意外な調査結果で判明 かつての常識「暖機運転」はもういらない?

意外な調査結果で判明 かつての常識「暖機運転」はもういらない?

 寒い冬の朝にクルマのエンジンを始動した後、みなさんは「暖機運転」をしていますか。

 その昔は、必須といわれた暖機運転ですが、「最近のクルマは必要ない」ともいわれます。近年増えているハイブリッド車は、発進時はモーター駆動となるため、イグニッションをオンにして待っていても、エンジン全体へエンジンオイルを行き渡すという「暖機運転」はできません。

 しかし、なんとなく「やっておいたほうがいいのかも」と思っている方も多いはず。暖機運転は、本当に、もう必要ないのでしょうか。

文:吉川賢一
写真:写真AC、TOYOTA、トビラ写真(Adobe Stock@tkyszk) 資料:独立行政法人 環境再生保全機構

【画像ギャラリー】冬に発生しやすいクルマのトラブルTOP10をギャラリーでチェック!!


「暖機走行」でOK

 そもそも暖機運転は、エンジン全体へエンジンオイルを行き渡すことによるエンジンの保護を目的として行われていました。しかし部品ひとつひとつの精度が向上した現代では、「暖機走行(ゆっくりと走ること)でよい」という流れになっています。

 なぜなら、エンジンをかけてアイドリングをしている状態では、エンジンの暖機にはなっても、クルマ全体の暖機にはならないからです。暖機が必要なのは、エンジンだけではありません。ミッション(ミッションオイル)、デフ(デフオイル)、ブレーキ、ハブベアリングやドライブシャフトのグリスなどは走ることで、徐々に「冷え」が解消していきます。

 そのため、エンジンをかけたあとは待機する必要はなく、ゆっくりと走り出して運転をしていればよい、というのが、現代の一般的な考え方です。筆者もその考えでいます。

エンジンをかけたあとは待機する必要はなく、ゆっくりと走り出して運転をしていればよい、というのが、現代の一般的な考え方だ PHOTO/写真AC@ミックモン

 また、自動車のオーナーズマニュアルにも「停車しての暖機は基本的に不要」と明記されています。例えば、日産車の場合は「長期間、車を使用しなかったときや極低温のときは、数十秒の暖機運転を行なってから走行を開始してください。それ以外の場合はエコドライブのため、エンジンを始動したら、すみやかに走行を開始してください」と、記載されています。

 自動車メーカーでは、極低温から高温地帯まで、あらゆるシチュエーションでシミュレーションを行い、エンジン開発エンジニアが念入りに燃焼プロシージャ(手順)をチューニングしています。そのため、クルマ任せにしておけばよく、特に我々が暖機を気にする必要はありません。

寒冷地などの環境や、氷点下での朝一の時間など、フロントガラスが凍っているような状況であれば、エンジンをかけてフロントウィンドウの氷を溶けるまで暖機するのはOK (PHOTO/写真AC@丸岡ジョー)

暖機運転は、CO2排出量を増やすことに

 自動車メーカーが「暖機運転は必要ない」とする背景には、部品の精度向上以外にも、こんな理由があります。

 独立行政法人の環境再生保全機構が、出発前の暖機運転有無により、NOx、PM、CO2の排出量に与える影響を調査しました。試験車はガソリン車2台、ディーゼル車2台。いずれも12時間エンジンを停止した後に、暖機運転を行った場合と行わなかった場合で、走り出してから停止するまでの走行時間と速度での排出量を比較。

 その結果、ガソリン車、ディーゼル車それぞれで「どの車種においても、暖機運転を行わない方がNOx、PM、CO2の排出量は低減する」ことが判明。大気汚染物質の排出量は、ガソリン車のCO2は約6%低減。ディーゼル車では、NOxが約9%、PMが約8%、CO2が約14%も低減しました。

 走行する過程で、エンジン制御によって適切な排ガス処理が行われているため、「暖機無しの方が、燃費が良い」という結果になったと考えられます。また、「5分間暖機運転をするとガソリンを約0.16L消費する」という結果も得られました。

図は、暖機運転有無別の走行イメージ 試験は公定モード(ガソリン車JC08モード、ディーゼル車JE05モード)でそれぞれ1回ずつ実施した ちなみに、JC08モードには、暖機前にスタートするコールドスタートも条件に入る JE05モードもほぼ同等の走行条件だ(独立行政法人 環境再生保全機構の資料より)
そしてこの図が暖機運転をしなかったことによる平均低減率だ この結果だけを見れば、暖機運転はむしろ環境負荷が大きい、という結果となる(独立行政法人 環境再生保全機構の資料より)

 環境性能に厳しくなっている近年のクルマにおいて、「CO2排出量の削減≒燃費」の数値は、0.1km/Lでも下げたいところ。それなのに、暖機運転でCO2排出量が増えたり、クルマが1ミリも移動せず貴重なガソリンを消費するなんて、自動車メーカーとしては、我慢ならないことです。

 試験車両の台数が少ないため、どのクルマでも必ずこうなるとはいえませんが、暖機運転は、長くなればCO2排出量を増やしてしまうことになる、と頭に入れておいたほうがよさそうです。

次ページは : ひと呼吸するくらいでOK