信号待ちのヘッドライト 消すべき? つけておくべき??

信号待ちのヘッドライト 消すべき? つけておくべき??

 夜に信号待ちをしているときにヘッドライトを消す、いわゆる「思いやりライト」。周りのクルマに配慮した運転をしているかたは、実践しておられることでしょう。

 信号で先頭になった場合だけでなく、2列目以降でも、近年は、明るいLEDライトの普及もあって、ルームミラーに映る後続車のライトが眩しく感じることが多くなっています。特に、最近流行りのSUVは車高が高いためにライトの位置も高く、ライトを消して前走車に配慮するかたも多いようです。

 このように、昨今マナーとして定着しつつあるように感じる思いやりライトですが、ライトを消すことによるリスクもあります。今回は、「夜間の信号待ちで、ヘッドライトは消すべきか、つけておくべきか」について、考えてみたいと思います。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、SUBARU、Peugeot、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】個性的なヘッドライトのクルマたち


マナーと法規を混同してはならない

 道路交通法では、「車両等は、夜間、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない(第五十二条)」とされており、原則として、夜間の信号待ちであっても、ヘッドライトを点灯させることが義務付けされています。

夜間の交差点でヘッドライトを消している中央のタクシー こうしたシーンはよく見かけるだろう

 また、国土交通省が定める「道路運送車両の保安基準」において、ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」、ハイビームは「走行用前照灯」。使用方法についても言及されており、「対向車や前走車が存在する場合にはロービームを使用すること」とされています。

 つまり、信号待ちであっても、ヘッドライトは点灯させておかなければならない、というのが法規であり、信号待ちでヘッドライトを消す「思いやりライト」は、あくまでマナー(気遣い)です。

信号待ちで先頭になったからといって、ヘッドライトを消さなければならない法規はない 信号待ちでヘッドライトを消す「思いやりライト」は、あくまでマナー(気遣い)の範囲

「マナー」のために「法規」を破ってしまう可能性も

 しかしながら、平坦な交差点ならばまだしも、起伏がある交差点での信号待ちでは、対向車や後続車のヘッドライトは眩しいもの。再点灯さえ忘れなければ、消すのが「配慮」というものですが、しかし再点灯を忘れるのが、人間です。

 ヘッドライトを手動でオフしたのを忘れて再発進してしまうと、法令違反となるばかりでなく、対向車や右折待ち車、さらには歩道を渡る歩行者や自転車などを惑わせ、危険な目に遭わせてしまうリスクも。

 また、対向車や前走車、右左折してくる車両に(暗い夜間でも)自車位置をよりはっきりと知らせるため、点けておくべきだと筆者は考えます。

 近年は、オートハイビーム(自動切換型前照灯)のほか、高級車には「(通称)アダプティブヘッドライト(ADB:Adaptive Driving Beam System)」と呼ばれる、瞬時にハイビームの照射位置や角度を、自動可変する装備が搭載されるようになりました。

 周囲のクルマの位置を把握するセンサーが搭載されてきたことによって、このような、これまではやれなかった、安全性を高める制御が可能となってきています。

 この流れを考えれば、もしかしたら、停止中かつアイドリングオフ時には、ロービームの光量を半分程度にするような、「自動で働く思いやりヘッドライト」が近いうちに開発されてくる可能性も大いにある、と考えられます。

瞬時にハイビームの照射位置や角度を自動可変する通称アダプティブヘッドライト 相手のクルマとの位置関係によって、照射位置が連続的に変化していく(写真はヤリスクロスのアダプティブハイビームシステム)

次ページは : 忘れるリスクを重要視するべき