新型レヴォーグとアイサイトXは安全技術に革命を起こすか!??


 日本車の貴重なステーションワゴンであるスバルレヴォーグは、2020年10月15日に正式発表され2代目に生まれ変わった。そして、2020年11月26日から販売を開始となる。

 スバルはレヴォーグをフルモデルチェンジするにあたり、8月20日に正式デザインを公表し、先行予約の受け付けを開始。その結果、8月20日から10月14日までに8290台を受注するなど、注目度の高さがうかがえる。

 新型レヴォーグの注目ポイントは多岐にわたるが、最新のアイサイトXが搭載されたのが大きなトピックだ。

 クルマは日進月歩で進化しいて、時代によってその進化のターゲットが変化している。現在クルマ関連で最も目まぐるしく進化しているのが、安全装備、運転支援装置と言ってもいいだろう。

 世界初で初めて衝突被害軽減ブレーキを搭載したのは、2003年にデビューしたホンダインスパイア(4代目)だが、一般に認知させたのはスバルのアイサイトと言っても異論はないはずだ。

 そのアイサイトは進化を続け、新型レヴォーグでは最新のアイサイトXに進化している。

 アイサイトXはどのような先進機能を持つのかに言及すると同時に、アイサイトXは日本の安全装備を先導できるのかについて渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/SUBARU、NISSAN、池之平昌信

【画像ギャラリー】多種多彩な先進機能を搭載しながらも実質11万円!! アイサイトXはこの手の出しやすい価格設定も魅力


ホンダが自動運転レベル3型式指定を取得

2020年11月11日にホンダは自動運転レベル3型式指定を取得したことを発表。2020年度中、つまり2021年3月までにレジェンドに搭載して市販を開始する

 最近は運転支援機能の進化が著しい。2020年11月には、ホンダがレジェンドに自動運転レベル3のシステムを搭載すると発表した。

 レベル1とレベル2は、制御に際して「ドライバーによる監視」が必要だから運転支援機能とされるが、レベル3は「システムによる監視」へ移行する。「ドライバーによる監視」ではないから、自動運転と受け取られる。

 しかしそのいっぽうで国土交通省は、「運転者は過信せず常に運転できる状況を維持する必要がある」と規定している。

 レベル3の作動中でも「警報を発してドライバーによる運転操作を求める状況」が想定されるからだ。

 そうなるとドライバーではなく「システムによる監視」が行われても、走行中にドライバーがスマートフォンを注視することはできない。

「ドライバーによる運転操作を求める状況」は、言い換えればシステムの手に負えない状況だから、難しい運転操作が要求される。

 この時に周囲の交通状況を正確に把握できていないと、適切な対処はできない。システムとドライバーの両方による監視が必要で、レジェンドの「自動運転レベル3」も、運転支援機能の進化型と考えたい。

衝突被害軽減ブレーキを世界で初搭載したのは2003年デビューのホンダインスパイア(4代目)だった。それが今ではあって当たり前の装備になっている

“ぶつからないクルマ?” が劇的進化

 そして長年にわたり運転支援機能を手掛けてきたメーカーがスバルだ。1999年にレガシィランカスターADAが発売され、2個のステレオカメラを使った運転支援を実現させた。

 2010年にはレガシィにアイサイトバージョン2が搭載され、割安な価格と「ぶつからないクルマ?」というCM効果で好調に売れた。

スバルは1999年にADAをランカスターに搭載。2008年、レガシィシリーズに初のアイサイトを搭載して、一般ユーザーに衝突被害軽減ブレーキを認知させた

 この時に衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能に対するユーザーの関心が高まり、安全装備の普及に大きく貢献した。そして2020年10月に発表された新型レヴォーグは、新しいアイサイトXを採用する。

 アイサイトXは進化した運転支援機能で、そのベースには、アイサイトの性能向上がある。

 新型レヴォーグはステレオカメラを全面刷新して、前側方レーダー、後側方レーダー、後部の超音波センサーも装着した。ブレーキブースター(ブレーキ力を高める装置)は電動式になり、アイサイトによる反応を向上させている。

 これらの効果で、まずは衝突被害軽減ブレーキをはじめとする安全性が向上した。自車が右左折する時も、直進してくる対向車や歩行者を検知して、衝突回避が可能になる。

アイサイトはステレオカメラを使っているが、新型レヴォーグに搭載されるアイサイトXでは刷新されて大きく進化している

 2車線道路などを走行中、車線変更を含めて隣車線の車両と接近した時は、警告を行って元の車線へ戻るようにステアリングを制御する。

 衝突被害軽減ブレーキの作動中も、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難と判断された場合、左右にスペースがあれば操舵による回避操作を支援する。

 前側方レーダーも採用したから、左右の見通しが利かない枝道などから大通りに出る時など、側方から接近する車両を検知して警報を発したり衝突被害軽減ブレーキを作動させる。

 これらの安全装備は、世界初ではないが先進的な部類に入る。スバル車としてなら初採用の機能も多い。

アイサイトXの衝突被害軽減ブレーキは、真正面だけでなく前側方の接近車両も検知するので、T字路などでの事故防止に役立つ

次ページは : アイサイトXは運転支援機能が高度化

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ