もしやガラパゴス化? 使いにくいのになぜ左? 右ハンドル輸入車のウインカー位置のギモン


■国際規格に合わせない日本仕様だけ特別扱いはできない??

イギリス仕様のヤリスはもちろん右ハンドルだが日本仕様とは異なりウィンカーは左にある

 右ハンドルなのに左ウインカーである理由としては、「右ハンドル用の右ウインカーはコスト的に大変」という意見に触れることがあります。

 たしかに、ISOで規定されていない右ウインカーを造るのには、コストがかかります。しかし、部品の種類が増える程度ですので、何万円もコストアップするほどでもありません。

 輸入車メーカーとしては、「ISOという国際ルールに従わない日本のためだけに、右ウインカーを作る意味が見いだせない」、というのが本音なのではないか、と筆者は考えます。

 そしてこの件は、そっとしておいたほうがいい、というのが筆者の考えです。もし、ウインカーの位置を世界的に一本化する流れがおきたら、弱い立場のJISは、あっという間にISOにとりこまれてしまうからです。

 筆者は昨年、フランスメーカーの右ハンドルのマニュアル車を買いました。シフトノブとウインカーの操作をする左手が、ものすごく忙しいのに対し、ハンドルから手を放す必要がない右手は、ある意味「ヒマ」。最初は結構、面倒に感じました。

 AT車であれば、さほど苦痛に感じないかもしれませんが、もし、ISOに取り込まれてしまったら、(日本車すべてが)こういうことになってしまいます。

 そう考えると、「右ハンドル・左ウインカー」に対して、不平・不満を叫ぶりよりも、ひっそりと放っておく方が、我々日本人にとっては、都合がよいのかもしれません。

【画像ギャラリー】ウインカー出そうとしてワイパーを動かす輸入車あるある!! ちょっと悲しくなるアノ現象を生む「輸入車のウインカー位置」を真面目に考えてみる

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ