百花繚乱!! ランエボ WRX GT-R IS F…最大の当たり年 2007年のスターモデルたち


 R32スカイラインGT-R、初代セルシオ、初代ロードスターなどが登場した1989年は、今も語り継がれる日本車のビンテージイヤー(当たり年)だ。

 その後バブルが崩壊し牙を抜かれてしまった日本車だったが、雌伏の十数年を経て2007年、新たなる傑作車たちが解き放たれることになる。

 レクサスIS F、スカイラインクーペ(V36)、R35GT-R、インプレッサSTI(先代)、そしてそのライバル ランエボX。この5台が同じ年に登場したのだからたまらない。まさに「隠れた当たり年」と呼んでいいのではないだろうか。

 2007年のクルマ好きを沸き立たせたスターモデルたち。それらの魅力を、今ここで改めて語ろう。

【画像ギャラリー】世界に誇る傑作車5選!! 2007年のスターモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■スポーツの「F」を切り開いたセダン、IS F

 初代ISのフラッグシップとなるスーパースポーツセダンがIS F。5L V8+8速ATを搭載し、アルテッツァにV8エンジンを搭載したテストカーを起源に登場。

 また名前の「F」は開発されたトヨタの東富士研究所や、テストされた富士スピードウェイなどに由来し、LFAなど車名にFが付くスペシャルモデル、スポーツグレードのFスポーツといった、スポーツ系レクサスの第一弾でもあった。

 初期のIS Fは楽しいクルマながらジャジャ馬なところもあったが、改良の積み重ねで楽しさはそのままに、扱いやすさと快適性も持つスーパースポーツセダンに進化。

 現在、IS Fが切り開いた世界観は間もなく絶版となるGS FとRC Fが引き継いでいる。

レクサスIS F…今では考えられない5L、V8を搭載。最高出力423psというハイパワー韋駄天。「300km/h超えの世界でも安定した走りにする」、これも開発テーマという

■愛しい存在“スカクー”

 日本では最後となったV36スカイラインクーペ。V6エンジン化など、1990年代までのスカイラインから生まれ変わった先代V35型からほぼキープコンセプトで登場したモデルだ。

 技術的な話題は、出力制御に基本的にスロットルバルブを使わないVVELを採用した3.7L、V6エンジンで、VVELは高出力化と燃費の向上に貢献した。

 スカイラインクーペは近年の日本車にはほぼない、成熟した大人が乗れるフル4シーターのラグジュアリーなクーペだっただけに、今になると愛しい存在だ。

日産スカイラインクーペ(V36)…2003年登場の先代後継として2007年に発売。3.7L、V6エンジン搭載でMTモデルもあった。現状「日本最後のスカクー」なのだが……

次ページは : ■世界のブランドにも影響を及ぼしたGT-R

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ