レヴォーグ カローラツーリング BMW… 長距離も快適な優良GTワゴン 5選


 新型レヴォーグ発表で注目! 長距離を乗っても快適で、荷物もたっぷり積める。そんな真の「GT」ワゴンは?

 2020年10月15日、通算2代目となるスバルのスポーツワゴン、新型レヴォーグが正式発表。レヴォーグといえば、かつてのレガシィツーリングワゴンの系譜をひくモデルで、国産ワゴンが次々と消滅するなか、根強い支持を受けている。

 そんなレヴォーグのグレード名にもなっているのが「GT」。スポーツモデルに使われるケースも多いが、グランドツーリング=長距離を快適に走れるクルマという意味も持つ。そこで、本稿では長距離でも快適なGTワゴンを紹介していきたい。

文/片岡英明、写真/SUBARU、TOYOTA、MAZDA、BMW、VOLVO

【画像ギャラリー】走りと使い勝手を両立した大人のGTカー……厳選の優良ワゴンを写真で見る


■スポーツ性と安全性を両立させた新型

●スバル 新型レヴォーグ

先日新型モデルを発表したスバル レヴォーグ。速さと安全を両立するスポーツワゴンだ。全長×全幅×全高:4755×1795×1500(mm) エンジン:1.8L水平対向4気筒DOHC直噴ターボ【177ps/30.6kgm】

 初代はスポーツツアラーと言っていたが、最新の2代目の開発陣は「ワゴン」と呼んでいる。しかも飛び切り速いスポーツワゴンだ。

 エクステリアは正常進化だが、キャビンは余裕を増しているし、シートの座り心地もよくなった。後席でも満足できる広さと快適性を実現している。

 また、ラゲッジルームも使い勝手がいい。後席は4:2:4の分割可倒式だから、多彩なシートアレンジが可能だ。サブトランクを含めると、その容量は現行型アウトバックを凌いでいる。荷物は積みやすいし、ほとんどのグレードは便利なパワーリアゲートを標準装備した。

 が、レヴォーグの魅力はスポーツ性と安全性に関しても高いレベルにあることだ。新世代プラットフォームを採用し、サスペンションも進化させている。シャシー性能は欧州車と遜色ないし、サスペンションもしなやかに動く。また、2ピニオン電動パワーステアリングも採用し、精緻な操舵フィールを実現した。

 乗車人数や荷物の量に関わらず、気持ちよく走れ、操縦性もほとんど変わらない。4WDならではの卓越したトラクション性能も魅力のひとつだ。しかも乗り心地もよくなっている。

 走りの実力と快適性は2ランクくらいレベルアップした。STIスポーツでなくても満足度は高く、先進的な運転支援システムのアイサイトXも搭載できる。新設計の1.8ℓ直噴ターボは、スポーティ派も満足できるパワー感だ。気持ちいい走りのワゴンを探している人にはいい買い物になるはずで、長く付き合える。

■ワゴンらしからぬキュートなデザイン

●トヨタ カローラツーリング

世界で愛されるカローラのワゴン版であるカローラツーリング。ゴツゴツし過ぎない親しみやすいデザインだ。全長×全幅×全高:4495×1745×1460(mm) エンジン:1.8L直列4気筒【98ps/14.5kgm】

 世界中にファンを持つCセグメントのコンパクトカーがカローラだ。長い間、5ナンバーの小型車枠を守り通してきたが、最新モデルはプラットフォームを一新し、全幅を広げて3ナンバー車に生まれ変わった。が、海外向けのカローラより全幅を狭め、日本の狭い道で持て余さない大きさとしている。

 ワゴンは現行モデルでは「ツーリング」を名乗り、デザインも若々しい。後席に人が座るとラゲッジルームは並みの広さだ。が、後席を前に倒せば荷室容量は400L以上増え、1.8m級の長尺モノも難なく積み込める。それでいてワゴンらしからぬキュートなデザインなのがいい。

 パワーユニットは1.8Lの直列4気筒DOHCを2種類、そして1.2Lのターボエンジンも用意。ターボは変速が楽しい6速MTとの組み合わせだ。1.8Lモデルは、軽快なパワーフィーリングのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドがある。

 ガソリンエンジン搭載車は実用燃費こそそれなりだが、リーズナブルな価格設定だ。しかもプラットフォームは最新だから気持ちいいハンドリングを楽しめる。ハイブリッド車は優れた燃費と静粛性に代表される快適性能が高い。

 最新モデルはハイブリッド車特有のかったるい加速フィールが影を潜め、ただのエコカーに終わっていないから、カローラツーリングの大半を占めている。先進安全装備も最新のものが付いているからオススメ度は高い。

次ページは : ■大きな車格だが扱いやすいマツダのフラッグシップ