現役ドライバーが語る!! 激減する利用客!コロナ禍でタクシー業界が直面している現実

 二度目の緊急事態宣言が発令され、再び深夜の繁華街から人が消えた。

 ここ数カ月、新型コロナウィルスの影響で春夏には普段の30%にも満たなかったタクシーの売上は「Go To トラベル」の効果もあってか徐々に通常に戻りつつあった。

「これならがんばれば何とかなるかも知れない」と今後の見通しがわずかに明るく見えた矢先の緊急事態宣言。希望から一気に絶望に落とされたダメージは収入だけでなく精神的にもかなり厳しいものとなった。

 最初の緊急事態宣言発令から約9カ月、2021年1月に2度目の発令を受け前回との違いや人の流れの変化、テレワークの普及などコロナ過が業界全体にもたらした影響を都内現役タクシードライバーの私が現場目線でリアルな現在のタクシー事情をお伝えしたい。

文/森吉雄一
写真/Adobe Stock(Savvapanf Photo ©@Adobe Stock)、TOYOTA

※森吉雄一:元全日本ジムカーナドライバー。引退後はドラテクだけでなく、車両の分析力・セットアップ能力を買われ、チューニングショップやパーツメーカーのデモカー開発やタイムアタッカーとしても活躍。現在の本業は都内タクシードライバーという生粋のプロドライバー

【画像ギャラリー】なんと高級セダンより人気!? これがJPNタクシーだ!


■営業車を凍結! 営業所はまるで解体屋に!?

 最初の緊急事態宣言発令時、私が勤めているタクシー会社の対応は早かった。休んでも一定分給料が支払される雇用調整助成金を利用して、例えば12出番のうち6日出番6日有給休暇という具合に従業員の出勤日数を減らし、普段2人ペアで使っている1台のタクシーを3~4人のドライバーで回すことで稼働を50%程度まで落とした。

 これにより残った営業車は車検を切りナンバーを返納し一時抹消(廃車)した。結果営業所にはまるで解体屋のようにナンバープレートがない車両がびっしりと並べられ、異常な雰囲気を醸し出していた。これは税金を含め少しでも維持費を安くするのが狙い。こういった出番調整や営業車の処理は各タクシー会社でそれぞれ違いがあり、中にはテレビでも話題になった全員解雇や完全休業とした業者もあった。

維持費低減のために車検一時抹消された車両が並ぶ様子は、まるで解体屋のようだったという (キャプテンフック@Adobe Stock)

 こうして都内を走るタクシーの台数自体が減ったことで、お客さんも少なくなったが、日によっては今まで以上に売上が伸びるケースも報告されている。

 この時点ではコロナ渦を乗り越えて行く上で非常に有効な方法だと思えたが、のちにこの手法が自分たちの首を絞めることになる。

 秋ぐらいから人の流れが活発化し、金曜日などはコロナ過前の売上に近づく日も多くなったため、ここぞとばかりに一気に営業車を再登録、フル稼働を始めたところで再び痛恨の緊急事態宣言。

 逆に金曜日はタクシーが多すぎて売上が下がってしまう現象が起きてしまった。ここで戦後からタクシー業界でスタンダードだった隔日勤務に変化が見られるようになった。

■タクシードライバーは独特の勤務形態

 ここで知らない方も多いと思うので、タクシードライバーならではの特殊な勤務形態を理解しておいて欲しい。

 標準とされるのは1日おきに出勤する隔日勤務と呼ばれ、約20時間の労働で基本1カ月に11~13日の乗務。営業車は2人1組のペアで使用し、仮に私が今日出庫して乗務すれば明日は相方が乗務するといった形で常に24時間クルマが走り続けるイメージ。

 ほかには一般の会社同様約10時間の労働で、基本1カ月で24日勤務する日勤(にっきん、半勤とも呼ばれる)があり、こちらは昼間私が乗務すれば夜に相方が乗務するという形態となりこちらも24時間クルマが走り続けることになる。

「え!? ちょっと待って。20時間労働ってどういうこと!?」という声が聞こえて来そうだがその理由は今回割愛させていただく(法律的に月262時間以内の拘束時間であれば問題ない)。

 緊急事態宣言下において、不要不急の外出や20時以降の飲食店の営業が任意ではあるが規制されたことで、22時から始まるタクシー営業のゴールデンタイムとされる深夜割増料金時間帯での売上は当然大打撃を受ける。だが、比較的朝の通勤時間から夕方にかけては、安定した売上が見込めるため隔日勤務から日勤に切り替える乗務員が増えてきた。

20時以降の客足が大きく減ったため、割増料金時間帯である深夜から日中狙いになってきた (ktktmik@Adobe Stock)

 私が勤務しているタクシー会社は、2021年1月の出番が6乗務6有給となっているから、日勤に切り替えると12乗務12有給となり月半分以上が休み、正直に言って「楽」になった。

 ただし収入自体も半減しているので、生活費が厳しい乗務員は各自空いた時間でウーバーイーツやアルバイトなどで食い繋いでいるというのが現状だ。

■高級車タクシーよりJPNタクシー!?

 当然個人タクシーにも大きな影響が出ていて、流しタクシーとしてほとんどお目にかかれなかったメルセデス・ベンツやレクサスなどの高級車を使った個人タクシーさえも固定客からの予約が減ってしまい、六本木などの繁華街で流しているのを頻繁に見かけるようになった。

 今まで個人タクシーのほとんどが長距離客を掴みやすい夜の営業だったが、今では21時を過ぎると極端にお客さんが減ってしまう。だから通勤客が見込める朝から流すなど、だんだん営業する時間帯も早くなってきているようだ。そうすると予想もしていなかった強力なライバルに行く手を阻まれることになる。それは「JPNタクシー(ジャパンタクシー)」だ。

写真は「JPNタクシー」。都市にも古い街並みにも合うようにデザインしているという

 タクシーといえばクラウンなど4ドアセダンのイメージだったが2017年に登場以来順調に台数を増やし現在都内を走っている7~8割以上(個人的体感)がこのJPNタクシー。

 最初はスライドドア開閉に時間がかかるなど乗務員には不評だったが、利用客からは乗り降りのしやすさや解放感、シートヒーターや照明など細かな勝手のよさから人気が急上昇、仮に前を走るセダンタクシーがいてもパスしてその後ろのJPNタクシーに乗るお客さんが増えている。

スライドドアの開閉が遅いなど不評もあるが、開閉開始スピードを向上するなど少しづつ改良されている (mochi@adobe Stock)

 以前ほとんどのお客さんは、とにかく一番最初に通ったタクシーに手を挙げていたのが、今では完全にタクシーが余ってお客さんが選べる状態なので前を走るレクサスタクシーをやり過ごしてJPNタクシーに手を挙げるなどの光景を頻繁に見かけるようになった。

 事実、同じ営業所内でもJPNとセダンでは売上に差が付いてきている。これもコロナ過の影響と言っていいかもしれない。

■コロナ禍を乗り越えた先にあるもの

 本来であれば夏に東京オリンピックが開催され、この年末も忘年会やら忙しい日々を送っていたはずが大きく予定が変わってしまった。

 確かに収入は少なくなったし、タクシー業は厳しいと言えるが逆に自由な時間は増えた。都内のタクシードライバーの平均年齢も60歳に近く高齢化しているが、業界全体でコロナに感染したという人はかなり少なく、換気や消毒をしっかりやれば私は安全な仕事だと思っているし辞めたいと思ったことは一度もない。

 近年増えすぎたと言われてきたタクシーだが、今はきっとふるいに掛けられているのだ。コロナ禍を乗り切った先にあるのは今までと違う世界かも知れないが、このまま個人タクシーを目指して進んで行こうと思う。

【画像ギャラリー】なんと高級セダンより人気!? これがJPNタクシーだ!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ