え!? 新型ハリアーが米国で来月発売?? 新型ヴェンザ発表 なぜ初の国外展開?


 話題沸騰&絶好調! 新型ハリアーがなんと北米進出!? その名もトヨタ ヴェンザとは?

 高価格帯にも関わらず、約1か月で約4万5000台を受注するなど絶好調なハリアー。その納期は、4か月~最大7か月という話も聞く。そんな絶好調の新型ハリアーが、「ヴェンザ」という車名で、ついに北米デビューを果たすという。

 なぜ日本専用車のハリアーが北米に送り込まれる狙い。そして北米版ハリアーの仕様についても解説したい。

文:大音安弘、写真:トヨタ

【画像ギャラリー】新型ハリアーが北米へ!? 9月に発売される新型ヴェンザをみる!!


新型ハリアーが北米でヴェンザの名で発売へ!

初代ハリアー(1997年~2003年)

 まずハリアーの歴史を簡単に振り返ると、1997年12月に、世界初の高級クロスオーバーSUVとして誕生。北米ではレクサス仕様の「RX」も投入され、国内外ともに一躍人気車へと成長を遂げる。

2代目ハリアー(2003年~2013年)

 2003年には、ハリアーとレクサス RXがともに2代目へと進化。途中でハイブリッド仕様が加わるなど変化もあったが、基本、ハリアーとRXの装備などの仕様が異なる姉妹車であった。

 ところが、2009年の3代目RXの登場で、日本のレクサスディーラーでも「RX」を導入することから、ハリアーは消滅の危機を迎える。

 しかし、販売店やユーザーの声を受け、2代目ハリアーの販売を継続。RX投入後も、好調なセールスを続け、ハリアーの底力を見せつけた。

3代目ハリアー(2013年~2020年)

 そこで2013年登場の3代目ハリアーは日本市場専用車として開発。ハリアーは独自の進化を遂げていくことになる。

 ところが、今年誕生した4代目は、北米進出を決定。再び日本専用車ではなくなった。

新型ハリアー(2020年~)

 もちろん、独自の進化を遂げたレクサス RXとの再統合ではなく、トヨタブランドのクロスオーバーSUVとして投入。その名を「ヴェンザ(Venza)」という。なぜ「ハリアー」ではないのか。

北米版ハリアーことヴェンザの名前は、2017年まで販売された写真のモデルに由来

 実は、かつて北米には、「ヴェンザ」というモデルが存在した。2005年のデトロイトショーで発表されたコンセプトカー「FT-SX」をベースに開発されたクロスオーバーワゴンで、2008年に投入。

 デザインや仕様などは異なるが、新しいセダンを目指した「マークXジオ」に近い新感覚ワゴンであった。すでに2017年に販売を終了しているが、つい最近まで現役だったこともあり、その知名度をかわれ、北米版ハリアーの名称として採用されたようだ。

新型ヴェンザの中身はハリアーと同じ?

新型ヴェンザ

 北米市場での名称こそ異なるが、見た目と中身は、ハリアーそのものだ。ハリアーは、FF車が中心で、4WD車も用意。

 また、ガソリン車を選ぶことも出来るが、北米仕様は2.5Lのハイブリッドを搭載したE-Four(4WD)車に1本化される。

 パワートレインのスペックは、PS(仏馬力)とHP(英馬力)の違いもあるため、若干異なるが、同等スペックと見ていいだろう。

 システム馬力で見ると、ハリアーが222psに対して、ヴァンザは219hpとなっている。

新型ヴェンザ エンジンルーム

 ただ、ハリアーと異なる点として、ヴェンザのハイブリッドシステムは、PED(予測効率ドライブ)の搭載がある。

 これは、ナビゲーションと連動することで、ドライバーの運転習慣や日常的なルート、その交通状況を記憶して、駆動バッテリーの充電の最適化を図るものだ。

 ドライバーがPDEを設定すると、システムがルートを学習。車両が減速または停止する時間と場所を予測し、最適なアクセルペダルのリリースタイミングを案内することで、燃費効率を高めるという。

 外観上の差は、かなり少ない。4WDであることをアピールする「AWD」エンブレムが左右のリアドアに装着。このリアテール部のエンブレムも、左側の車名エンブレムが「ヴェンザ」に。

外観の差はハリアーとあまりないが、左側の車名エンブレムが「ヴェンザ」になっている

 右側の「ハイブリッド」バッチも、ハリアーのブロックデザインのものではなく、英文字デザインのものに変更。

 さらにエントリーグレード以外では、グレードエンブレムも追加される。因みにハリアーは、グレードエンブレムは存在しない。

 アルミホイールデザインは、「Z」用の19インチと「G」用の18インチのみを採用。タイヤは、オールシーズンタイプとなる。このほかの外観上の違いは、日本では非設定のルーフレールを用意。これは上位グレードにオプションとなる。

右ハンドルから左ハンドルになるため、エンジンスイッチ等の位置が移動するのみ

 インテリアの違いは、より限定的となる。大きなものだと、左ハンドル仕様となり、合わせてエンジンスイッチの位置も移動。ハリアー視点だと、フロントドアトリムのハリアーマークが取り払われることも大きな違いといえる。

 快適装備も、JBLのプレミアムオーディオや調光パノラマルーフなどハリアーの世界観に重要なアイテムが、そのまま採用されている。

ハリアーの世界観を感じる調光パノラマルーフも採用

次ページは : 新型ヴェンザ注目の価格&グレードは?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ