ガチンコ競合!! カローラクロス2021年秋登場でC-HRまさかの一代消滅!??


 2020年7月にタイで世界初披露され、同時に発売を開始した、トヨタの新型クロスオーバーSUV「カローラクロス」。徐々に導入国を広げていく計画だが、2021年秋に日本にも導入されることが濃厚との情報が出ている。

 そんな新たなライバルの上陸で注目されるのが、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」だ。かつては絶好調の売れ行きを見せていたが、最近は身内に人気SUVが続々登場したあおりを受けて苦戦が続いている。

 台数の伸びない車種の統廃合を進めているトヨタにあって、名門車「クラウン」ですらその存続が危ぶまれている現在。そうなると「C-HR」の消滅の可能性もあり得るのではないだろうか!?

 販売現場での取材でわかったC-HRの厳しい現状と、C-HRが生き残るために求められる変化とは何か? 考察していく。

文/遠藤徹
写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】トヨタ内での競合車になること間違いなし! C-HRとカローラクロスを一挙比較する!


■上陸濃厚のカローラクロスはC-HRとバッティング!!

 2021年秋、カローラシリーズのSUV「新型カローラクロス」が日本にも導入されることが濃厚になっている。パワーユニットは海外バージョンでは1.8LガソリンNA&同ハイブリッドを搭載しているから、日本仕様も同じと思われる。

トヨタのデザインアイコンであるキーンルックを採用し、2016年12月に登場したグローバルモデル「C-HR」。思い切ったクーペデザインでSUVの新境地を拓いた
2020年7月にタイで初公開されて発売された「カローラクロス」。パワートレーンは、1.8L直4エンジン+モーターのハイブリッド(リダクション機構付きTHS II)と、1.8L直4ダイナミックフォースエンジンの2本立て

 しかしながら、同クラスでは同じSUVジャンルである「C-HR」が存在するので、こちらとの棲み分けがどうなるかというのが課題となる。C-HRのパワーユニットは1.2Lターボと1.8Lハイブリッドで重なる部分が多い。

 コンセプト的には、C-HRがスタイリッシュなスポーツクーペで、カローラクロスはオーソドックスなSUVシェルで後席や荷室の広いレイアウトだから、遊びグルマとしては向いている。

 C-HRはスタイリッシュで走りに振ったデザインであるから、好みや使い勝手でユーザー分けをする形になるだろうが、実際はそううまく行かないのが実情である。

 C-HRが発売開始されたのは2016年12月14日だった。当時はスタイリッシュで個性的なデザイン、走りのポテンシャルの高さ、燃費のよさが受け、月販1万台前後売れ、登録車の銘柄別登録ランキングのベスト10の圏内をキープし、SUVジャンルではトップセラーに浮上したほどだった。

 ところが、その後2019年4月10日に「新型RAV4」、11月9日にダイハツからOEM供給した「ライズ」、2020年6月17日に「新型ハリアー」、8月31日に「ヤリスクロス」などの新世代SUVが相次いで発売になったことで、C-HRの販売は激減している。

 2020年1~10月の登録実績は2万9269台で前年同期比37.7%減、月販平均2927台となっている。10月の車名別販売ランキングは22位であり、当初の常時ベスト10の圏内にあった時に比べると雲泥の差となっている。

■ライズなど登場でさらに減速! 終売のジュークに見るC-HRとの共通点

 首都圏にあるトヨタ系列店の営業担当者によると、「C-HRはライズやヤリスクロスが発売になってから、売れ行きの低迷が目立つようになった。両モデルよりも上級に位置づけられ、クオリティや走りのポテンシャルも高いので、クラスが違うわけだが、クーペスタイルのため後席や荷室スペースは両モデルよりも狭い。遊びグルマとしては不向きな面があるので、売れ行きが悪くなっている」と指摘する。

2020年8月31日に発売されたトヨタ「ヤリスクロス」。販売台数でランキングでは「ヤリス」にまとめられているが、2020年10月のSUV販売台数は6900台で、ライズ、ハリアーに続く3位という人気ぶりだ
コンパクトSUVとして圧倒的な人気を誇っているトヨタ「ライズ」。ヤリスクロスよりもひと回りコンパクトなサイズ感で、セカンドカーとして利用されることが多い

 これに、ほぼ同クラスの「カローラクロス」が発売になったらどうなるか。室内が広く、荷室スペースもたっぷりあり、そのうえクオリティ&走りのポテンシャルも同格ないしはそれ以上だから、そうなるとC-HRの存在価値がますますなくなり、場合によっては生産中止に追い込まれる可能性もありそうだ。

 両モデルが併売になる場合、同じクラスではあるが、カローラクロスはオーソドックスなSUVボディシェルで背が高く、室内も広いのでレジャービークルとしての使い勝手を重視するユーザー向け、これに対してC-HRは背が低くスタイリッシュだから、かっこよさと走りを重視するユーザー向けに売って行くというコンセプト分けで対応するに違いない。

こちらは「カローラクロス」の室内空間。後席が狭いと評価を受ける「C-HR」に対して、後席とラゲッジスペースが広くとられた実用性の高さは魅力だ

 しかしながら、ライズやヤリスクロスの投入に生じた現象のように、C-HRの売れ行きは一段と落ち込む確率は高くなる可能性がある。発売後4年が経過しているが、SUVの世代交代にはあと2年あり、フルモデルチェンジするとすれば2022年末あたりであり、あと2年でどれだけ売れ行きが落ち込むかもC-HRの運命がどうなるかに関わってくるだろう。

 SUVのトレンドは大きく分けるとふたつある。ひとつはオーソドックスなSUVシェルでレジャービークルとしての使い勝手のよさ、もうひとつはより乗用車に近い背が低めでスタイリッシュなクーペシェルである。

 クーペシェルは「C-HR」やマツダの「MX-30」などがあり、生産中止になった日産の「ジューク」もこちらに属するといえる。最近のトレンドは明らかにクーペシェル志向のトレンドは脇役になり生き残るのは難しい状況になっているのかも知れない。

 オーソドックスなSUVはシティ走行向きの2WDメインとラフロード志向派の4WD主役とふたつがあり、両方ともマーケットニーズが高い。4WD中心は、トヨタ「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」「RAV4」、日産「エクストレイル」、スバル「フォレスター」「XV」があり、2WDはこれ以外の車種である。

次ページは : ■販売現場が明かしたC-HRの追い込まれた現状

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ