伝説の名車に最新車は勝てるか!? ジャンル別「最高にいいデザインの日本車」


 走り、居住性、実用性…クルマを選ぶ基準は数あれど、なかなか外せないもののひとつがデザインじゃいだろうか。

 感性は人それぞれだからなかなか優劣をつけるのは難しいものだが(かのムルティプラやアズテックだって作った本人は史上最高のかっこよさだと思っていたに違いない。たぶん)、今回ここでは下記6カテゴリーにおける1980年代~現行日本車の「最高のデザイン」を決めてみたい。ジャッジは自動車評論家の清水草一氏。

 ルールは、まず各カテゴリーから編集部が3台を選出。清水氏がその3台を吟味し1台を選出…という流れなのだが、さらに清水氏が独自に選んだ「最高の1台」も並べてもらった。

 6つのカテゴリー別「最高にいいデザインの日本車」を決める!

・2ドアクーペ編
・SUV編
・セダン編
・ワゴン編
・コンパクト&ハッチバック編
・軽自動車編

【画像ギャラリー】6カテゴリー厳選! デザイン突出の24モデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年10月のものです
文/清水草一、写真/スバル、日産、トヨタ、マツダ、三菱、ホンダ、スズキ
初出:『ベストカー』 2020年11月10日号


■2ドアクーペ編

 1981年にソアラが登場し、その後プレリュードやシルビアといったデートカーが出るなど、1980年代は2ドアクーペの最盛期! 各社デザインにも力が入りまくった。

 が、バブル崩壊とともにスポーツカー冬の時代に突入し、新規モデルが激減。21世紀に入ると、生き残らせること自体が極めて困難になり、ノスタルジーの彼方へと遠ざかったのでした。

●編集部が選ぶ「いいデザイン」の2ドアクーペ3台

・スバル アルシオーネSVX

スバル アルシオーネSVX…キャッチコピーは「遠くへ美しく」!

【清水の寸評】ジウジアーロの独創的デザインを忠実に商品化した歴史に残る2ドアクーペの傑作だ! ただサイドウィンドウを除くと、それほど印象的なデザインではないとも言えるかもしれない

・日産 5代目シルビア(S13)

日産 5代目シルビア(S13)…2Lターボ搭載モデルもあり、ホンダプレリュードが最大のライバル。歴代シルビアのなかで一番売れた世代だ。

【清水の寸評】とにかく超シンプル&クリーン! けれん味をそぎ落とした清楚なフォルムが光る! ただ、あまりにも素直で毒がなく、エモーションも控えめだったのが惜しい。

・日産 スカイラインクーペ(V35)

日産 スカイラインクーペ(V35)…V6、3.5Lを搭載し、スタイルがこれだもの。惚れ惚れする格好よさ!

【清水の寸評】シンプル&クリーンでありながらエモーショナルで力感に溢れ、国産2ドアクーペのひとつの到達点ではないだろうか! あえて言えば、もう少し毒が欲しかった

●3台のなかで清水が推す1台は?

・日産 スカイラインクーペ(V35)

日産 スカイラインクーペ(V35)…端正で力強いオバフェン。まさに流麗2ドアクーペ!

 一直線に伸びたウエストライン、フェアレディZを思わせる滑らかなルーフライン、端正で力強いオーバーフェンダー。余分なデザイン要素はどこにもない、実に流麗な2ドアクーペだった。ただ、デザイン的なアイコンもないんだよね……。

●が、しかし! 清水が独自に選んだ「最高の2ドアクーペ」はコレだ!

・日産 スカイラインGT-R(R34)

日産 スカイラインGT-R(R34)…時間の経過とともに虜になる!

 美しさゼロ、コケオドカシのカタマリ、大味で醜悪なデザインではあるんだけど、時間を経るにつれ目を逸らせなくなるこの魅力! 特にスパッと切り落としたリヤ断面の大きさと大胆さには、麻薬的な魅力がある……。

■SUV編

 1990年代のRVブームは、パジェロやハイラックスサーフといった本格派クロカン中心に盛り上がったが、同時にCR-VやRAV4、ハリアーといった都会派クロスオーバーSUVの胎動があり、ふたつの流れが並行して隆盛を極めていったのですね。

 クロカン系は淘汰の末、現行ジムニーという究極の存在の登場を見るにいたり、またクロスオーバー系は百花繚乱多くのデザイン的挑戦があった。近年はC-HRのようなクーペSUVや、新型ハリアーのようなスペシャルティSUVも、デザイン的にも勢力を伸ばす勢いを見せている。そう、国産SUVは世界のSUVデザインの源流&震源地と言っても過言ではないだろう!

●編集部が選出した「いいデザイン」のSUV3台

・トヨタ FJクルーザー

トヨタ FJクルーザー…まず登場は記憶に残るこの個性派モデル。

【清水の寸評】ランクル40の復古デザインでありながら、観音開きドアという革新性も合わせ持つ。プラドベースの本格派クロカンなのにクロスオーバー系でもある、異色のデザインが光る。

・トヨタ 現行ハリアー

トヨタ 現行ハリアー…さぁ、現行モデルの登場だ。RAV4と共用プラットフォームだが、こちらはスタイリッシュ路線だ

【清水の寸評】かつて都会派SUVの扉を開いたハリアーは、現行モデルでスペシャルティSUVの元祖ともなった。ただ、流麗なデザインはどこか表面的で、本能に訴える力強さには欠ける

・マツダ 現行CX-3

マツダ 現行CX-3…続いても現行SUV。ベストカー編集部のまわりでも「スタイルがいい」と評判

【清水の寸評】コンパクトながら躍動感に満ちたフォルムは、工芸品的な美しさを持ちながら、スポーツカーのような軽快感やスピード感に満ちていることにビックリ! すべてのバランスが絶妙

●3台のなかで清水が推す1台は?

・マツダ 現行CX-3

マツダ 現行CX-3…デミオベースに誕生。当初からデザインの評判は高し。ノーズはのびやか!

 見れば見るほど、ケチのつけようがないデザインだ。特に美しくうねったウエストラインと、なだらかに下がっていくルーフラインのハーモニーはすばらしく、ノーズをのびやかに長く見せ、スポーツカーのように「走りそう」な予感! フェンダーの黒い樹脂部の形状や太さも完璧だ。デザイン的な傑作であることは間違いないのだが、スポーティすぎるがゆえに、SUVとしては本流感に欠ける。

●が、しかし! 清水が独自に選ぶ「最高のSUV」はコレ!

・マツダ 現行CX-5

マツダ 現行CX-5

 CX-3のデザインもすばらしいんだけど、CX-5にはそれを上回る王道感がある。フォルムはCX-3ほどスポーティではないが、そのぶん堂々とまっすぐに構え、ウエストラインもまっすぐ! 小細工ではない美しさとでも言おうか。

 それでいて、グリルとヘッドライトをつなぐ部分の切り欠きは、意外性に満ちた精緻な破綻がある。これが一種の毒として脳裏に刻まれる。参りました!

次ページは : ■セダン編

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ