中身は最新でも外見はクラシカル レトロなデザインの現行車たち

中身は最新でも外見はクラシカル レトロなデザインの現行車たち

 近年は、ハイブリッド車やEVといったハイテクなクルマが増え、さらには、クルーズコントロールや自動ブレーキなど、先進の運転支援システムや安全装備も充実してきました。

 外観も内装も、子供のころに何かでみた「未来のクルマ」のかたちに近づいている昨今ですが、一方で、クラッシックカーのような、レトロな雰囲気を持つクルマに憧れる方も多いのではないでしょうか。筆者も、クラッシックカーを見かけて、「このクルマのデザインで、中身を現代の技術水準で作り直せないかなぁ」と、思うことがしばしば。

 最先端デザインのクルマは、確かにカッコいいのですが、すぐに次のデザインに取って代わりやすく、飽きやすい一方、レトロな雰囲気のクルマは、廃りにくく飽きがこないのが魅力です。本稿では、いま現在、新車販売されているクルマで、クラッシックカーとまではいきませんが、レトロな雰囲気を持つクルマを集めてみました。

文:吉川賢一
写真:MITSUOKA、BMW、FCAジャパン、Mercedes-Benz、Rolls Royce

【画像ギャラリー】中身は最新!! でも見た目はクラシカル!! 光岡の新SUV「バディ」をギャラリーでチェック!!


進化し続ける名作「MINI」

 MINIはもともと、イギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が製造販売していたクルマでしたが、1994年にBMWの傘下となりました。現在販売されているMINIは、2014年にデビューしたモデルで、「BMWミニ」となってから3世代目となります。

 他のどのクルマとも似ていない、MINIらしいエクステリアデザインを持ち、決して広くはない室内スペースですが、考え抜かれたパッケージング、そして、ゴーカートフィーリングと表現される機敏なハンドリングで、軽快なドライビングが味わえます。

 特に、3 DOORと5 DOORの両モデルで展開されている特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」、そして3 DOORと5 DOORのベースグレードである「ONE」に設定された特別仕様車 「MINI VICTORIA」の雰囲気は格別。BMW傘下のメーカーではありますが、なんとなく、「ブリティッシュ」な空気を感じるのは、BMWがMINIの伝統を大切にしているからなのでしょう。

ゴーカートフィーリングと表現される機敏なハンドリングで、軽快なドライビングが味わえる

元祖KAWAIIクルマ「フィアット 500(チンクエチェント)」

 イタリアの自動車メーカー「フィアット」の小型自動車「500」は、なんと初代の登場が1936(昭和11)年という、長い歴史を持つクルマです。現在、日本市場のフィアット500は、2008年3月に登場した第2世代にあたります。ちなみにチンクエチェントとは、イタリア語でCinque=5 (チンクエ)、Cento=100(チェント)となり、「500」を意味します。

 現行フィアット500は、大ヒットした先代のNUOVA(ヌオーバ)500のデザインをモチーフとしており、一目で「フィアット500」だと分かる可愛らしいデザインが魅力です。

 既に欧州地域では、次期型のフィアット500がワールドプレミアされています。最大の特徴は、42kWhのリチウムイオンバッテリーを内蔵したEVとなったこと。まさに、レトロなデザインはそのままに、中身を最新技術で刷新したモデルです。

特徴的なプロポーションのおかげで、クルマ好きでなくても、フィアット500というのがはっきり分かる カジュアルなスタイリングは、少しずつデザイン変更されているが、かわいいイメージは不変だ

次ページは : 武骨SUVの頂点「メルセデスベンツ Gクラス」