クルマは案外簡単に燃える!! いざという時に憶えておきたい車両火災の対応方法

 交通事故でクルマの損傷が激しい場合、出火して燃えてしまうことがある。あるいは高速道路などを走っていて、クルマから煙が出て、路肩に停車した途端炎が出て、そのまま燃えてしまったというニュースを目にしたことがあるハズだ。

 令和元年版の消防白書によれば、車両火災は年間3600件前後起こっている(放火を含む)。単純に言って1日あたり10件程度もあって、日本で起こる火災の1割は車両火災なのだから、想像以上にクルマは燃えているのだ。

 自動車メーカーが開発中に行なうクラッシュテストでは、定められた速度でコンクリートウォールやアルミハニカムのバリアに衝突させて、クラッシャブルゾーンの潰れ方やキャビンの変形度合、ドアの開閉可否やダミー人形の損傷といった直接的なダメージのほか、燃料ラインの損傷による燃料漏れの有無といった二次災害につながる危険性についても確認され、最善の仕組みやレイアウトが採られている。

 このクラッシュテストによる検証以外にも、自動車メーカーは車両火災に対する対策を施している。すでに車両の保安基準で内装には難燃性が要求されているが、それでも一般的な素材と比べれば燃えにくいだけで、プラスチックやゴム、化繊などは石油由来の製品なのでどうしたって燃えてしまう。シートのクッション材であるスポンジなども非常に燃えやすい。

 それでも実際の衝突事故は千差万別、わずかな条件の違いがクルマの損傷を大きく分けることもある。そこで、ここからはクルマが燃える原因と、万が一の車両火災に遭ったらどう対処するべきなのか、述べていくことにしよう。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock(Mel Stoutsenberger@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】車両火災に遭遇した時 どうすればいいのか!? 憶えておきたい3つの対応


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ