地味にアイサイトXより凄い!? 新型レヴォーグ 超進化ボディが実現した走りと乗り心地


 話題の新型車「スバル レヴォーグ」、実はアイサイトXや新エンジン以上に進化を遂げたボディが凄かった!?

 国産唯一のスポーツワゴンとして根強い人気を持つ「スバル レヴォーグ」が、第2世代に進化した。新型では、高度運転支援システム「アイサイトX」や新型1.8L直噴ターボエンジン、STIスポーツ専用の電子制御ダンパーなど、新メカニズムが満載。

 しかし、その走りや安全の基礎となるプラットフォームも実は大きく進化している。

 新世代スバルの走りの良さを生み出す次世代プラットフォーム「SGP(=スバル・グローバル・プラットフォーム)」とは何なのか。なぜSGPにフルインナーフレーム構造を組み合わせたのか。

 新型レヴォーグの開発者たちへのインタビューを通して、その秘密に迫った。

文/大音安弘、写真/池之平昌信、SUBARU

【画像ギャラリー】STI Sportの写真も! 次世代プラットフォームを採用し超進化ボディへと生まれ変わった新型レヴォーグ!!


■新しいスバルの要! 次世代プラットフォーム“SGP”は全車共通ではない?

新構造を取り入れた「SGP×フルインナーフレーム構造」へと進化した新型スバル レヴォーグ(写真はSTI Sport)

 走りの良さにも定評のあるスバルが、クルマの基礎となるプラットフォームを刷新したのは、2016年のこと。それが現行型インプレッサに採用する、次世代プラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」だ。

 その狙いは、当時、2025年までを見据えた優れた動的質感と高い安全性を実現することにあった。その後、SGPは、フルモデルチェンジした「XV」と「フォレスター」にも取り入れられている。

 ところが新型レヴォーグでは、早くも新構造を取り入れた「SGP×フルインナーフレーム構造」へと進化された。

 フルインナーフレーム構造を持つSGP車は、既存のSGP車と製造工程が異なるため、スバルは生産ラインの改修まで行っている。なぜ投入よりたった4年での大幅なアップデートが実施されたのだろうか。

 そもそもSGPへとプラットフォームを刷新の最大の理由は、フレームワークなどの簡単に変えることが出来ない基本的なプラットフォームの構造を一新することで、安全面を含め多角的な性能の向上が目的。

 スバルは、1つのプラットフォームで、コンパクトなインプレッサから北米向けの7人乗りミッドサイズSUV「アセント」までをカバーしているが、その守備範囲の広さはSGPにも引き継がれている。

 大きなクルマまでを見据えて開発しているから、一つのプラットフォームでも様々なクルマに対応できるのだ。

 ただ、ひと言でSGPといっても、すべてが共通ではないという。各車に共有する部分がある一方で、柔軟に専用部品も取り入れている。簡単に言えば、SGPは設計上のルールであり、それを守ることで、効率的かつ高性能なクルマ作りを行っているというワケだ。

■土台は同じでも専用化で実現した新型レヴォーグの剛性

新型レヴォーグが取り入れたフルインナーフレーム構造

 新型レヴォーグの場合も、SGPの設計思想は共通だ。しかし、リアオーバーハングの長いワゴンボディとなるため、インプレッサなどと同じ仕様で作り上げると、プラットフォームとボディの結合部が弱くなる。そこでボディの結合をより強固なものとするべく、新たにフルインナーフレーム構造が取り入れられていたのだ。

 もし既存のSGPのままでレヴォーグを設計すると、その効果が全て失われてしまうくらいボディ剛性は減少してしまうという。そのくらいボディサイズやワゴン形状の影響が表れるのだ。その課題を効率よく克服する秘策がフルインナーフレーム構造だったのである。

 しかし、開発者によれば、フルインナーフレーム構造は、決して新しいアイデアではないという。SGP構想の段階からの検討がされ、インプレッサなどのSGP車のフロントセクションには、インナーフレーム構造が取り入れられていると教えてくれた。それを全面的に採用したので、フルインナーフレーム構造と謳っているのだ。

 もちろん、SGPの良さは、インプレッサなどの最新車で証明されている。しかし、小さなボディでは、プラットフォームの強化が絶大な効果を生むが、ボディサイズが大きくなればなるほど、そのぶんはプラットフォームの強みが削られていく。

 そこでプラットフォームの良さを活かしつつ、ボディ全体でサポートすることで重量増を抑え、バランスを良くしている。これは土台のシャシーと上屋のボディが一体となるモノコックボディの特徴でもある。

 さらにいえば、構造接着剤もインプレッサからの採用しており、その成果が、レヴォーグの開発にも活かされている。ちなみに海外では、2019年にフルモデルチェンジが実施された北米版レガシィシリーズにも「SGP×フルインナーフレーム構造」が採用されている。

次ページは : ■ボディの進化で新型レヴォーグは何が進化した?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ