もしやガラパゴス化? 使いにくいのになぜ左? 右ハンドル輸入車のウインカー位置のギモン

右ハンドル仕様輸入車の謎!! ハンドル位置は右に変えてくれるのに、どうしてウインカー位置は左のままなのか!?

 輸入車に乗ると、誰もが一度は間違えるのが、ウインカーとワイパーの操作でしょう。筆者も度々やらかします。特に、メルセデス・ベンツのクルマは、右側のレバーがシフトノブになっているため、ウインカーを出そうとしてシフトを操作してしまい、冷や汗をかくことも。

 ウインカーの位置は、日本で売られている日本車はJIS(日本産業規格)に準拠し、「右ハンドル・右ウインカー」を採用しています。

 対して海外メーカーでは、ISO(国際標準化機構)の、「ハンドル位置に関わらず、ウインカーは左側」の規格に従っており、日本で売られている右ハンドル仕様の輸入車も、ほぼ左ウインカーとなっています。

 左側通行の日本にあわせて、ハンドルの位置は右にしてくれているのに、ウインカーは右のまま。なぜこのようなことになっているのでしょうか。

文/吉川賢一、写真/Daimler、AdobeStock

【画像ギャラリー】ウインカー出そうとしてワイパーを動かす輸入車あるある!! 「輸入車のウインカー位置」を真面目に考えてみる


■世界的に左側通行は少数派な存在

左側通行(右ハンドル)を採用する国は、世界では少数派だ

 現時点、左側通行を採用する国は、日本のほかに、香港、イギリス、タイ、マレーシア、インドネシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、ケニア、スリランカ、バングラディッシュ、パキスタンなど、およそ55か国ありますが、それでも世界の国に対しては、約4分の1程度と少数派。

 世界の主流は右側通行であり、例えば、人口大国であるアメリカや中国、ロシア、ヨーロッパ各国(イギリスを除く)など、そのほとんどは右側通行です。

 世界的に右側通行となった背景は諸説ありますが、有力と言われているのが、当時大国であったフランスの影響です。

 フランス地域でつかわれていた馬車では、馬を操る人が左側に乗っていたため、右側通行となってようですが、これが、ナポレオンの征服した地域や、陸地続きの多くの欧州大陸諸国、そしてその後植民地となった国にも影響していった、ということのようです。

 右側通行であれば、対向車とすれ違うときの距離感がつかみやすいよう、左側に運転手をレイアウトし、右側へはギアチェンジをするためのシフトノブを配置、空いている左手では方向指示器を操作、こうしたバランスのよいコックピットのパッケージングは、人が操縦する工業製品として、理に適っています。

 世界の大半の国で右側通行が採用され、右側通行であれば左ウインカーが適切。国際標準であるISOは、こうして決められたと考えられます。

■「左側通行右ウインカー」となったのは日本が島国だったから!?

90年代を席巻したベンツのW124など、輸入車でも右ハンドル仕様で右ウィンカーというモデルも存在した

 日本で初めて、「乗用車は左側通行するべし」と法律で決められたのは、昭和35(1960)年の道路交通法ですが、その法律が施行される前から、クルマの左側通行は行われていました。

 JAFの調査によると、道路の通行方法が最初に明文化されたのは明治14(1881)年、「人力車」に対してだったそう。

 警視庁の通達で、「人力車が行き合った場合には左に避けること」と明記されており、これが国内初となった、車両の左側通行の規定のようです。初代警察講習所長の松井茂氏の判断だったといいます。

 クルマや交通に関するルールが決まっていく際に、他国からの影響をそれほど受けずに、独自のルールがつくられたのは、日本が外国と陸でつながることのない、島国だったからなのでしょう。

次ページは : ■国際規格に合わせない日本仕様だけ特別扱いはできない??