新型レヴォーグ発表! 先行予約はすでに約8300台 航空機製造のDNA継承で羽ばたけ!! 


 2020年10月15日、新型レヴォーグが正式発表となった。発表会場はなんと成田空港。しかも航空機が駐機している制限エリアのなか。さらに新型レヴォーグの後方には日本航空のボーイング787まで鎮座している!!

 新型レヴォーグの詳細とともに、成田空港でボーイング787を前に発表した経緯などを現場からお伝えしよう。

 担当、個人的に「蒼いDNA」というキーワードに惚れました。

【画像ギャラリー】WRブルーも健在だ!! スバリスト大歓喜の新型レヴォーグ全カラー

文/写真:ベストカーWeb編集部


■8290台の先行予約を集めた新型レヴォーグ

日本航空のボーイング787と新型レヴォーグ。ボーイング787の中央翼はスバル製だ

 新型レヴォーグがついに正式発表となった。今回の日本航空協力による成田空港A格納庫での発表会は、スバルが航空機メーカーとしての流れを汲む自動車メーカーで、現代でもボーイング787の中央翼を製造していることが発端だ。

 「絶対安全」「すべての移動を感動に」という信条もスバルと日本航空の共通するアイデンティティだ。そんな信条が新型レヴォーグには生かされている。

 すでに価格以外は発表されていてご存知の人も多いかもしれないが、今回の発表でもっとも驚くべきは2020年8月14日~10月14日までの先行予約台数かもしれない。

 なんとその数8290台。もちろんプロモーションの成功もあるのだが、その最たる理由はスバルファン、そしてツーリングワゴンを待っているユーザー層にとって「レヴォーグなら間違いない」という意識が定着していることだろう。

 乗り味もさることながらアイサイトXの先進安全性の高さも、大きな購買理由になるはずだ。実際に先行予約では約93%のユーザーがアイサイトX装着グレードを選んでいる。

 エンジンは全車水平対向4気筒1.8L直噴ターボを搭載し、6グレードでの販売となる。

  カラーはホワイト・パール(有料色)、アイスシルバー・メタリック、マグネタイトグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ピュアレッド、クールグレーカーキ、ラピスブルーパール、そしてSTIグレード専用色としてWRブルー・パールの全8色が用意される。

 また先行予約ではSTI Sport(EX含む)が全体の57%を占めており、走りに期待するファンが多い証だ。

■新型レヴォーグは「蒼きDNA」から生まれた

レヴォーグ開発責任者の五島氏(左)と中村社長

 新型レヴォーグの開発責任者である五島賢氏。スバル中村知美社長の次にスピーチを行ったのだが、終始一貫して感じたことは「あふれ出る自信」だった。

「次元が違うレベルの走りになった」と述べ「この走りを一度体験すればお客様の心の導火線に火が点きます」と力強いワードでスピーチを続けた。

 新開発の1.8Lエンジン、前述のアイサイトX、新たなプラットフォームの採用など技術的な面で大きな進化は当然ある。それに裏付けられた発言なのはもちろんだが、スピーチの一説でこのようなことを言っていた。

「私の祖父は中島飛行機に務め、父は富士重工、そして私はSUBARUに。航空機メーカーとしてのDNAを継いでいるとともに、私に流れる”蒼きDNA”がこのクルマを作らせてくれたと思います」。

 親子3代に渡りスバルに勤務したことで、きっとスバルイズムを徹底的に叩き込まれたであろう五島氏。その集大成が新型レヴォーグかもしれない。

航空機のコックピットを意識したというレヴォーグの運転席。11.6インチ大型モニターの利便性は高そう

「最新技術はマザーマーケットの日本から導入する」という中村社長の言葉からもわかるように、スバルは国内市場を軽視していないことが新型レヴォーグからも伝わってきた。

 発売開始は11月頃とみられるが(編集部調べ)、スバル広報部によると「年内納車開始」というのが最新公式情報だ。

 前述したようにすでに8000台超のオーダーを抱えており、早く欲しい人はディーラーに急いだほうがいいかもしれない。

【画像ギャラリー】WRブルーも健在だ!! スバリスト大歓喜の新型レヴォーグ全カラー

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ