恩恵ありまくり…でも意外なデメリットも クルマは軽いほうがいい圧倒的な理由

 「最近のクルマは重くてけしからん!!」――。実際に、1998年式のスカイラインR34型の車両重量は1450 kgだったのに対し、2019年式のV37型は1700 kgと、約250kg(約2割)も増えています。「マーチ」も、1992年式のK11型は750kg、2010年式のK13型は940kgと、190kg(約2.5割)も増えています。

 この理由は、インテリアの居住性改善と衝突安全性向上のためのボディサイズ拡大が主要因なのはご存じの通り。商品力向上のためには必須の対策であり、自動車メーカー各社もやむを得ず、大型化を選んできました。

 しかし実は、「クルマは軽いことこそ正義!!」というのは、100%正解とは言えず、軽いクルマは諦めなければならない性能があることをご存じでしょうか。今回は、クルマが軽いことのメリットとデメリットについて考えていきます。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】国産スポーツカーでパワーウェイトレシオに優れるクルマを写真でチェック!!


メリットは「燃費」「ハンドリング」「ブレーキング」

 クルマが軽ければ、同じ力(タイヤにかかる駆動力もしくは制動力)でも、動作は軽やかになり、「加速の良さ」や、「ブレーキの効きの良さ」につながります。また「燃費」も、所望のスピードまで少ない力で、容易に加速ができるため、有利になります。

 クルマは力を受けて運動する物体ですので、運動方程式「Ma=F」を用いて考えれば、お分かりいただけると思います。Mはクルマの質量、aは加速度(動きやすさ)、Fは必要な力を表します。

1.6リッター3気筒ガソリンターボのGRヤリス、車両重量は1280kgと、レースモデルのベース車としては軽いといえる

 また、ボディの大きさ(正確には前面投影面積)に比例する空気抵抗も、定速走行中の燃費に関わってきますので、軽量かつ小型のクルマならば、より燃費性能は良い傾向となります。

 そして、軽いクルマは、クルマのヨーイング(回転挙動)の動きが軽やかになり、ハンドリングがよくなります。さらにいうと、この車両の重心点周りの動きやすさを表す数値(ヨーイング慣性モーメント)は、クルマの重量も重要ですが、クルマのどこに重量物があるかも、とても重要です。

 例えば、エンジンルームに重いシステムが積まれているハイブリッド車の場合、車両重心から遠いところに重量物があるため、重心点周りの動きやすさを表す数値は大きくなり、鈍調な回頭性となってしまいます。

 同じだけの回頭性を求めるならば、より大きなコーナリングフォースを出せるタイヤへと仕様変更をする必要があります。コーナリングフォースを出せるタイヤは、転がり抵抗が増える傾向にあり、これは、燃費の悪化につながってしまいます。

RAV4 ハイブリッドGの車両重量は1690kg ガソリンモデルに対して100kgの重量増加となる

 乗り心地も改善します。クルマを軽くすることで、スタビライザーの径を下げるからです。さらにいいことに、鉄の棒であるスタビ(中には中空のスタビもあります)の径を小さくすれば、更なる軽量化ができてしまいます。

 このように、クルマは、軽いことによるメリットがとても大きく、「軽いこそ正義」と言いたくなるところなのですが、軽いクルマは諦めなければならない性能があることも、理解しておかなければなりません。

デメリットは「うるさい」

 特に、パワフルなエンジンを積んだFF車の場合、トラクションがかからなくなる可能性があります。なぜなら、発進加速時に後輪へと荷重移動するため、駆動する前輪の接地荷重が減り、タイヤが空転してしまうからです。

 TCS(トラクションコントロールシステム)により、タイヤ空転が少なくなるようにエンジン出力を絞る制御が入りますので、昨今のクルマでは豪快にホイルスピンをするクルマは見られませんが、昔のハイパワーFF車ではよく起きていた現象でした。

 「軽いクルマはノイズがうるさい」と、一概には言い切れませんが、ノイズを透過しやすいのは事実です。ロードノイズの低減には、タイヤやホイール、サスペンション、ボディなどで、さまざまな対策が行われますが、それでも低減しきれないときは、吸音材、遮音材を増やすことで、ノイズレベルを下げます。

 こうした追加部材は、その分の重量とコストがかかりますので、軽くて安いクルマだと、吸音材、遮音材を省かれていることがあるのです。静粛性が求められる高級車の場合だと、10kgや20kgもの制振部材を投入されていることもあります。

ホンダN-BOXは車両重量が約900kg 軽スーパーハイトワゴンの中でも静かで、ノイズ対策もしっかりとされている印象だ

技術の進化に期待!!

 昨今の燃費改善に対する需要は年々上がっていますが、ハイブリッドやPHEVで燃費を稼ぐ一方、それらのシステムを搭載することにより、クルマの重さはますます増えている、という状況です。高級スポーツカーでは、軽量化のためにCFRPやマグネシウム合金も用いるなど、進んでいますが、乗用車ではまだ当分先でしょう。

 ただし、高張力鋼板や超ハイテン鋼など、スチール材の進化もあり、自動車メーカー各社は、地道な軽量化を常に続けています。新車が出るたびに、「○kgの軽量化を達成」という文字は、こうしたスチール材の進化があるおかげでもあります。「いいとこどり」ができる日も、近いかもしれません。

【画像ギャラリー】国産スポーツカーでパワーウェイトレシオに優れるクルマを写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ