かつては激しく販売合戦 ライバルが消えカローラだけが残った理由

 海外ではプリウスやアクアより知名度が高く、日本にもファンが多い売れっ子ファミリーカーがトヨタのカローラだ。

 日本ではサニーやファミリアなどのライバルとしのぎを削りながら、長年にわたってベストセラーカーの座を守り通してきた。

 カローラが誕生したのは1966年秋である。宿命のライバルとなる日産のサニーより半年遅れて登場したが、多くの優位性を持っていた。

 その後、マツダファミリア、ホンダシビック、三菱ミラージュといった各メーカーのライバルとしのぎを削ってきたが、ライバルがクラス替え、車名変更、消滅など紆余曲折を経ているのに対し、現在も日本で存在感があるのはカローラだけとなっている。

 ライバルがたどってきた道程を振り返ると、自ずとカローラの強さの要因がわかる。

 本企画では、カローラとかつてのライバルの現状について考察していく。

文:片岡英明/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MAZDA、MITSUBISHI、奥隅圭之

【画像ギャラリー】シリーズ累計販売台数世界一!! 日本の宝 カローラの歴代モデルをチェック


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ