スイフト、クロスビー…カテゴリー別厳選!! キラリと光る「穴グルマ」5選


 認知度や販売台数こそ「定番モデル」に及ばないものの、定番モデルにも負けず劣らずのいいクルマ、それが「穴グルマ」だ。

 ここではカテゴリー別・人気車の陰に隠れながらも実力のある「穴グルマ」たちを、自動車評論家 渡辺陽一郎氏の解説にてご紹介!!

【画像ギャラリー】クロスビー スイフト デリカD:5… カテゴリー別「穴グルマ」たちをド定番モデルとともにチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■コンパクト&ミドルサイズSUV、コンパクトカー、ミニバン…キラリ光るいいクルマたちをピックアップ!!!

 人気カテゴリーとされるコンパクトSUVでは、ライズの販売が好調だが、後席の広さは最小限度だ。外観に野性的な雰囲気が感じられてカッコイイが、ファミリーカーには適さない。

トヨタ ライズ(価格:167万9000〜228万2200円)

 その意味で注目される車種がクロスビーだ。全長はライズよりも200mm以上短く、狭い裏道でも運転しやすい。空間効率は優秀で、後席と荷室は広く、4名で乗車して荷物も積みやすい。

ロッキー/ライズと比べて後席が広く、動力性能も同等のクロスビー。隠れた名車だ(価格:179万8500〜218万5700円)

 最低地上高は180mmだから、悪路のデコボコも乗り越えやすい。エンジンはライズと同等の直列3気筒1Lターボで、1.5L並みの性能を発揮する。家族で便利に楽しく使える。

 ミドルサイズSUVではRAV4が最多販売車種だ。

トヨタ RAV4(価格:274万3000〜539万円)

 4WDが中心の構成で、ノーマルエンジン車には、後輪左右の駆動力を積極的に変化させる機能も採用した。よく曲がるが、エンジンは2Lで車両重量は1600kgを超えるから、動力性能はいま一歩だ。

 そこでエクリプスクロスに注目したい。1.5Lガソリンターボは、2.4L並みの動力性能を発揮して、車両重量は4WDでも1550kgと軽い。

人気のRAV4の2L NAに対抗できる穴グルマは三菱 エクリプスクロス。RAV4より軽く、動力性能が高い(価格:258万6100〜347万4900円)

 操舵感は機敏な設定で、背の高いSUVながら軽快に曲がる。峠道ではスポーティクーペのエクリプスを連想させる走りを楽しめる。

(編集部追記:三菱自動車は9月17日、エクリプスクロスのデザイン一新とPHEVモデルの設定をアナウンス。こちらを待ってみるのもいいかも知れない。発売は2020年度内、価格など詳細は順次明かされてゆくという)

ティザーサイトにて公開中の新型エクリプスクロスのシルエット

 SUVと並ぶ人気のカテゴリーがコンパクトカーだ。今は新型車とあってヤリスとフィットの販売が好調だが、スポーティな上級グレードの価格はノーマルエンジン車でも190万円前後に達する。

トヨタ ヤリス(価格:139万5000〜249万3000円 ※GRヤリスを含まない価格)
ホンダ フィット(価格:155万7600〜253万6600円)

 そこでスイフトに目を向けたい。1.2LエンジンのRSは、車両重量が900kg以下と軽い。5速MT仕様も用意され、パワーを出し切る走りを満喫できる。

スズキ スイフト(価格:153万5600〜208万7800円)

 RSはエアロパーツなどを装着して価格は178万2000円だ。中高年齢層のクルマ好きが運転すると、自分の手足のように操れた1970~1980年代のスポーツハッチを思い出す。

 息子に運転の基礎を覚えさせようと購入したら、休日にはお父さんが走りに出かけてしまう。そんなクルマだ。

 ミニバンではアルファードが定番だ。売れ筋価格帯が390万~500万円の高価格車だが、2020年5/6月にはシエンタやフリードを抑えてミニバンの販売1位になった。

トヨタ アルファード(価格:352万〜761万9000円)

 2020年5月にトヨタの販売体制が変わり、全店で全車を買えるようになって売れゆきが急増している。外観は存在感が強く車内は豪華で広い。ただし運転感覚の面白さは乏しい。

 乗り心地は快適で安定性も悪くないが、走りは大人しく4WDの走破力も平均水準だ。

 クルマ好きのユーザーにはデリカD:5を推奨したい。外観はミニバンスタイルのSUVという印象でカッコよく、悪路走破力もミニバンの最高峰だ。

三菱 デリカD:5(391万3800〜447万2600円)

 エンジンはミニバンでは珍しいクリーンディーゼルターボで、実用回転域の駆動力は3.5Lのガソリンエンジン並みに力強い。全長が4.8m以内のミニバンでは、3列目シートが最も広くて快適だ。デリカD:5を何台も乗り継ぐファンも多い。

 Lサイズの上級セダンでは、今年生誕65周年を迎えるクラウンが定番だ。

 しかし現行型はユーザーの若返りも視野に入れてスポーティ感覚を強めた。走行安定性は向上したが、クラウン伝統の柔軟な乗り心地は薄れている。豪華なロイヤルサルーンも廃止した。

トヨタ クラウン(価格:469万5000〜732万1000円 ※写真は特別仕様車)

 スポーツ指向を強めたクラウンを買うなら、この路線で伝統的なスカイラインを選びたい。高性能な400Rは、V型6気筒3Lターボが最高出力405馬力を発生させる。

スポーティさを強化してきたクラウンに対する穴グルマはスカイライン400R。スポーティな上級セダンを求めるならクラウンより上か!?(価格:435万3800〜644万4900円 ※400Rは562万5400円)

 内外装のデザインは古典的だが、ドライバーの気持ちを高ぶらせる生粋のスポーツセダンだ。

【画像ギャラリー】クロスビー スイフト デリカD:5… カテゴリー別「穴グルマ」たちをド定番モデルとともにチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ