これでスポーツモデルを作るべし!!? 素性のいい国産車 5選

 素性は抜群!! 今ないけれど、この車種なら素晴らしいスポーツモデルができる!?

 今のところスポーツグレードがラインナップされてはいないけれど、スポーツモデルを作れば絶対面白いのに! というクルマはあるもの。

 まぁあのトヨタでも車種体系の整理をどんどん進めている昨今、全てのモデルにスポーツを設定するのはムリなことはわかっているんだけど。でも、ちょっと気になる、あったらいいのになぁ! というモデルを素性が良く、スポーツモデルにうってつけの国産車から抽出してみた。気になるのは下記の5車種。

 で、実際どのようにしてスポーツモデルを作れば面白いか? 筆者なりに考えてみた。

文/松田秀士、写真/SUBARU、TOYOTA、編集部、MAZDA

【画像ギャラリー】本文未掲載含む全11枚! 素性の良い国産車 5選を写真で見る!!


■インプレッサスポーツSTIスポーツにS209のエンジン搭載を!

STI Sportも設定されているインプレッサスポーツだが、エンジンに手を入れれば手頃なサイズと相まって素晴らしいスポーツモデルができそうだ

 まずはインプレッサスポーツ。スポーツとタイトルが付いているのだから、スポーツ性を突出させたグレードを設定しても良さそうなもの。スバルの場合、特に全車種ほぼ共通のプラットフォームを採用しているのだから。

 つまり、WRX STIだって一世代前のプラットフォームとはいえ基本はフロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーンと同形式のサスペンション。さらにシンメトリカルAWDもセンターデフ等のシステムに違いはあれど、基本的に同じなのだ。

 インプレッサだって潜在能力高し。つまり、ちょっとしたプラモ作成感でラインナップ上から良いとこ取りをしてみてはどうだろうか?

スバル インプレッサ。スバルは全車種でほぼ共通のプラットフォームを採用しているので、スバル内でプラモデルのように部品を流用して作り上げる

 まずシリーズ最強のSTI Sportをベースに考える。最強といえどもエンジンは直噴2.0Lの自然吸気ボクサーエンジン。まずこれを北米専用限定モデルのS209に搭載される2.5Lターボに乗せ替える。

 S209には群馬サイクルスポーツセンターで試乗したけれども、スゴイ速い!パワー最高!その出力345ps/44.0kgm(EJ25をチューン)と強力。ベースのSTI Sportは154ps/196Nmだから倍以上のパワーを得たことになる。

 ま、WRX S4に搭載されていた2.0Lターボでも良かったんだけど、排気量が大きいほどターボブーストが上がっていない極低回転域でのレスポンスがいいからね。このエンジンにはCVTのリニアトロニックがセット! というのが決まりだが、ここはやはり2.0Lターボ用の6速MTだ。

 そしてAWDのデファレンシャルシステムはAUTOとMANUALのチョイスが可能なDCCD(ドライバー・コントロール・センター・デファレンシャル)をセットする。パワートレーンとしてはもうこれで最強。

 次にホイール&タイヤだが、こちらは実績のあるWRX STI用をそのままキャリーオーバー。サイズは19インチ×8.5J/245 35 R19だ。ボディにはフレキシブルドロースティフナーはもちろんビルシュタインダンパー。スプリングはSTIオリジナル。

 そして電動パワーステアリングは新型レヴォーグのデュアルピニオンを移植。クイックで正確なハンドリングになるはず。

 とまぁ、ここまで書いたところでやり過ぎたな。しかし、ここまでやればベースのインプレッサから超越しすぎて面白いはず。いっそのことSTIのSシリーズのように限定モデルをSTIで開発するのが良いかもしれない。

■カローラツーリングは2.5HVに換装&E-Fourで4WDスポーツワゴンに!

写真は500台限定で昨年発売されたカローラツーリング「2000 Limited」。このサイズ感がスポーツ向き。2.5HVならさらにスポーティになる!?

 次にカローラツーリング。ワゴンとしてスポーティなサイズ感がジャスト!こちらもやはりエンジンに手を付ける。ハイブリッドモデルは燃費も良くて扱いやすいがパンチに欠ける。

 そこでカムリに搭載される2.5Lハイブリッドに換装。それもリアモーターを持つAWDのE-Fourだ。このハイブリッドは加速も良いが燃費も笑顔の優れもの。

 リアにバルクヘッド(隔壁)を持たないワゴンタイプは段ボール箱の蓋を開けたような構造。ゆえにボディ剛性の最適化を図ってこちらもフレキシブルドロースティフナーを装着。金属ボディは必ずしなるから、ダンピングさせることが重要なのだ。

 さらにTRD製メンバーブレースセット。ダンパー&スプリングは15mmローダウンパーツをTRDで開発。タイヤ&ホイールもTRDの18×7.5J/215 40ZR18。タイヤとフェンダー面一(つらいち)。エアロもTRDで固めてみよう。

 これならかなりスポーティに楽しめるハイブリッド・フライングワゴンが出来上がる。そうそうフロントシートはカローラスポーツのバケットタイプを装着しよう。コレ重要!

■RS消滅の新型フィットはクロスターベースで1.5ターボ搭載!

あえてベースはクロスターというのが松田氏のポイント。RSなき今、元気のいいフィットがほしい!

 続いてフィットだ。ハイブリッドではなくコンベンショナルなガソリンエンジンモデルをベースにしよう。やはりエンジンのホンダ。菅首相の2035年ガソリン車売らない宣言を引っ込めさせるような楽しいオンリーガソリンモデルである。

 ベース車両はSUVのCROSSTAR。フィットはサスペンションをしっかりと動かしてコーナリングするタイプ。最近のプジョー&シトロエン等にも共通する躍動感の高いサスペンションフィールのスポーツハンドリング。ならライドハイトの高いSUVがうってつけだ。

 そこでエンジンはシビックにも搭載される最新の1.5L直噴ターボに換装。トランスミッションはもちろん6速MT。しかもこのパワーをFFだけではトゥーマッチなのでAWDだ。サスペンションとエアロはホンダアクセスで真面目に開発してほしいのである。

 ローダウンはしない! しっかりとホイールトラベルのあるサスペンションで運転が楽しいガソリンSUVにしたい。

■新型ノートはオーテックベースでマーチ・ボレロの手法を!

写真は新型ノートオーテック。いずれNISMOがあるとはいえ、上質なオーテックベースでハイパワー仕様が出たら魅力的になること請け合い

 日産ノートはね、ニスモバージョンがあるので心配ご無用なんだけど、ボクはオーテックバージョンに期待したい。30台限定販売だったマーチ・ボレロA30の設計手法で新型ノートe-Powerをスポーツモデルに仕立ててほしいのだ。

 ノートe-Powerのモーターはリーフと共用なので、電気のマジックでいくらでもパワーは出せるはず。もちろんバッテリーやインバーターの性能アップは必須だろうし、そのパワーを受け止めるにはボレロA30で行った約90mmのワイドトレッド化はトラクション的にもルックス的にも萌えるスポーツになるはず!

■マツダ3は2.5ターボで東洋一のホットハッチに!

写真は2020年の東京オートサロンに出展されたMAZDA3 MOTORSPORTS CONCEPT。マツダ3のパワーユニットは1.5&2.0Lガソリン、1.8Lディーゼル、SKYACTIV-X。パワフルなエンジンがあればさらに魅力が増す?

 最後はマツダ3。もっとワイドなブリスター感アゲアゲのシルエットにしたいね。このデザインは低くワイドが映える。

 パワーソースは2.5Lターボでしょ! CX-5やCX-8に搭載されてるヤツ。このエンジン下から上までバツグンのレスポンスとパワー。特に高回転域の抜け感がたまらない。目指すは東洋一の、いや世界一のホットハッチ。

 もともとハンドリングが素直なクルマだから、ローダウンでしっとりと重みのあるステアリングフィールに仕立てる。そのためにはホイールのインチアップとタイヤの扁平化もキモ。

 自社ブランドにマツダスピードもあるがオートエグゼなど、アフターブランドを横断的に採用するなどマルチな混血スポーツにすると超ニッチなスポーツが出来上がりそうだ。

【画像ギャラリー】本文未掲載含む全11枚! 素性の良い国産車 5選を写真で見る!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ