地味だけど意外に良い!? 売れてないほうの「同門車」 密かな魅力


 相撲部屋に同門があるように、クルマにも同門がある。トヨタの全チャネル全モデル販売で、今後減少していく方向にはありますが、同じ車名でボディ形状が違う場合も含めれば、同門車が消えることはなかろう。

 同門と言えども、販売上はライバルであり、売れ行きには優劣がある。ただカーマニア的見地からすると、売れてない地味なモデルのほうがシブいんだけどなぁ、という場合は少なくない。

 今回はその「売れてない地味なほう」の魅力を発掘してみました! 野次馬のつぶやきみたいなものですが……。

文/清水草一
写真/MAZDA、SUBARU、DAIHATSU、TOYOTA、MITSUBISHI、NISSAN

【画像ギャラリー】「売れてるほう」の写真もあり! 目立たないけどいい味出してる「じゃないほう」のクルマを見る!


■ハッチバック“じゃない”ほう!? マツダ3セダン

マツダ3セダン/2020年11月販売台数:372台(ファストバック:同1006台)

 マツダ3と言えば問答無用にファストバック(5ドアハッチバック)。セダンの存在感はほとんどない。

 マツダ3ファストバックは、デザインへのこだわりが凄まじいが、それを際立たせているのは、リアピラーを中心としたリアセクションの処理である。

 マツダ3のデザインの魂はそこにある! セダンにはそれがナイ! マツダ3セダンって、わりと全然フツーに見えますから。

 ファストバックでは存在感バリバリのサイドパネルのインバース(凹み)も、セダンだとあんまり目立たない。ファストバックだとサイドパネル全体がひとつの彫刻のように見えるけど、セダンだとそこまでの一体感はない。

 マツダ3最大のウリはデザインだ。SKYACTIV-Xがスカだっただけに、デザインが頼りである。セダンの場合、そのデザインの存在感があんまりナイ! 結果、カーマニア的にもセダンの存在はほとんど無視されている。

 2020年1~11月の販売台数を見ると、ファストバック約13000台に対して、セダンは約5000台。セダン、意外と健闘してるんだね! でもまだ街で1台も見かけてない気がする……。やっぱ埋没してしまっているのでしょうか。

 でも、セダンにもいいところがある。使い勝手ならやっぱりセダンが上!

 ファストバックはデザイン命だけに、後席の乗り降りなど、若干不便なところがある。ラゲッジスペースも狭い。たったの334Lしかない。斜め後ろの視界も悪い。

 この美しいデザインのために、その程度の犠牲はしょうがない! と思いますが、使い勝手を重視すればセダン! 

 セダンなら後席の乗り降りはフツーだし、ラゲージ容量は450L。ファストバックのラゲージは横寸法がぜんぜん短くて、ゴルフバッグが横に積めないけど、セダンなら2個横積みできる! ゴルフ党なら断然セダン!

■存在は地味でも決して負けてない!? インプレッサG4

インプレッサ G4/2020年11月販売台数:236台(インプレッサスポーツ:同1289台)

 これまたG4(セダン)は、超絶地味な存在です。販売台数もスポーツの4分の1以下。XVまで含めれば、インプレッサ系の販売の10分の1にも達しておりません!

 でもね、少なくともスポーツとの比較で言えば、G4は決して負けてない。マツダ3ファストバックと違って、インプレッサスポーツってそんなにスタイリッシュじゃないでしょ? XVはカッコイイけど、スポーツは充分地味。つまり中途半端なんですよ!

 だったら、さらに地味なG4のほうがシブイ! そういう評価はできる。トランクがくっついてるぶん、ラゲッジだって広いし。いまどきこういう小型セダン自体貴重だしネ!

 G4なら、かつてWRCで大暴れした初代や2代目インプレッサWRXも彷彿とさせる……ことはないか、地味すぎて。

次ページは : ■販売はパッソの5分の1!? ダイハツ ブーン