脱ガソリンでハイブリッドはガラパゴス化してしまうのか!? 日本メーカーが開発を続けるハイブリッドの未来とは?


■磨かれたHV技術でEV化も容易となる

トヨタ ヤリスハイブリッド。HVの課題は内燃機関の高効率化だ。ひいてはそれがEV化への近道となる

 こういった新世代ハイブリッド勢に共通して言えることは、ハイブリッドは内燃機関の効率が良くならないとダメ、ということ。ヤリスハイブリッドを見るとそれが顕著なのだが、やはり新型の3気筒1.5Lエンジンが主で、パワコンやリチウムイオン電池は従。それらが合わさってのWLTC36km/L達成なのだ。

 そういう意味では、近視眼的にEVシフトを煽る経済メディアの言う「いまさら内燃機関に投資するのはアホ」という妄言を真に受けてはいけない。

 クルマが完全に電動化するまでの長い長い過渡期には、高効率な内燃機関と電動技術の組み合わせがCO2削減で重要な武器となるし、ハイブリッドを量産している自動車メーカーならEVへの転換は難しくない。

 ハイブリッドがガラパゴスと言いたい人には、そう言わせておけばいい。EVかハイブリッドかを選ぶのは、最終的には消費者なのだから。

【画像ギャラリー】プリウス、ノート、フィット……電動車はEVだけじゃない!! 日本が誇るHV/EVを見る!!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ