サーキットを愛車と楽しもう! 「ワークスチューニングサーキットデイ」でクルマの魅力再認識!!


 メーカー直系パーツメーカーが主催するサーキット走行イベント『ワークスチューニングサーキットデイ2020』。サーキットを、バリバリにチューニングされたクルマではなく、ファミリーユースのクルマでも楽しんじゃおうというアットホームなイベントだ。

 今回は新型コロナ禍にも負けず、2020年10月31日に、千葉県袖ケ浦市にある「袖ケ浦市フォレストレースウェイ」で行われたイベントの様子をレポートしたい!

文・写真/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】イベントの熱気を感じてほしい! ワークスチューニングサーキットデイの様子をチェック!!


■新型コロナ禍にも負けず 愛車とのサーキットドライブを満喫!

 スバルテクニカインターナショナル(STI)、M-TEC(無限)、トヨタテクノクラフト(TRD)、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)の4社で構成されるワークスチューニンググループが、「楽しくサーキットを走る」をテーマとして、2011年から毎年開催している『ワークスチューニングサーキットデイ』。

今回は写真上から、M-TEC(無限)がホンダ「シビックタイプR」、STIがスバル「S209」、TRDがトヨタ「スープラ」、NISMOが日産「GT-R NISMO」を持ち込んだ

 ワークスチューニングサーキットデイの魅力は、各社契約のSUPER GTなどに参戦しているレーシングドライバーが座学を行なったり、先導走行や同乗走行をしたりといった、プログラムが実施されることだ。

 今回も、立川祐路選手、武藤英紀選手、新井敏弘選手、平峰一貴選手という豪華な顔ぶれが参加し、参加者たちを楽しませていた。

プロドライバーの豪華な顔ぶれとなった! 写真右から立川祐路選手、武藤英紀選手、平峰一貴選手、新井敏弘選手が並ぶ

 今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ゲストドライバーとの同乗走行、握手・サイン・撮影などのコミュニケーション、恒例の集合写真などが中止となってしまったが、各メーカーが持ち込んだチューニングカーや、ドライバーから直接話を聞けるチャンスとあって、配慮をしつつも盛り上がりを見せていた。

新型コロナ禍の影響で、参加台数は普段よりも少なくなっていた。屋外となるパドックでもソーシャルディスタンスを保てるように配慮されていた
プロドライバーによる講習会も開催。各クラスに合わせた、プロから見たコース攻略のポイントや、走行時に気を付けるポイントなどがレクチャーされた。室内は換気をしっかりし、通常よりも参加者の間隔を広くとって行われていた
コース図を前にレクチャーする武藤英紀選手。参加者もわからない点を積極的に質問するなど、熱気に満ちていた

■ワークス協賛による特別なプログラムがたくさん!

 開催地となった袖ヶ浦フォレストレースウェイは、1周2.4kmの本格サーキットで、当日は秋晴れのサーキット日和で新型コロナ禍のうっぷんも晴らしてくれる好コンデションとなった。

 イベントのメインとなるサーキット走行は、過去の走行会経験などによって、エンジョイ、ベーシック、チャレンジといったクラス分けがされており、まだサーキット走行に不安があるという人でも安心して走ることができる配慮がされている。

 また最初の走行枠では、コースインから2周をプロドライバーが運転するワークスチューニングカーが先導するという特別な演出もあり、普通の走行会イベントとは一味違ったものとなっていた。

各クラスで行われたワークスチューニングカーによる先導走行。本来であれば、キッズ撮影会やプロドライバーとの記念撮影も行われるなど、同行者も楽しめる特別なプログラムが目白押しなのだ
イベントの最後には、4社のチューニングカーによる模擬レースも開催された。スーパーGTなどで活躍するプロドライバーが本気バトルを繰り広げるレースに、観客は大盛り上がりだった

次ページは : ■ベストカーClub員が感じた このイベントの「楽しさ」とは?