インプレッサは敵ナシだけど、B4とフォレスターはキビシイ!? スバル車とライバル3番勝負!!

 いろいろと問題が噴出しているスバルではあるが、やっぱりマジメにクルマ作りをしてきたのは間違いなし。そんなスバルが放ったクルマたちがライバル勢との比較で強いのか弱いのか、徹底的に比較しました。

 今回は「インプレッサ vs シビック vs アクセラ」と「レガシィB4 vs アテンザ」の2本!! スバルの強さと、課題がはっきりわかる決着となりました。

文:国沢光宏、松田秀士/写真:平野学、池之平昌信
ベストカー2017年11月10日号「スバル躍進の光と闇」


■インプレッサにシビックとアクセラでは勝負ならず!?

  この勝負、200万円前半の価格帯で考えるなら「まったく話にならん!」というほどインプレッサスポーツが強い! 

 そもそもシビックHBだと価格で勝負できない。シビックHBを買おうとしたら、安くて300万円近くになっちゃいますから。

 最も安いグレードからニーエアバッグまでフル装備する万全の衝突安全性&歩行者エアバッグ標準装備するインプレッサスポーツと比べたら、アクセラスポーツだって高価。同じ装備内容で比べ、20万円くらい割高だ。

 200万円台後半だと、シビックHBが自動ブレーキ性能でお話にならぬ。インプレッサとアクセラの自動ブレーキ、世界トップクラスなのに対し、シビックときたら日本で最下位クラス。

 はたまたエンジンも、燃費がよくてトルクフルなディーゼルをラインアップするアクセラに対し、中途半端な性能/芳しくない燃費のハイオク仕様1.5Lターボしかない。

 シビックHB買うなら、安全装備満載+1.5L直噴ターボ搭載のボルボV40なんかもある。

 もう少し突っ込んで評価しても、プラットフォームのレベルからして違う。アクセラに使われているSKYACTIVは、インプレッサより古く、総合性能で勝てていない。

 インプレッサのプラットフォーム、世界有数の性能を持ってます。新しいシビックHBのプラットフォームも新しいけれど、乗り比べてみたらインプッサに届いておらず。

 インプレッサ、ダンパーを良質なタイプに交換したら、もはやドイツ勢とガチンコで戦えるくらいレベル高い。(国沢光宏)

新プラットフォーム採用で走りのよさにも定評のあるインプレッサ。予防安全装備では世界でも戦える
新プラットフォーム採用で走りのよさにも定評のあるインプレッサ。予防安全装備では世界でも戦える

■B4はいいクルマなんだけどアテンザと比較すると

 スバルのラインアップ中、一番弱いのがレガシィB4だ。そもそもアメリカで売るべく開発されたセダンって、日本じゃ売れたことなし。トヨタといえどもカムリの販売に苦しんでます。

 なぜかアメリカ向きのクルマを見ると、シャープさを感じないのだった。乗るといいクルマなんですけどね~。考えてみたら私もまったく興味なく、デビュー直後に試乗しただけ。

 アテンザセダンはレガシィB4と違いシャープな雰囲気を漂わせる。アメリカというよりヨーロッパ市場を強く意識しているためか? 日本でもカッコいいし、存在感だってあります。

 しかも燃費のいいディーゼルというクルマ好きの気持ちをくすぐるエンジンを積む。トドメが世界トップクラスの自動ブレーキを採用していること。売れる要素をキチンと持つ。

 したがってレガシィB4は売れなくても理解できるが、アテンザの存在感の薄さは不思議なこと。リアシートが広いため4ドアセダンとしての要求性能を満たすし、BMW3シリーズやベンツCクラスと同じくらいクルマとしてもいい。

 おそらく「マツダ」というブランドに魅力を感じないのだろう。以上、クルマとしての内容考えたらアテンザの勝ちとしたい。(国沢光宏)

乗るとゆったりしていて非常にいいのだが、アメリカンな雰囲気が満点で苦手な層も多そう
B4は乗るとゆったりしていて非常にいいのだが、アメリカンな雰囲気が満点で苦手な層も多そう

フォレスターとアウトランダーPHEVだとどうだ!?

 アウトランダーPHEVは’15年のマイナーチェンジで静粛性が大幅に改善され、乗り心地を含めてコンフォート性がアップしている。

 そして、今年2月に行われたマイナーチェンジでは、よりEV走行を積極的に使うようになり、燃費の低減とエンジン走行を少なくしたことで、より静かな室内環境を達成している。

 フォレスターはアイサイトによる全車速追従クルーズコントロールと、60km/h以上で作動するアクティブレーンキープ機能が魅力。また、前走車との速度差50km/h以下でブレーキが作動する衝突被害軽減ブレーキなどの安全機能が充実している。

 ただ、アクティブレーンキープ機能は、0km/hから作動し、中央車線維持機能も備わっている最新版アイサイトがレヴォーグなどに採用された現在、スバル車では少しレベルの低いバージョンとなる。

 さて、本題。両車ともにSUVだ。悪路走破性や雪道で安心して走れることを重視した時、AWDの性能ではフォレスターだ。

 しかし、本当に悪路走りますか? それより、PHEVは1500Wの100V電気が使えて、キャンプなどで実用的。というわけでこの勝負。アウトランダーPHEVの勝ち!(松田秀士)

AWDの性能では追随を許さないフォレスターだが、ここまでの究極性能を必要ない層からすればアウトランダー有利か!?
AWDの性能では追随を許さないフォレスターだが、ここまでの究極性能を必要ない層からすればアウトランダー有利か!?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ