ハリアーなんと3位!!? フィットは?? ヤリスは? 2020年上半期のベストカーを決める!!!


 2020年も半分が過ぎて、8月である。コロナ禍によってクルマ業界でもあちらこちらで混乱が発生したものの、フィットやヤリス、ハリアー、RAV4 PHV、ルークス&eKスペース、ダイハツからはタフトが出たし、最新では6月24日に日産キックスが登場するなど、魅力的なニューモデルはちゃんと出ている。

 そんなわけで、2020年上半期に登場したニューモデルを一堂に会し、ベストカーならではの「2020年1/2ベストカー・オブ・ザ・イヤー」を決定したい。

 ベストカーでおなじみの10人の選考委員《鈴木直也、国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明、松田秀士、小沢コージ、岡本幸一郎、清水草一、斎藤聡、飯田裕子/敬称略》が「持ち点25点」を使い、必ず1台、1番評価のクルマに10点を入れ、残り15点を単独9点を上限に、好きなように配分して採点するというルールで合計点を集計。

 どのクルマにどんな配点が集まったのか? そしてその配点に隠された評価の真意はどこにあるのか? じっくりご覧頂きたい。

【画像ギャラリー】順当? 意外?? 最終結果とベスト10に入ったモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月10日号


■選考委員10名はどんな視点で採点チェックをした!?

(TEXT/編集部)

 まあ、最終結果は左ページの表を見ていただけば一目瞭然でしょう。

集計結果

 見てのとおり、フィットとヤリスの2強に、アコード、ハリアーが続くという結果。大賞に輝いたフィットが61点で、次点ヤリスが57点。この両車、10名の選考委員全員が配点を与えており、フィットには4名が、ヤリスには2名が10点を付けている。

首位に輝いたホンダ フィット。コロナのみならず電動パーキングブレーキのトラブルによる発表&販売延期というトラブルに見舞われながらも好評価を獲得。4氏が満点(10点)をつけている

 ある意味、実にリーズナブルな結果であり、なんというか、ベストカー・オブ・ザ・イヤー実行委員としては「おもんね~」なんだけど、読者目線では「変な結果にならなくてよかったぁ」ってなことになる。

 それにしてもハリアーとアコードが同点3位というのはちょっと意外。ハスラーとタフトがもっと高得点になるかな? と思っていたんですね、正直なところ。キックスだって、もっと注目されてもいいんじゃない? って気持ちもある。

 ということで、ここでは各選考委員に、それぞれの採点から気になった点をピックアップして、質問を投げかけた。さて、それぞれの回答はいかに!?

9位にはいった日産ルークス&三菱eKスペース。スーパーハイト軽自動車の最新モデルだ

■マツダ CX-30のSKYACTIVE-Xに配点なし!(鈴木直也氏)

 CX-30(とマツダ3)に関しては、内外装のデザイン品質は世界的に見てもCセグメントのトップ。デザイン・オブ・ザ・イヤーなら、間違いなく上位にノミネートする。

 しかし、これはベストカーにもたびたび書いているのだが、中身(とりわけシャシー性能)については、ぼくがマツダに期待している水準には届いていない。

昨年10月のデビューから遅れて、今年1月16日に追加導入されたCX-30のSKYACTIV-Xエンジン搭載車。鈴木氏のような見方もあれば、松田氏(後述)のようにこの新世代エンジンの火花点火制御圧縮着火技術を高く評価する向きも

 もちろん、ハンドリングや乗り心地は世の中のCセグ平均よりは上と評価していいが、長年走りについてこだわってきたマツダにしては平凡。超高水準のデザインと対比すると、シャシー開発に向けたコストや熱量が物足りないのだ。

 SKYACTIVE-Xにしても、技術的には大いに興味深いものの、ユーザーメリットとコストのバランスがいまひとつ。燃費でもパフォーマンスでも、もう一歩突き抜けた魅力がほしい。

「真の実力はこんなもんじゃないはず」という期待を込めた無配点です。

次ページは : ■日産キックスにまさかの配点なし!!!(国沢光宏)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ