なぜ三菱はコルトをやめてミラージュを復活させた?? “まじめ”な力作だけにもったいない!!


 「まじめ まじめ まじめ COLT」という宣伝文句のとおり、車作りも質実剛健! 三菱はミラージュを復活させ、なぜ佳作「コルト」をやめてしまった?

◆  ◆  ◆

 今は以前に比べてクルマの価格が全般的に高まり、コンパクトカーの販売比率が従来以上に増えた。2000年代中盤頃のコンパクトカー比率は小型/普通乗用車の約30%だったが、今は40%に達する。

 そして2020年には、ヤリス、フィット、ノート、ソリオという具合に、新型コンパクトカーが豊富に登場した。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も刷新され、各車とも売れ行きは好調だ。

 そのなかでいまひとつ伸び悩むのが三菱 ミラージュ。2020年の登録台数は、コロナ禍の影響を受けたとはいえ、月平均で185台に留まった。ヤリスは1万台少々(SUVのヤリスクロスを除く)に達してフィットも8000台を超えたから、ミラージュは圧倒的に少ない。

文/渡辺陽一郎 写真/MITSUBISHI

【画像ギャラリー】惜しまれて生産終了した三菱コルトと後継モデル 現行型ミラージュ厳選写真20点


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ