こ…これが元RAV4?? 超アメ車テイスト ミツオカ初のSUV その名も「バディ」

 光岡自動車は、2020年11月26日にアンヴェールを予定している新型SUV「バディ」の外装やスペックを公式ウェブサイトで公開した。

 新たに登場する「Buddy(バディ)」は、同社としても初となるSUVモデルで、ハイブリッド車とガソリン車の2仕様を用意するという。

 今回は、そのルックスで登場前から注目を集めているSUV「バディ」について、どのようなクルマなのか今わかっている情報から紹介していきたい。

文/大音安弘
写真/MITSUOKA、CHEVROLET

【画像ギャラリー】ミツオカだから生み出せた!! SUV界に新たな風を送り込む「バディ」の詳細をチェック!!


■独創的なクルマを生み出し続ける日本で10番目の自動車メーカー

 2019年にアメ車ライクなオープンカー「ロックスター」の発売で大きな脚光を集めた光岡自動車が、2020年10月29日に新型SUV「Buddy(バディ)」のデザインを初公開し、大きな話題となっている。Buddyは、光岡自動車初となるSUVで、2020年11月26日の正式発表が予定。現時点ではデザインおよび基本的なスペックが公表されている。

ミツオカが投入する新型SUV「バディ」。オープンカー「ロックスター」で脚光を浴びたアメ車ライクなデザインを再び取り入れた
バディのリアデザイン。先行予約受付の開始は、正式発表される2020年11月26日からの予定だ

 まず光岡自動車について簡単に紹介すると、市販車をベースにオリジナルデザインの架装を施したカスタムカーの開発・製造・販売を行う小さな自動車メーカーだ。現在は、光岡車はカスタムカーを基本とするが、1994年の独自設計のオリジナルスポーツカー「ゼロワン」の発売で、10番目となる日本の自動車メーカーとして認可されている。近年の作品では、2007年発売のスーパーカー「大蛇(オロチ)」が有名だ。

2014年に惜しまれながらも生産を終了した「オロチ」。ホンダ NSXをベースとしたモデルは2001年の東京モーターショーで初お目見え。観客を度肝を抜き、その後2006年に市販化された

 そんな光岡自動車の主力は、往年の名車にインスピレートを受けたデザインを現代車に施したパイクカーシリーズだ。同社を代表するパイクカーが、日産マーチをベースとした「ビュート」。往年のジャガーマークIIのデザインをモチーフとしたコンパクトセダンとして1993年に初代を発売。以来、光岡車の中心として、歴代マーチをベースに3世代が展開している。

■”普通”に飽きた人に刺さる 強い個性と実用性を備えた相棒

 新型車「Buddy」は、「自然体でさらりと乗りこなせる相棒」がコンセプト。お洒落な街乗りからアウトドアや趣味のツールとして幅広く活躍できるクルマとして提案されている。これまで光岡自動車では、ハッチバック、セダン、クーペ、オープンカーなどさまざまなボディタイプのクルマを手がけてきたが、SUVは今回が初となる。

 ベース車となるのは、人気のトヨタ「RAV4」。その前後マスクがオリジナルパーツへと置き換えられ、クラシカルなアメリカンSUVルックへと変更されている。

ベースとなっているトヨタ「RAV4」。サイドのほうにその名残があるが、前後マスクはオリジナルパーツへと置き換えられ、まったく別のクルマへと生まれ変わっている

 そのモチーフは、1980年代前後に活躍したシボレー「ブレイザー」のように思えるが、この頃、上下2段式ヘッドライトは、ジープ「ワゴニア」やフォード「ブロンコ」などのSUVにもよく使われているため、アメ車らしさを強調したものだろう。

上下2段式ヘッドライトがクラシカルな雰囲気を感じさせる「バディ」
これぞアメリカンといった顔立ちのシボレー「K5 ブレイザー」(1979年)。デザインがクルマのタフさを物語っている

 また逆スラントノーズのデザインは、力強さを感じさせる光岡独自のアイデアと思われる。これにメッキバンパーや専用のフロントフェンダーでボリューム感を出し、RAV4風味は、だいぶ消し去られている。欲を言えば、RAV4のキャビンがスクエアなデザインであれば、より武骨さが増し、クラシカルなタフなSUV風味が高まるのにと……ベース車に難癖をつけてしまいたくなるほど。

 またリヤスタイルについても、RAV4とは異なるリヤフェンダー、テールゲートパネル、テールランプ、メッキバンパーに変更することで、イメージを刷新している。

 ボディサイズは、全長4730×全幅1860×全高1685mmと全車共通。RAV4と比較すると、全長が+130mm、全幅が+5mm、全幅は同じ。ホイールベースも同様の2690mmとなる。ワイド感を増すため、オーバーハングが拡大されていることがわかるが、全幅については、タフさを強調したデザインとなる「RAV4 アドバンス」よりも抑えられている。

 ガソリン車が「20LX」、「20DX」「20ST」の3タイプ。ハイブリッド車が「ハイブリッドDX」と「ハイブリッドST」の2タイプを用意。4WD車をメインとし、「20ST」と「ハイブリッドST」のみ2WD車の選択が可能だという。

 上記のボディサイズや最低地上高などのスペックから推測すると、「DX/ハイブリッドDX」は、「G/ハイブリッドG」をベースに。「ST/ハイブリッドST」は、「X/ハイブリッドX」となるようだ。ガソリン車の最上級車「LX」は、最低地上高が200mm確保されていることから、ダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載する「アドバンス」か「G Zパッケージ」のいずれかとなると思われるが、現地点では断定できない。

 人気のSUVをベースとすることもあり、2019年に発売され、早々に完売を迎えた「ロックスター」とは異なり、カタログモデルとなるだろう。

往年のコルベットそっくりな光岡自動車の「Rock Star(ロックスター)」。光岡としては「アメ車風」のパイクカーは、この時が初めてだった。ロックスターは限定車だったが、バディはカタログモデルとなるだろう

 現時点では、内装については、画像も公開されていないが、アクセントなるメッキ加飾のパーツやレザーシートなども用意されるはずだ。気になる価格だが、現時点では非公表で、2020年11月26日の正式発表を待つしかない。ただ仮装費として、200万円近い費用が加算され、好みの色やオプション代を含めると、なかなか立派な価格となるだろう。

 しかし、国産新型車の高機能と信頼性を備えた個性的かつタフなデザインのSUVのニーズは、世に溢れた最新SUVにうんざりする人や更なるカスタムを加えて独自性を出したいアメ車ファンにも受けそうだ。

【画像ギャラリー】ミツオカだから生み出せた!! SUV界に新たな風を送り込む「バディ」の詳細をチェック!!