【6歳未満はクルマに乗る時は使用義務あり】タクシーでもチャイルドシートは必要か?

 2000年4月1日の法改正以来、シートベルトが適切に装着できない6歳未満(5歳まで)の幼児には、クルマに乗る際のチャイルドシートの使用が義務付けられている。

 しかし、チャイルドシートの使用義務については、タクシーやバスといった公共交通機関に該当するクルマなどの例外もある。

 当記事では改めてチャイルドシートについて確認しながら、例外となる公共交通機関を使う際に極力安全に子供をクルマに乗せる方法を考える。

文/永田恵一
写真/Adobe Stock、DAIHATSU、仙台市、編集部、Combi


■チャイルドシートの基礎知識

 シートベルトは、身長がおおよそ140cmを超えないとちゃんと装着できず、衝突時に首や腹部を圧迫する、抱っこなどでも衝突時にはとても子供を支えきれず重大な傷害を受けるため、シートベルトが装着できる体格に成長するまではチャイルドシートの使用が必要だ。

 なお、チャイルドシートを使用するべき子供に使わなかった場合の罰則は反則金こそないが、1点の違反点数が科せられる。

 チャイルドシートは大きく分けて新生児、生後15カ月まで用のベビーシート、生後15カ月から4歳頃まで用のチャイルドシート、6歳頃まで用のジュニアシートの3つに分かれており、子供の成長に従って体に合ったものを選びたい。

 また店舗や通販サイトを見ると、どれを選んでいいか分からないくらい多数流通しているが、安全に関わるものだけに定評ある有名ブランドのものを選んだほうが無難だろう。

 チャイルドシートを装着する位置はリアシート、ミニバンなどの3列シート車なら2列目が基本となるが、後方のスペースがない軽自動車などでは追突の際の安全性を考えるとリアシートが安全とも言い切れないこともある。

 そのため、クルマによっては衝突時にエアバッグとの干渉を防ぐために、助手席を最後方にスライドさせる、助手席エアバッグをオフにできる機能がある輸入車ならこの機能を使うなどして、チャイルドシートは助手席に装着するという選択もある。

 ちなみに、2018年にJAFが行った調査によるとチャイルドシートの使用率は66.2%と、チャイルドシートの使用の義務化が始まった頃に比べれば向上しているものの、決して高くないというのが実情だ。

 またチャイルドシートの装着と着座の仕方に関しても、装着は61.6%、着座も53.8%の不備があったとのことで、チャイルドシートを買った際には正しい使用方法を確認しておきたいところだ。

子どもの安全のためには、チャイルドシートの装着は必須だ

■チャイルドシートの使用義務がないケース、クルマ

●乗車定員内で、チャイルドシートが子供の人数分設置できない場合
 クルマの乗車定員は12歳未満の子供だと、1.5人で大人1人と計算される。そのため、8人乗りのクルマに大人1人が乗る場合、大人だとあと7人が乗れる。

 12歳未満の子供は10人(小数点以下切り捨て)が乗車可能となるため、チャイルドシートは子供の人数分ではなく設置できる限りでいい。

※1 チャイルドシート以前にシートベルトも人数分ないのに合法というのもいかがなものかと思うが、

●子供の健康状態や体格によってチャイルドシートが装着できない場合

●怪我をした子供を病院へ運ぶ、迷子の子どもを保護して警察署まで送るといった緊急的な場合

●チャイルドシートの準備が想定できないタクシーやバスといった公共交通機関

が挙げられる。

※2 親類や知人のクルマ、レンタカーの場合には、チャイルドシートの使用義務が適応される(レンタカーの場合は、予約の際に頼めば有料で用意してくれることも多い)。

■チャイルドシートが必要な子供とタクシーに乗る場合、安全に乗る場合どうすればいい?

出産後に、新生児を連れて公共交通機関で帰宅するのは、体力面、荷物の量、安全面などを考慮すると難しい。多くは自家用車かタクシーで帰るケースが多い

 子供が誕生し、タクシーで病院から家に帰るということも多々あるが、前述の通り、タクシーはチャイルドシートの使用義務はない。しかし、法規以前に安全のためチャイルドシートを使いたいというなら、いくつか方法はある。

[1] チャイルドシートを用意してくれるタクシーを予約する
 東京都内の大手タクシー会社などでは「子育てタクシー」などの名称で、保育実習やチャイルドシートの装着講習を受けた乗務員を指名できるサービスを行っているところもある。

 料金は、一例で1時間当たり11.5km以上の場合、メーター料金 + 送迎料320円 + 予約料420円 + 乗務員指名料1050円、チャイルドシートは1台目無料、2台目は520円となっている。

 納得できる料金だが、日本の将来を担う子供のことだけに、タクシー料金以外には何らかの補助があってもいいようにも思う。

[2] 持ち運びしやすいチャイルドシートを持参する
 思い浮かぶのはふたつだ。ひとつ目は「トラベルシステム」などと呼ばれるクルマ用のベビーシートを付けられるベビーカーを使う方法。ベビーカーを使う時期ならこれで対応できる。

 ふたつ目は、ジュニアシートの時期であれば、重さ700g程度で折りたためばカバンに入るサイズの携帯できる、簡易型のジュニアシートを使う方法。これなら本来のジュニアシートには及ばないにせよ、万が一の際の安全性は何もしないよりは劇的に向上する。

チャイルドシートを購入する際は、対象年齢をキチンとチェックしたい。例えば、こちらのコンビが発売している「F2plus + F2用トラベルシステムキット」は新生児から対応している。実勢価格約6万円

■バスの場合、どうするべきか?

 バスは特に路線バスの場合シートベルト自体がなく、子供と乗る場合の対策としてはできるだけ席に座ることと、ベビーカーを使う時期であればストッパーをかけて、固定ベルト(補助ベルト)を使うくらいしかないだろう。

 幼稚園バスに関してはシートベルトが付いているバスは少ないが、付いている場合にはシートベルトの装着を習慣付けたいところだ。

ベビーカーを写真のような位置に置き、2本の固定ベルトで座席に2ヵ所しっかり固定する。万が一のために、ベビーカーはしっかりつかんでおく。固定ベルトを貸してもらうために、ドライバーに「折りたたまずに乗せたい」と伝えることと、混雑状況などから折りたたまずに乗れるかの確認が大切だ
ベビーカーを折りたたまずにバスに乗せたい場合は、このマークが表示されているバスをお薦めしたい。ベビーカー利用者に配慮された車両設計となっている

 このあたりを考えると、最近はジュニアシートが付いたカーシェアというのもあるので、マイカーを使わないのであれば、子供が小さいうちはそういったものを利用するという手を考えるのもいいだろう。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ