旧基準と顔ぶれ激変で実燃費に近づいた!? 新基準燃費ランキング ベスト10

旧基準と顔ぶれ激変で実燃費に近づいた!? 最新WLTCモード燃費 ベスト10

 日本でも総合燃費に加え市街地、郊外路、高速道路という3つのモードを持ち、より現実に近い世界的な燃費計測方法となるWLTCモード燃費がほとんどのモデルのカタログに記載されるようになった。実はこれにより低燃費車ランキングの上位も大きく変わった。

 そこで、本稿では日本車のWLTCモード燃費ベスト10をまとめ、旧基準のJC08モードから新基準のWLTCモードへの変更で、どれだけ燃費値が変わったのか? カタログ燃費と実用燃費の差なども含めて考察してみたい。

文/永田恵一、写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】ベスト10に続く車種は? 新基準燃費ベスト15! 全車の写真を見る


■新基準モード燃費ベスト3は旧基準時代と大きく変化!

新基準のWLTCモード燃費で見事トップとなったヤリスハイブリッド。プリウスやアクアなど同門のエコカーも上回る低燃費モデルに

●1位:トヨタ ヤリスハイブリッドX(2WD)/36.0km/L
 ヤリスのハイブリッドシステムは、遊星歯車を使った動力分割機構によりエンジンの力を発電用モーターとタイヤを駆動するぶんに振り分け、EV走行を含むモーター駆動もおこなうという基本的な考え方は、初代プリウスから変わっていない。

 しかし、新開発の3気筒エンジンの搭載による熱効率の向上や、充放電性能に優れるリチウムイオンバッテリーの搭載などの積み重ねにより1.5Lエンジンを搭載するハイブリッドとしてはアクアに対し約20%の燃費改善を実現。

 ハイブリッドカーでここまで燃費が良くなれば、長期的に見た総合的なエネルギーを使用する効率も世界トップクラスと断言できる。

●2位:プリウスE/32.1km/L
 ヤリスハイブリッドに首位は譲ったものの、プリウスの燃費も依然素晴らしく、燃費にキャビンとラゲッジスペースも加味した総合力はヤリスハイブリッド以上ともいえる。

 ただし32.1km/Lという燃費は、燃料タンクを5L小さくするなどした無理もある軽量化などを行った燃費スペシャル&廉価版の「E」グレードのため、現実的なWLTCモード燃費は「S」グレードの30.8km/Lとなる。

 それでもWLTCモード燃費ランキングの順位は3位に下がるだけと、プリウスの凄さは変わらない。次期モデルではヤリスハイブリッドのように燃費と動力性能のバランスがより高次元となることを期待したい。

●3位:ヤリスクロスハイブリッドX(FF)/30.8km/L
 ヤリスハイブリッドと同様の1.5L・3気筒ハイブリッドを搭載し、SUVとしては圧倒的な燃費を実現。また、ヤリスクロスハイブリッドには4WDもあり、トラクション(駆動力)を高めるトライアルモードを備える点も特徴となっている。

■新基準燃費4位~7位 トヨタ車以外の最上位は?

燃費に関してはトヨタHV勢の強さが目立ったなか、e-POWERを一新した新型ノートもここでランクイン

●4位:プリウスPHV(15インチタイヤ仕様)/30.3km/L
 日常ユースでは電気自動車としても使用可能なプリウスPHVは重量増などによりハイブリッドカートしての燃費はプリウスに僅かに劣るが、給電機能やスタイルを含めたクルマ自体の質感向上といった魅力も持つ。

●5位:カローラスポーツハイブリッドG、G“X”/30.0km/L
 プリウスと同じ1.8Lハイブリッドを搭載。プリウスに対し燃費は若干劣るが、5ドアハッチバックという点も含めたスポーツ性を備える。

●6位:アクアL/29.8km/L
 アクアの「L」グレードも、プリウスの「E」グレードに近い燃費スペシャル&廉価版的なグレードのため、現実的なWLTCモード燃費は「S」グレードの27.2km/Lとなる。

 アクアは、モデルが古いこともあり、コンパクトカーにおけるポジションが近いヤリスハイブリッドに対するアドバンテージは価格以外なく、ヤリスハイブリッドを選ぶかヤリスに対し若干上の車格になるといわれている次期モデルを待つのが賢明だろう。

●7位:ノートF(2WD)/29.5km/L
 新型ノートの「F」グレードも、燃費スペシャル&廉価版的な位置づけで、現実的なWLTCモード燃費は「S」と「X」グレードの28.4km/Lとなる。

 エンジンを発電専用に使いタイヤはモーターで駆動する電気自動車に近いe-POWERの静かでスムースなうえに、レスポンスよく俊敏な加速は大きな魅力だ。

次ページは : ■新基準燃費8位~10位 ホンダHV勢はここでランクイン!