ヤリスクロス? ライズ⁇ 両手に花か共喰いか トヨタ販売店はどっちを売りたい


 トヨタのコンパクトSUVであるヤリスクロスとライズが、2020年11月の登録実績で共に月販1万台を突破し、同ジャンルでの1位、2位を分け合っている。

 ヤリスクロスの販売台数は「ヤリス(ハッチバック版とGRヤリスを含む数字)」にまとめられるので一括りになるが、2020年1~12月の累計販売台数でも、1位ヤリス151,766台、2位ライズ126,038と、ワンツーフィニッシュという結果となった。

 どちらも大ヒットしているトヨタのSUV、これ、販売現場では「どっちを売ったほうがいいか」と競合になっているのではないか? 

 トヨタの営業マンは本音のところ、(ダイハツのOEM車である)ライズはそれほど売りたくない…なんてことを考えたりしないのか? でもそんな心境で「年間販売台数2位」なんて数字は達成できるのか??

 こうした販売現場の現状を、毎日ディーラーに通って情報収集を重ねる流通ジャーナリストの遠藤徹氏に伺った。

文/遠藤徹、写真/トヨタ、池之平昌信

【画像ギャラリー】年間販売台数ワンツーフィニッシュを獲得した「ヤリス」&「ライズ」をみる


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ