冬ドライブの準備&トラブル対策 クルマの冬支度 やっておきたい7つのこと


 もう12月。早いものである。企画担当的には1年前に東京モーターショーがあったという実感が沸かない(それどころか思い出して驚愕している)。

 さて、冬は、クルマにとっては夏とはまた違う部分で苦手な季節となる。

 現代のクルマは非常に性能が向上しめったなことではトラブルにならないと言われている。しかしクルマも機械だ。機械である以上、トラブルがまったく起きないとはいえない。

 冬だから気をつけたい、冬だから準備したい7つのポイントを重点的にご紹介。この冬のドライブにぜひ役立ててもらいたい。

【画像ギャラリー】10枚の画像でクルマの冬支度・やるべきことをクイックチェック

※本稿は2020年11月のものです。アイテム紹介中、価格につけられた※印は実勢価格を示します
文/諸星陽一、写真/ベストカー編集部、撮影/諸星陽一、西尾タクト、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■EV・ハイブリッドも要注意! 寒い冬は性能が低下するバッテリーをチェック!

 寒い冬の朝、エンジンを始動しようとしたらエンジンが掛からないというのは何とも寂しいものだ。

 セルモーターを回すことなく走り出しが可能なEVやEVモード付きハイブリッド車は、走行用バッテリーが充電されていれば大丈夫と思われがちだが、12Vバッテリーが上がってしまうとシステムが起動しないので、やはり走り出すことはできない。

 バッテリーの点検の第一歩はバッテリー液の量。クルマのボディを押して揺らせば、液面も揺れるのでバッテリー液の量がわかりやすい。液面が下がっている場合は、補充液(精製水)を補充する。

メンテナンスフリーのバッテリーでなければ液量をチェックしておきたい。バッテリー補充液は約100円から

 バッテリーの劣化チェックは、比重計を使ってバッテリー液の比重を計るのが一般的な検査方法だが、最近はCCA値を計測するバッテリーチェッカーというテスターが信頼性が高いといわれている。

 密閉型のメンテナンスフリーバッテリーは、このタイプのテスターでないと計測ができない。

 基本的に弱ったバッテリーを復活させるワザはないと考えたほうがいい。バッテリーは消耗品であるという意識が大切。弱っているようであれば、交換が必要だ。

バッテリーに電気を供給するオルタネーターが故障している場合は、テスターでチェックが可能

■ワイパーチェック&交換で雪に負けない視界を確保

 雨の日の視界を確保するのに大切なのがワイパーだ。ワイパーの基本的な構造は、金属か樹脂の骨組みに、ゴムのブレードを取り付けたものとなる。

 このうち劣化しやすいのはゴム部分。夏の暑さや紫外線の影響はもちろん、ワイパーブレードはかなりの力でガラスに押しつけられていてそれが動くのだからゴム部分が劣化するのは容易に想像できるだろう。

ワイパーはブレードの断面を見てもチェックできる。写真のように歪んでいたら交換時期

 ワイパーは定期的には1年に1回の交換が薦められているが、拭き取り時に拭き残しやムラが出たら交換したほうがいい。

 金属の骨組みのものはブレード部分のみを交換することができるが、樹脂製は骨組みごと交換する。

雨の日に拭き残しやムラができるようであればワイパーゴムを交換したい。ワイパーゴム交換は2本で約3000円から。作業も簡単だ

 一般的にワイパーは、はっ水処理をしたガラス用と、未処理のガラス用の2種があるので、自分のフロントウィンドウの状態に合わせて選びたい。

 降雪地帯やスノードライブを予定している人は、骨組み部分がゴムで包まれたスノーブレードを選ぶほうが、よりいっそういい。

写真はPIAAの雪用ワイパー「シリコートスノーブレード」。撥水効果もあり凍結に強い

次ページは : ■実はわりと必須! ウォッシャー液が不足してないか? 冬は濃い目に!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ