「80点主義」とは正反対!?トヨタらしくない尖った車 5選


■WiLLシリーズ

異業種合同プロジェクトとして発売されたWiLL Vi。横から見ると弧を描くような個性的なデザインだ

 トヨタ、アサヒビール、花王、近畿日本ツーリスト、松下電器産業(現在のパナソニック)は、1999年に異業種合同プロジェクトの「WiLL」を立ち上げた。アサヒビールは「WiLLスムースビア」、花王は「WiLLクリアミスト」、松下電器産業は[WiLL・PC」という具合に各社が「WiLL」を冠した商品をそろえた。

 トヨタはまず2000年にWiLL・Viを投入している。「かぼちゃの馬車」からイメージしたコンパクトなセダンボディは、横方向から見ると円弧を描くようにデザインされている。

 リアウインドウは、通常とは逆向きに傾斜させ、後席は狭いが外観を個性的に仕上げた。キャンバストップも用意している。プラットフォームは初代ヴィッツと共通だ。

 2001年にはWiLL・VSを投入した。外観はサイドウインドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げた。後方視界は悪いが、外観は戦闘機のように精悍だ。インパネも航空機をモチーフにしたもので、メーターはレーダー、ATレバーはスロットルレバー風の形状になる。

Viとは対照的に精悍なイメージに仕上げられたWiLL・VS

 プラットフォームはカローラと共通だが、エンジンは直列4気筒1.8Lだから、スポーティな運転感覚を特徴としていた。

 2002年にはWiLLサイファを投入した。プラットフォームはViと同じく初代ヴィッツと共通化され、丸みのある外観が個性的だ。通信機能に力を入れ、20年近く前のクルマなのに、ネットワーク接続を可能にした。

 この機能を使ってWiLLサイファは「P-way/走行距離課金型リース」を実施した。代表的なコースだと、月々のリース料金(税金なども含む)は5500円で、1km当たり45円を課金する方法だった。

 ただし、この設定だと、5年コースでもリース料金はわずか33万円だ。使われ方が1日当たり5kmの通勤や買い物だった場合、5年間/1825日でも9125kmに過ぎない。走行課金は約41万円だから、リース料金を加えても、5年間に税金まで含めて74万円しか払ってもらえない。

 また1km:45円では、片道100km/往復200kmのドライブに出かけると、それだけで9000円取られてしまう。そこにガソリン代などは含まれないから、安いレンタカーよりも割高になる。つまりリース料金が安すぎて、走行距離課金額は高すぎた。

 その結果、利用者はWiLLサイファの使用を控えるようになり、しかもトヨタカローラ店やトヨタビスタ店(現在のネッツトヨタ店)は「走行距離が短い人ほどオトク!」と宣伝を始めた。その結果、P-wayは短期間で終了している。

 トヨタらしくないクルマに加えて、トヨタらしくないサービスの失敗まで見受けられた。

■初代プリウス/1997-2003

世界初の量産ハイブリッド車となったプリウス。培われた技術は今もトヨタの根幹を支える

 ハイブリッドが大成功した今、初代プリウスは近年のトヨタ車の出発点のように見られるが、当時はトヨタらしくないクルマと受け取られた。なぜならトヨタは、新しいメカニズムには概して慎重な態度を取っていたからだ。

 例えば後輪駆動は、他メーカーがひと通り採用した後に手掛けている。ターボエンジンの搭載などにも比較的慎重であった。

 ところが初代プリウスは違った。エンジンとモーターを組み合わせる複雑な制御を1997年に市販車で実現させ、世界初の量販ハイブリッド車となった。しかも初代プリウスが採用したTHSの基本的な機能は、今でもトヨタのハイブリッド車にTHS IIとして生き続けている。

 初代プリウスは、トヨタの優れた先見性を明確に表現している。将来的に有望な技術だから、早い時期から力を入れて開発を進め、20年後の今日を支える基幹技術になっている。燃料電池車のMIRAIも、プリウスと同じ道を歩むに違いない。

次ページは : ■C-HR/2013~