かつては激しく販売合戦 ライバルが消えカローラだけが残った理由


 海外ではプリウスやアクアより知名度が高く、日本にもファンが多い売れっ子ファミリーカーがトヨタのカローラだ。

 日本ではサニーやファミリアなどのライバルとしのぎを削りながら、長年にわたってベストセラーカーの座を守り通してきた。

 カローラが誕生したのは1966年秋である。宿命のライバルとなる日産のサニーより半年遅れて登場したが、多くの優位性を持っていた。

 その後、マツダファミリア、ホンダシビック、三菱ミラージュといった各メーカーのライバルとしのぎを削ってきたが、ライバルがクラス替え、車名変更、消滅など紆余曲折を経ているのに対し、現在も日本で存在感があるのはカローラだけとなっている。

 ライバルがたどってきた道程を振り返ると、自ずとカローラの強さの要因がわかる。

 本企画では、カローラとかつてのライバルの現状について考察していく。

文:片岡英明/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MAZDA、MITSUBISHI、奥隅圭之

【画像ギャラリー】シリーズ累計販売台数世界一!! 日本の宝 カローラの歴代モデルをチェック


カローラの最大のライバルだった日産サニーは自滅

初代サニーは1966年4月に2ドアセダンから販売を開始。サニーの車名は一般公募によって決められた
サニーから遅れること約半年の1966年東京モーターショーで発表された初代カローラ。デビュー時はサニー同様に2ドアセダンのみだった

 前述のとおり、サニーはカローラよりも早くデビューしている。言ってみれば、サニーの対抗馬としてカローラが登場した形となる。

 後発のカローラのアドバンテージのそのひとつが排気量だった。サニーより100cc大きい1100ccとし、トランスミッションもスポーティな4速MTだったから瞬く間にサニーの販売台数を超えた。

 その後もサニーと「CS戦争」と呼ばれる熾烈な販売合戦を繰り広げた。が、圧勝と言える強さを見せ、ベストセラーカーに輝いている。

 歴代のサニーは、カローラよりスポーティな味わいで、運転するのが楽しい。

初代でカローラが「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーで挑発したのに対し、日産は2代目サニーでは「隣のクルマが小さく見えます」というキャッチで対抗

 だが、マーケティング戦略に長け、ユーザーの好みを知り尽くしているトヨタは、カローラをクラス上に見えるように大きく見せたし、インテリアの見栄えもよくしている。

 また、クラスを超えた快適装備も意欲的に採用し、ユーザーを魅了した。

 サニーはカローラに先駆けてFF方式に舵を切ったが、トヨタもすぐに追随している。DOHC戦略やAT戦略でも後れをとったから、昭和の末期からはサニーを大きく引き離し、トップを快走している。

 サニーは安全対策や環境対応にも力を入れ、追いすがった。

最後のサニーとなった9代目は1998~2004年に日本で販売された。ボディタイプは4ドアセダンのみで、歴代サニーで唯一派生車が存在しない。写真はマイチェン後

 が、ゴーン体制になってグローバル戦略を取ったから2004年にティーダとティーダラティオに座を譲り、勇退している。9代、37年でクルマ人生に幕を下ろしたのは、日産の経営不振が招いた悲劇だ。

 だが、伝統に縛られ、新しさを出せなかったことも理由のひとつだろう。車名を変えて巻き返しを図ったが、この作戦は失敗し、日本ではコンパクトカーの足場を失った。

2004年にサニーの後継車としてティーダラティオが登場し、2012年にフルモデルチェンジで写真のラティオとなったが、2016年に生産中止

カローラにひと泡吹かせたマツダファミリアは現在マツダ3

 マツダ3のご先祖であるファミリアも、一時はカローラにひと泡ふかせる健闘を見せている。

 ファミリアがトヨタを打っちゃって人々を驚かせたのは、1980年に登場し、FF車に生まれ変わった4代目の時だ。ウエッジシェイプのシャープなデザインの3ドアハッチバックは秀逸なデザインだった。

ファミリアは1980年にデビューした5代目が大ヒット。若者に大人気となり「赤いファミリアブーム」到来!! カローラの販売に肉薄した

 これを主役に据え、上級グレードに爽快な電動サンルーフや快適なラウンジシートを採用したから若者は飛びつき、デートカーの主役となっている。ゴルフを徹底的に分析し、走りもよかったから爆発的に売れ、ライバルを慌てさせた。

 FFファミリアは2年足らずの間に50万台を生産し、カローラとVWゴルフに続く、生産台数を記録している。

 日本では一瞬であるが、カローラからトップの座を奪った。トヨタが慌ててカローラIIやカローラFXを送り込むほどの衝撃を与えたのである。

1994年にデビューした8代目はハッチバックはファミリアNEO(ネオ)となった。奇抜なデザインが災いし、販売を大きく落として存在感を失った

 次の5代目では日本初のフルタイム4WDやパワフルなDOHCターボも投入。ファミリアはスポーティ度の高い走りのよさが光るコンパクトカーだった。

 だが、1990年代になるとデザインなどにフォード色が強くなり、戦略もコロコロ変わったから、ヤング層は離れ、迷走した。

 累計生産1000万台を達成した7代目のファミリアネオは、デザインも個性的すぎたためにファンは離れていく。販売は大きく落ち込んだから2003年に第一線を退き、アクセラに活躍の場を譲った。サニーと同じように自滅したのである。

2003年にファミリア後継としてアクセラが登場。アクセラを3代経て、2019年からマツダ3となった。ちなみに海外ではアクセラ時代からマツダ3として販売

次ページは : ホンダシビックは海外を優先した大型化で失敗

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ