トヨタのプチバン ルーミーが爆売れ中! 売れる理由はどこにある?


 2020年に新車として売られたクルマの37%が軽自動車だったが、コンパクトカーも25%前後に達する。毎月公表される販売統計を見ても、小型/普通車の上位には5ナンバーサイズのコンパクトな車種が並ぶ。

 このなかで注目されるのがルーミーだ。もともと好調に売れるコンパクトカーだったが、2020年の後半には登録台数が急増した。2020年10月は1万1487台を登録して、コロナ禍の影響もあるのに前年の約1.7倍売れた。

 設計の新しいヤリスが、ヤリスクロスの台数を除くと約1万台だから、ルーミーのほうが多かった。ライズの1万3256台に迫る。11月も9112台を登録して前年の1.3倍になった。12月は8792台で、これもライズの8912台に匹敵する売れ行きとなった。

 2021年2月5日に発表された2021年1月の販売台数は1万939台(対前年比176.6%)で2位に躍進、その勢いはとどまることをしらない。ちなみに1位は1万8516台でヤリスが1位だった。

 なぜルーミーがこれほど売れているのか? どこに秘密が隠されているのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、TOYOTA、SUZUKI

【画像ギャラリー】売れてるルーミーの魅力を写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ