水が冷たくてツラいけど! 冬だから気を付けたい洗車のポイント

水が冷たくてツラいけど! 冬だから気を付けたい洗車のポイント

 夏は雨が多く汚れが何かと付着しがちだが、冬も乾燥しているからと油断していると、土ぼこりが付着しやすい。

 しかも冬は、そこに霜や夜露などの水分が付着することで、塗装面のダメージとなりやすく、水が冷たくてもたまには洗車することが推奨される。

 今回は愛車を守るために、寒い季節でも洗車をしやすくするポイントや、気を付けたいことについて紹介していきたい。

文/諸星陽一
写真/Adobe Stock(pingpao@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】冬に洗車するなら、このポイントに気を付けろ!! をまとめてチェック

■寒すぎる時間帯は避けるべし! 洗車時に気を付けたい温度域とポイント

 寒い時でもクルマが汚れていたら洗車したいという気持ちの人もいますよね。さて、寒い時にはどのような方法で洗車すればいいのでしょうか? 寒い日といっても程度があります。どの程度寒いのか? によってその洗車方法も変わってきます。

 一般的に気温がプラス3~4℃程度になると、路面凍結が発生すると言われています。気温がプラスでも路面は0℃から氷点下となるため、凍結するというわけです。

水が凍ってしまうと洗車できなくなってしまう。暖かい時間帯を狙う、ぬるいお湯を使用するなどしてボディ表面で水分が氷結することを避けるようにしよう(noxnorthy@Adobe Stock)

 これと同じように、気温がプラスでもクルマのボディやガラスが0℃以下になってしまえば、洗車しようと水をかけた時に水が凍ってしまう可能性があります。かけた瞬間は凍らなくても、水が薄く広がった瞬間に凍ることも多く見られます。そういう意味では、はっ水系処理をしているボディよりも親水系処理をしているボディのほうが凍りやすいでしょう。

 筆者は冬の朝、ドアミラーに水滴がたくさん付いていて見えない時に親水スプレーをかけてしまい、一瞬にしてガラス面全体が凍り付いて役立たなくなったという経験があります。

 つまりボディにかけた水が凍るレベルの気温では、水による洗車そのものが不可能ということになります。とはいえ、お湯を用意して洗車すれば洗車は可能となりますが、自宅(マンションの自室)と洗車可能場所との距離や位置の関係によって、お湯を用意できるかどうか? は異なります。

 自宅駐車場でケルヒャーなどの高圧洗浄機を持っているとか、お湯の出る蛇口にホースをつなげるような場合は、冬場であっても容易に洗車ができてしまいます。また、ここまで恵まれていなくても、バケツにお湯を汲んで運べれば冬でも普通に洗車できるでしょう。大変なのはそうした状況ではない時です。

■夏は上から、冬は下から! 愛車を守るために知っておきたい洗車術

 となるとやはり役に立つのは洗車機とコイン洗車場ということになります。ブラシ式の洗車機はキズが心配という人はノンブラシ洗車という機械を選ぶといいでしょう。ノンブラシ洗車というのはその名のとおり、ブラシのない洗車機のことです。ブラシがないのにどうやって洗うのか? といえば、それは水圧で洗うのです。強い勢いで水を噴射して汚れを落とすという仕組みです。

 しかし門型の洗車機はブラシ式にしろ、ノンブラシにしろ、やはり凍結に弱いもので、温度が低くなる冬の夜などは使えないことよくあります。

洗車機は手軽に洗車できる利点があるが、基本的に上のみの洗車だ。オプション設定で下まわり洗浄を追加したり、あらかじめ手動でフロア下を洗ってから洗車機にかけるのがよい(PixPartout@Adobe Stock)

 また、門型洗車機のデメリットは、フロア下をしっかり洗えないことあります。じつは冬の汚れはかなりやっかいです。凍結の可能性がある道路では融雪剤として塩化カルシウムがまかれます。塩化物、つまり塩なのでクルマに付着すると錆の原因になるのです。

 融雪剤は雪が降る前に散布することで効果が高いとされているため、雪が降らなくても降りそうになるだけで道路にまかれてしまいます。ですので、雪が降らなくても融雪剤がボディなどに付着している恐れはあるのです。

 ボディはもちろんですが、フロア下はとくに早めにきれいに洗い流すことが大切なのです。フロア下に水を吹き付けるタイプもありますが、どうも少し勢いが足りない感じを受けます。

 そうしたなか、もっとも頼りになる存在がコイン洗車場でしょう。冬場に営業しているコイン洗車場はウォーターガンをちゃんと使えるようになっています。また、細かい場所を洗う時に使うためのお湯を10円~20円程度でバケツ1杯分購入できるようになっているところも多くあります。自分の家で頑張って洗うのもいいですが、冬こそコイン洗車場を上手に使うのが賢い方法といえるでしょう。

融雪剤を落とすためにも最初に下まわり掃除をしよう。ただし、高圧水を電装系のコネクタに直撃させないように注意が必要だ。水がコネクタの防水構造を乗り越え、悪さすることがある(Oleksandr Kozak@Adobe Stock)

 通常、洗車を行う際はルーフ、ボンネット、サイドパネル、タイヤ&ホイールと上から順番に洗っていくものですが、コイン洗車場の強力なウォーターガンを使う場合、とくに冬場は下から洗っていくのが基本です。下まわりにタップリと付着している融雪剤を含んだ汚れを落とした際に、それらが跳ね上がりボディに付着するからです。

 シャンプー洗車やワックス洗車を予定している時でも、下まわりやボディサイドの汚れがひどい場合はまずは水洗いを選んで、下まわり、ホイールハウス内、サイドパネル、グリル内、などを念入りに洗浄しましょう。そのあとに予定していたシャンプー洗車やワックス洗車を行ったほうがいいでしょう。

 汚れがひどくない場合は水なし洗車という方法もあります。スプレー式のケミカルをボディに吹きかけてタオルで拭き取るタイプや、ウエットティッシュタイプのものなどがあります。こうしたタイプは汚れがひどい場合や、砂などの硬いものが付着している場合などは気をつけて使わないとボディを傷つけてしまうことがあります。

 水なし洗車は、ボディがかなりいい状態でないとできないと思っていたほうがいいでしょう。水なし洗車ケミカルや水なし洗車用ウエットティッシュを使う時でも、汚れがついていたら水洗いを併用してある程度汚れを落としてから水なしアイテムを使うことをおすすめします。

水なしのスプレー式ケミカルなどはしっかり砂利を落としてから使用すべし。そうしないとタオルで拭き取る時、逆にボディを傷付けてしまう(Etaphop photo@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】冬に洗車するなら、このポイントに気を付けろ!! をまとめてチェック