ミツオカが送り出すグランエースの最新霊柩車が登場!! 今どき最期の見送りもデラックスに!


■時代の流れが霊柩車に変化をもたらす

 圧倒的に搬送車が多いのは、2020年に発売した寝台霊柩車「プレミアムフュージョン」の好調にあるという。その理由は、お亡くなりになった方の高齢化で、家族葬が増えたこともひとつだ。

 現役を離れて10年以上となると参列者の数も少ない傾向にあり、ご葬儀自体が小規模化しているようなのだ。家族だけとなると、豪華な霊柩車まで必要ないと考える方も少なくない。そのため、葬儀業者も費用を抑えるべく、搬送車と霊柩車の共用できる寝台霊柩車を選んでいる。

 プレミアムフュージョンは、つまり搬送車を豪華にしたもの。大型ワゴンのアルファードをベースに、最小限の架装に留め、価格も抑えている。アルファードなので、見た目の贅沢さも感じられ、霊柩車としても十分な素質を備えている。

光岡自動車・アルファードプレミアムフュージョン。内装は木目パネルとレザーで、外観と合わせて高級感が漂う。なお、パネルとレザーは色を選択でき、雰囲気を変えることもできる

■新たな声から生まれた「エボリューション」

本稿の題名にも入っている『エボリューション』。光岡自動車は市場の声に耳を傾け、一歩進化した「お見送り」の形を提案した

 新型霊柩車『グランエースエボリューション』は、ひとりの葬儀業者の相談がきっかけとなった。

「最近、家族葬だけでなく、病院などから直接火葬場へとお送りする直葬も増えてきた。また老人ホームなどで亡くなった方は、施設に葬儀を行えるスペースがなく、やむを得ず直接火葬場にお送りするケースもある。ただそれではあまりにも寂しい。移動式の葬儀が行える車両があるとよいのではないか」

と新たな霊柩車の形を提案されたという。

 そこで光岡自動車では、棺を納めるスペースの横に遺影などを飾る祭壇スペースを備えた車両の開発に取り組んだ。グランエースを採用したのは、単にベース車のままで棺が収まるだけでなく、背が高いことでお別れをしていただく際に、参列者が窮屈さを感じさせず、立ったままの姿勢でお別れできるように配慮したためだ。

 2020年11月に開催された葬儀業者向け展示イベント「エンディング展」で、グランエースエボリューションが初披露。展示車を見た関係者に、祭壇にもあるスペースを設けた理由を説明すると、前向きに検討したいという声が多かったという。

 小さな祭壇を設けることで、参列が難しい老人ホームなどの友人とのお別れ、自宅や勤務先など故人の所縁のある場所への立ち寄りなど、喪主に故人供養のために新たな提案できるのが、よいと評価されたという。

次ページは : ■霊柩車でも定価を表示!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ