百花繚乱!! ランエボ WRX GT-R IS F…最大の当たり年 2007年のスターモデルたち

 R32スカイラインGT-R、初代セルシオ、初代ロードスターなどが登場した1989年は、今も語り継がれる日本車のビンテージイヤー(当たり年)だ。

 その後バブルが崩壊し牙を抜かれてしまった日本車だったが、雌伏の十数年を経て2007年、新たなる傑作車たちが解き放たれることになる。

 レクサスIS F、スカイラインクーペ(V36)、R35GT-R、インプレッサSTI(先代)、そしてそのライバル ランエボX。この5台が同じ年に登場したのだからたまらない。まさに「隠れた当たり年」と呼んでいいのではないだろうか。

 2007年のクルマ好きを沸き立たせたスターモデルたち。それらの魅力を、今ここで改めて語ろう。

【画像ギャラリー】世界に誇る傑作車5選!! 2007年のスターモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■スポーツの「F」を切り開いたセダン、IS F

 初代ISのフラッグシップとなるスーパースポーツセダンがIS F。5L V8+8速ATを搭載し、アルテッツァにV8エンジンを搭載したテストカーを起源に登場。

 また名前の「F」は開発されたトヨタの東富士研究所や、テストされた富士スピードウェイなどに由来し、LFAなど車名にFが付くスペシャルモデル、スポーツグレードのFスポーツといった、スポーツ系レクサスの第一弾でもあった。

 初期のIS Fは楽しいクルマながらジャジャ馬なところもあったが、改良の積み重ねで楽しさはそのままに、扱いやすさと快適性も持つスーパースポーツセダンに進化。

 現在、IS Fが切り開いた世界観は間もなく絶版となるGS FとRC Fが引き継いでいる。

レクサスIS F…今では考えられない5L、V8を搭載。最高出力423psというハイパワー韋駄天。「300km/h超えの世界でも安定した走りにする」、これも開発テーマという

■愛しい存在“スカクー”

 日本では最後となったV36スカイラインクーペ。V6エンジン化など、1990年代までのスカイラインから生まれ変わった先代V35型からほぼキープコンセプトで登場したモデルだ。

 技術的な話題は、出力制御に基本的にスロットルバルブを使わないVVELを採用した3.7L、V6エンジンで、VVELは高出力化と燃費の向上に貢献した。

 スカイラインクーペは近年の日本車にはほぼない、成熟した大人が乗れるフル4シーターのラグジュアリーなクーペだっただけに、今になると愛しい存在だ。

日産スカイラインクーペ(V36)…2003年登場の先代後継として2007年に発売。3.7L、V6エンジン搭載でMTモデルもあった。現状「日本最後のスカクー」なのだが……

■世界のブランドにも影響を及ぼしたGT-R

 R34スカイラインのGT-Rの絶版から5年ぶりに復活したGT-R。「日本一ではなく世界一を目指したスーパーカー」と、スカイラインGT-Rとはまったく違うクルマとなった。

 そのコンセプトは「(天候に左右されず)いつでも、どこでも(どんな走行シーンでも)、誰でも(扱いやすく)乗れるマルチパフォーマンススーパーカー」と、それまでにないもの。

 このコンセプトは重量配分の適正化などに貢献した独立型トランスアクスルアテーサET-S、ダウンフォースに代表される空力や重い重量によってタイヤをいつでも最大限接地させる思想などに基づく。

 さらにカーボン、アルミ、スチールを適材適所に使ったボディ構造といった世界最先端技術により実現。世界のトップブランドにも大きな影響を与えた。

日産GT-R(R35)…現在、2020年モデルまで進化したR35 GT-R、その登場は今から13年も前のこと。職人手作りの3.8L、V6ツインターボ、初期モデルは480psを発生。価格は777万円だった

 また、GT-Rはとかく速さが注目されがちだが、日本のおもてなしに代表される国民性や技術の素晴らしさを、法規よりずっと高いスピードで衝突した際の衝撃吸収性や、「300km/hでバーストしてもディーラーまで行けるランフラットタイヤ」に代表される安全性などでカタチにしたクルマでもある。

 それだけに生みの親の水野和敏氏は「このクルマは日産GT-Rだけど、日本GT-Rって呼びたいんです」とよく口にされる。現在もまったく古さを感じさせないまま進化を続け、今も自動車業界をリードし続けるGT-Rだ。

■いい意味で大人になった、WRX STI

 3代目WRX STIでまず注目されたのは、ボディタイプを4ドアセダンから5ドアハッチバックに変えたこと(後に4ドアセダンも加わる)。

 これは当時スバルでWRCを戦っていた、ペター・ソルベルグ選手の「ラリー中、コース幅を有効に使えるよう、リアオーバーハングの短いクルマにしてほしい」というリクエストによるものだった。

 またこのモデル、「しなやかなサスペンションでタイヤの接地性を生かしたコントローラブルなハンドリング」や、戦闘的ながらダークカラーもよく似合うスタイルなど、いい意味で大人になった点も印象深かった。

スバルWRX STI(3代目)…3代目インプレッサの登場年にWRX-STIもリリース(年次改良モデルより、車名からインプレッサが消える)。ソルベルグ選手の要望もあり5ドアハッチバックモデルに!

■ランエボX、大型化されたが俊敏な走り

 そのWRX STIとほぼ同時にモデルチェンジされたランエボXは、ランエボIXに比べると大型化と重量増という不利も少なくないモデル。

 が、三菱の開発陣は伝統の4WDシステムに横滑り防止装置ASCが加わったことも生かし、ABSや後輪左右の駆動力を配分するAYCなどの統合制御をさらに進め、ランエボIX以上によく曲がるクルマに仕上げた。

 またランエボXは5速MTに加え、ツインクラッチSSTと命名されたDCTも設定。変速の速さに加え、変速スケジュールも非常に賢く、プロドライバー並みのシフト操作を実現。ランエボXは多くの人が安全かつ楽しく速く走れるスーパースポーツセダンに進化した、と断言できる。

三菱ランサーエボリューションX…ランエボ・シリーズの最終モデル。2L、直4ターボ搭載で、モデルチェンジ後は300psを発生。新開発4WDシステム「S-AWC」を搭載、速く安全に走る

【画像ギャラリー】世界に誇る傑作車5選!! 2007年のスターモデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ