ヤリスクロス販売絶好調で納期は半年!! はやくも中古車登場の謎

 売れ行き絶好調! トヨタが送り出した人気SUV「ヤリスクロス」に謎の現象?

 トヨタがコンパクトSUVの新型ヤリスクロスを発売したのは2020年8月のこと。以来、販売は絶好調で瞬く間に人気モデルの仲間入りを果たした。

 そうしたなかで当然、納期も延びているのだが、いっぽうで早くもヤリスクロスの中古車が出回っているという。果たして本当なのか? そうだとしたらどのような事情があるのか?

文:渡辺陽一郎
写真:トヨタ、スズキ

【画像ギャラリー】ヤリスクロスは未使用中古車と新車のどちらがお得?


■販売絶好調のヤリスクロス

ヤリスクロスの販売台数が絶好調

 最近はコンパクトなSUVの人気が高い。なかでも特に注目されるのがヤリスクロスだ。2020年8月31日に発売され、トヨタによると9月末の受注台数は3万9000台に達していた。1か月の販売目標になる4100台を大幅に上まわった。

 受注ではなく、実際に登録された台数は、2020年9~10月は1か月当たり7000台弱だ。日本自動車販売協会連合会の集計する登録台数では、ヤリスクロスやGRヤリスをコンパクトカーのヤリスに含めているが、別々に集計するとヤリスクロスは7000台弱になる。

 ちなみに2020年9~11月の国内販売総合1位はヤリスとされるが、一般的な認識では、ヤリスとSUVのヤリスクロスは別のクルマだろう。別々に集計すると、ヤリスの順位は下がり、N-BOXが従来と同じく国内販売の総合1位になる。

 それだけにヤリスクロスの7000台弱という登録台数は、それなりに多くフリードやプリウスに匹敵する。そこでトヨタの販売店にヤリスクロスの納期を尋ねると、以下のように返答された。

 「2020年12月上旬に注文をいただいて、納車されるのはノーマルエンジンが2021年6月、ハイブリッドは7月です。生産能力を超える注文をいただいたので、正月休みも含めると、納期は半年以上です。今後は2トーンボディカラーも伸びる可能性があります」

 ヤリスクロスの納期は長く、注文してもかなり待たされそうだ。それなのに中古車のウェブサイトには、ヤリスクロスが相応に掲載されている。

 発売が2020年8月31日だから、登録時期は2020年9月以降だ。新車として登録されてから、3か月以内の車両が中古車になることは通常では考えにくい。走行距離も大半が20km以下で、10kmを下まわる車両も多い。納車のために動かした程度だから、どのような素性の車両なのか、中古車販売店に尋ねた。

販売店によると、2020年12月時点でハイブリッド車の納期は7か月にも及ぶという

■さっそく中古車が出回り始めた理由とは?

 「新車の販売会社から卸した車両を並べています。ヤリスクロスの受注開始直後に、注文を入れた車両です」

 「ヤリスクロスは納期が長いので、即座に購入したいお客様は、このような実質的に未使用の中古車を検討されます」

 「またヤリスクロスのような新型車を店頭に並べておくと、お客様の注目度も高まります。新型車も買える中古車店という意味で、店舗のイメージアップにも繋がります」

 ヤリスクロスの登録済み未使用中古車には、新車の販売店で買うのに比べると、納期を約半年間短縮できるメリットがあるわけだ。例えば2020年12月下旬に愛車の車検期間が満了するユーザーは、新車の販売店でヤリスクロスを買うと、約半年間のために車検を取ったりする必要が生じる。

 しかし登録済み未使用中古車を購入すれば、12月中に納車されるから、愛車の車検を取る必要はない。今まで使ってきた愛車は、その中古車店に下取りさせれば、車検を取り直す費用や手間を省ける。

 つまりヤリスクロスの納期を短く抑える必要のあるユーザーには、登録済み未使用中古車を選ぶメリットが生じる。中古車販売店でもこの事情を認識しているから、ヤリスクロスの中古車はあまり安くない。

 また実質的に未使用でも一度登録された中古車だから、3年間/6万kmといった新車保証を受けるには、「保証継承」の手続きが必要になる。このほか法定外諸費用なども、新車ディーラーと中古車販売店では異なる。

 従って登録済み未使用中古車を購入する時には、すべての出費が記載された見積書を入手して、新車の販売店と比較検討してから判断したい。

 特にローンを使う時は注意が必要だ。金利には差があり、新車の販売店であれば、月々の返済額を抑えられる残価設定ローンも利用できる。販売促進のために、残価設定を中心として、新車販売店で使えるローン金利は安い。

 新車の購入に比べると、中古車のローン金利は概して高い。そこで新車と中古車の両方で使える銀行や信用金庫のマイカーローンを利用する方法もある。銀行や信用金庫は審査が厳しい場合もあるが、金利を中古車販売店と比べると概して安い。

■年末年始に中古で買う場合は年式に注意

残価設定ローンの見積りをヤリスと比べると、価格はヤリスクロスが高いのに、月々の返済額がヤリスよりも安くなる場合がある。ヤリスクロスは新車で購入したほうがお得ともいえる

 年末/年始に購入する時は、年式にも注意したい。例えば2021年に入ってから登録済み未使用中古車を購入した場合でも、その車両が新車登録された年月は、2020年になっていることがある。

 長く使うなら問題ないが、例えば2023年に売却するとなれば、2020年式と2021年式では売却額に大きな差が生じる。クルマの査定には年式が影響するからだ。登録済み未使用中古車を買う時も、登録年月が前年になっていないか注意したい。

 同様のことは年末のボーナスフェアにも当てはまる。購入して短期間で売却するなら、2020年12月に買う(登録や届け出を行う)より、値引きが多少減っても2021年に購入して、高い金額で売却した方が最終的にトクすることもある。

 このように考えると、結局は最も条件の良い3月決算フェア(最近は1月下旬から決算商談を開始している)で買うことになるのだ。

 以上のように一般的な損得勘定でいえば、ヤリスクロスは新車の販売店で買うのが良い。特に残価設定ローンを使う場合、ヤリスクロスは契約期間満了時の残価率(新車価格に占める残存価値の割合)を高く設定しているから、月々の返済額を少なく抑えられる。

 例えばヤリスとヤリスクロスで残価設定ローンの見積りを比べると、価格はヤリスクロスが高いのに、月々の返済額は、残価の違いによってヤリスよりも安くなる場合がある(ヤリスに装備を加えて価格差が近付いた時など)。こういったメリットが得られるのも、新車販売店の特徴だ。

 その代わり新車販売店でヤリスクロスを買うと、納期が約半年と長い。この短縮をねらうなら、登録済み未使用中古車を検討する方法もある。

■ヤリスクロスだけじゃない!!新車価格を上まわって流通した中古車たち

ジムニーの納期は短くても10ヶ月。未使用中古車が新車より高値で流通することも珍しくない

 納期の長い車種としてジムニーも挙げられる。販売店によると「納期は今でも長いです。2020年12月上旬に契約して、納期は10か月から1年を要しています。ジムニーシエラも、一時的に短くなりましたが、今はジムニーと同程度に戻りました」という。

 そこで現行ジムニーの届け出済み未使用中古車を、新車価格を上まわる金額で販売している中古車店も見られる。

 納期が長く、新車価格を上まわる中古車が出まわるのは今に始まった話ではないが、いずれも「市場の混乱」といえるだろう。商品がメーカーの定めた価格を超える金額で流通して、ユーザーが過剰に高い負担を強いられているからだ。

 1990年にNSXが発売された直後も、納期の遅延に陥った。ホンダの一部からは「ウチのクルマも遂にプレミアム価格が付きました」と喜ぶ声が聞かれた。「手の届かないところで価格が乱れているのだから、喜ぶ前に、納期を短縮すべきでしょう」と申し上げた記憶がある。

 一部の海外ブランドが取り扱う超絶的に高価な少量生産車は、納期が多少遅延しても市場に大きな影響は与えないが、日本のトヨタが製造するヤリスクロス、スズキのジムニーとなれば話は変わる。ユーザーを困らせ、市場を混乱させないよう、需要に応じた生産と供給体制を整えるべきだ。

【画像ギャラリー】ヤリスクロスは未使用中古車と新車のどちらがお得?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ