると、好調に売れた車種は少なかった。現行マーチはタイ製になり、2010年の発売直後から売れ行きが伸び悩んだ。東日本大震災の2011年は除くとして、2012年には1か月平均の登録台数が3300台だ。

 当時は設計が比較的新しかったのに、発売が2008年のキューブと比べても低調だった。最近は1か月平均が600台前後まで落ち込み、ノートの8000台から9000台に比べて大幅に少ない。

 新型キックスはこの“ジンクス”を果たして破ることができるのだろうか。

文:渡辺陽一郎、写真:日産

【画像ギャラリー】歴代~現行型マーチと海外専売車 マイクラをみる


マーチの躓き 伸び悩む理由は「車両の品質」

2代目マーチ(1991年~2002年)
2代目マーチ(1991年~2002年)

 1992年発売の2代目マーチは、1993~1997年まで、月平均で1万~1万2000台を登録していた。2002年登場の先代型(3代目)も、2003~2004年には月当たり8000~1万台を登録している。

 これに比べると、4代目になる現行マーチの3300台は明らかに少ない。ミラージュもタイ製で、これも売れ行きが伸び悩み、今では1か月の登録台数は200台前後だ。

現行型マーチ(2010年~)
現行型マーチ(2010年~)

 タイ生産の輸入車が伸び悩む理由は、主に車両の質に基づく。背景にあるのは、車両自体のコスト低減と、タイ工場の品質管理だ。

 もともと安さを重視して開発された車両をタイ工場で生産したことにより、総合的に質の不満を感じるようになった。

 例えば現行マーチが発売された当初、荷物を広げるために後席の背もたれを前側に倒すと、隙間のあるスチールパネルがムキ出しになって驚いた。

日本では、2012年に生産終了したが、海外では現在3代目ティーダが販売している(地域により車名が異なる)
日本では、2012年に生産終了したが、海外では現在3代目ティーダが販売している(地域により車名が異なる)

 日産は2004年にティーダを開発した頃から「パーシブド・クオリティ」にこだわった。「感性品質」といわれ、内装を触った時に心地よいとか、シートに座った時に高級感がある、といった漠然とした印象も含んだ上質感だ。

 そのためにティーダの開発者は「通常はお客様の目に触れない部分まで、しっかりと造り込んだ。何かの拍子で粗さが見えると、お客様の満足感を下げてしまう」と述べた。

「パーシブド・クオリティ」により従来のコンパクトカーより、高い質感を実現した
「パーシブド・クオリティ」により従来のコンパクトカーより、高い質感を実現した

 2004年に登場したティーダでこのようなクルマ造りを行ったのに、2010年の現行マーチでは「パーシブド・クオリティ」が軽視された。その結果、売れ行きを下げた。

 海外ではダットサンブランドも失敗している。伝統あるダットサンの名称を冠した海外ブランドで、生産はインド、インドネシア、ロシアが行った。価格は安かったが、商品の質も低く、販売面で成功していない。

 開発者は「今は新興国でも安っぽいクルマは売れない。安いクルマを求めるお客様は、インドであれば低価格で定評のあるマルチスズキ車を買われる。日産には価格が少し高めでも高品質を求めており、その期待に応える必要があった」と振り返る。

 この問題はマーチにも通じるだろう。市場を問わず、低価格よりも質の高さが重視されるようになったのに、日産のクルマ造りは付いていけなかった。

3代目マーチ(2002年~2010年)
3代目マーチ(2002年~2010年)

 特にマーチは、前述の通り日本では2代目と3代目が高い人気を得ており、この後で高級感の伴うティーダも好調に売れた。現行マーチの質の低下と販売の伸び悩みは、日産社内でも解決すべき課題になった。

次ページは : 同じタイ生産でもキックスは品質管理を大幅に改善

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ