ミラージュよ甦れ!! 三菱の伝統コンパクトの系譜と今後はどうなる?

 ダウンサイジング需要により、再び脚光を集めている小さいクルマたち。主役となるのは軽自動車だが、ひとクラス上のコンパクトカーたちも大いに健闘している。

 しかも2020年は、カテゴリーをけん引するトヨタ・ヤリスやホンダ・フィット、そして日産ノートまでがフルモデルチェンジを迎え、市場も大きな刺激を受けた。

 その陰で、密かにビッグマイナーチェンジを実施したクルマがあった。それが三菱ミラージュだ。正直、地味な存在であることは否めないが、今や国産コンパクトの最古参でもある。それだけに名車も多く存在し、多くの人たちに愛されてきた。そんな歴史と伝統を振り返る。

【画像ギャラリー】40年の歴史を生き抜いた!! 歴代ミラージュの全貌を見よ

文:大音安弘/写真:三菱自動車


■革新的機構満載で三菱らしさ全開の初代

初代ミラージュはそのデザイン性も高く評価された。キリっとエッジの立ったデザインはそれまでの三菱車、そして日本車のイメージも変えるものだった

 ミラージュの世界初披露は、1977年の東京モーターショーが舞台に。その名は、フランス語で「神秘・ロマンチック・蜃気楼」を意味するという、なんともお洒落なクルマであった。そこには、これまでの三菱車のイメージを打ち破る狙いもあったのだろう。

 新しい3ドアハッチバック車のスタイリングは、流線型を意識した従来のものとは一変し、直線的を強調したものに。ボディの凹凸を抑えたフラッシュサーフェイスや空気抵抗を抑えるスラントノーズなどの特徴が先進的なイメージを与えつつ、広いガラスエリアによる視界の良さという高い安全性も重視していた。

 ミラージュは、当時、流行のFFレイアウトを取り入れた三菱初のFF車であった。最新のFR用エンジン(1.2Lと1.4Lのエンジン)を横置きに搭載するには、回転方向を合わせる逆転ギアの追加が必至であった。

 しかし、単なる仕様変更に終わらせなかったのが、面白いところ。その機構を副変速機として活用することで、「パワー」と「エコノミー」の2つのレンジの切替可能とした「スーパーシフト」として開発。

 4速MTに2つのレンジを組み合わることで、実質的には8速となるMTにしてしまった。このため、FF車なのに、シフトレバーが2本も備わり、初めて乗った人は、きっとトマだったに違いない。

 1978年9月には、ロングホイールベース化を図った5ドア仕様を追加。リヤシートにリクライニング機構を設けるなど後席快適性も重視された。さらに79年9月には、スポーティな1.6Lエンジンと足回りの強化を図った「GT」と1.4L車にATを追加され、モデルの多様化が図られた。

3ドアを軸にしつつも5ドアやサルーンも追加。なぜかマイナーチェンジで「ミラージュII」を名乗るあたりに当時の三菱の勢いを感じる

 1982年2月にマイナーチェンジを実施。フルモデルチェンジでもないのに、なぜか「ミラージュII」と名乗る。これは内外装を刷新し、時代が求めるモダナイズされたことを意味するものであった。性能面では、3ドアハッチに高性能な1.4Lターボを追加。

 日本車初の気筒休止機能を持つ仕様も用意された。そして、4ドアセダンが登場したこともトピックである。余談だが、ミラージュセダンは、仕様違いのランサー・フィオーレとしてもデビューしており、当時のランサーには、FRの「EX」とFFの「フィオーレ」の2種類のセダンが存在した。なんとも贅沢な話である。

■元気でファッショナブルを目指した2代目

2代目はミラージュII路線を継続。ワンメイクレースの開始など当時の三菱は本気でクルマを楽しむ仕組みを整えていた

 ミラージュIIのモダンカジュアル路線を受け継いだ2代目は、1983年10月にデビュー。「元気なカジュアルビークル」のコンセプトに相応しいフレッシュなデザインが魅力であった。

 ボディタイプは、3ドア&5ドアハッチバックと4ドアセダンを設定。電子制御の1.6Lターボ「GSRターボ」や1.8Lディーゼル、可変排気量システムを備える1.5Lエンジンなどパワーユニットの拡充も図った。またデジタルメーターや電子式ラジオ、オートヒーターなどの80年代らしいハイテクも取り入れている。

2代目はハッチバックと同時にセダンも投入。より広い需要を叶えた

 1984年9月の改良では、内外装に手を加え、やや落ち着いた雰囲気を強め、車格の向上を図る試みも……。また1985年2月には、ワゴンとバンも追加。さらに86年8月に、ワゴン・バンに三菱初のセンターデフ付きフルタイム4WD仕様が加わる。

 実用車の性能向上に、4WDを取り入れたのは、三菱らしいところだ。この頃より若者のミラージュ人気を高めたミラージュワンメイクレースが開催されるように。1985年から1998年までの14年間に渡り開催され、多くの若手レーサーを育成に貢献した。

■時代はバブル! 若者の心をガッチリ掴んだ3代目

3代目ミラージュは時代背景をしっかり捉えた名車。スタイリッシュなデザインがかっこよかった

 若者が愛車を持てるようになった時代に誕生したのが、1987年10月発売の3代目だ。次世代を担う若者をターゲットとし、まずは3ドアモデルのみを発売。欧州車風味のスタイリッシュなデザインを与え、個性的な4タイプの仕様が展開された。

 その中には、ボーイズレーサーとして名を馳せる「サイボーグ」と共に、謎めいた多目的2シーター「XYVYX(ザイビクス)」が存在。拡大されたラゲッジスペースをユーザーが自由に使えるものだったが、その意図が伝わらず、早々に消滅。まさに幻のミラージュとなった。

こちらがザイビクス。リアウィンドウはなく、硬派な2シーター。遊び心も満点だが、当然として売れることはあまり考えていなかった!?

 また遊び心に溢れた装備も多く、ルーフを前後2分割ガラスとした「スーパートップ」や聞き逃し再生を可能としたメモリー機能付ラジオ、昼間と夜間で表示色が変化する「カメレオンメーター」など個性的なアイテムも多かった。

 1988年1月には、4ドアセダンもフルモデルチェンジ。同年に、ランサーもフルモデルチェンジを実施していることが示すように、ミラージュとランサーの関連性がより強まった。

 ホイールベースを拡大したセダンは、バーティカルラウンドリヤピラーというアイデアを採用し、リヤガラスがハッチバックのように直立しているのが特徴。これによりコンパクトなボディの中で広い後席スペースを実現していた。

■MIVEC投入で究極のベーシックカーを追求した4代目

1.6LのV6搭載などアグレッシブな開発を続けた三菱。ミラージュはスポーツコンパクトハッチの王道を極める

 バブル絶頂期となる1991年10月に登場したのが4代目。時代が許した潤沢な開発費を投じ、全面的な刷新が図られたのが大きな特徴だ。欧州風味の洒落たデザインは、踏襲していたが、若々しく元気な3ドアハッチバックに対して、4ドアセダンは上質さも意識するようになる。

 その特徴が最も現れるのが、メカニズム。セダンには、1992年2月に、最上級仕様向けとなる世界最小となる1.6LのV6エンジンを新開発して搭載。まさにコンパクトセダンの常識を打ち破る贅沢な存在であった。

 もちろん王道のスポーツハッチ路線も強化され、VTECイーターというべく、高回転型ツインカムエンジン「MIVEC」を92年10月に投入。

 各車から新開発のスポーツツインカムが続々と投入されたことで、FF最強対決が過熱していく。また新たな派生モデルとして、2ドアクーペ「アスティ」も誕生。これは主に欧米でのセクレタリーカーニーズに応えたものだった。

■バージョンR追加も質実剛健を旨とした5代目

5代目で一度ピリオドを打つミラージュ。時代の波がミラージュを襲った

 1995年10月のフルモデルチェンジで登場した5代目は、先代同様に新たなベーシックカーが目指される一方で、RVブームの影響もあり、小型車の在り方も問われだした頃である。

 そのため、ミラージュは、セダンのサイズこそ維持されたが、3ドアハッチの全長を大胆にも80mmも短縮され、小回りの良さと軽快さが強調された。

 驚異の小排気量V6は、スープアップを受け、1.8Lへと進化し、引き続きセダンに搭載。技術的な目玉となるのは、学習機能付のAT「INVECS-IIスポーツモード4AT」である。

 これはドライバーの運転スタイルを学習し、シフトの最適化を図るもので、走る喜びを感じるオートマという新価値が加わった。クーペのアスティは、2か月遅れとなる1995年12月にフルモデルチェンジ。

 よりスポーティさが高められ、スペシャルティクーペらしいスタイリングが目指された。通常の仕様に加え、4代目同様に、1.6LのMIVECエンジン搭載のスポーツグレード「RX」を継承。

 さらに1998年10月には、最強のアスティとなる「RXバージョンR」も追加。最高出力175ps/7750rpmの高回転がユニットに加え、強化サスペンション、クイックステアリング、OZ製アルミホイール、大型リヤウィングなどの装備していた。 

 しかし、シビックタイプRが幅を利かせていたこと、身内にスーパーセダンのランエボが存在したことなどから、激レアな車となってしまった。

 RVやミニバンブームにより三菱車のラインアップは充実し、新たな価値を創造した一方で、実直な進化を続けたミラージュの存在意義を薄めてしまう。その結果、2000年にてミラージュシリーズの生産を終了。

 事実上、ランサーセディアシリーズに統合される。その名こそ、1999年誕生の小型トールワゴン「ミラージュ・ディンゴ」が受け継ぐもこちらも一世代で消滅。ミラージュの名は、長く眠りにつくことになる。

■世界戦略車としてよみがえった現行型はどうなる

2020年4月にひっそりマイナーチェンジを敢行したミラージュ。6代目は世界戦略車として華々しく復活を遂げたのが……

 時は流れ、2011年のこと。三菱は東京モーターショーで新たな世界戦略車を発表。そのクルマこそ、復活を遂げた6代目ミラージュであった。

 かつてのライバルの多くが消滅した今、ミラージュのポジションもエントリーコンパクトへと転向。単なる経済車ではなく、今後拡大する新興国ニーズを先読みした次世代エントリーコンパクトへと生まれ変わった。

 その姿勢を示すべく、TVCMでは、唐沢寿明が扮する三菱ディーラーの唐沢店長が、変身ポーズで「乗って!ミラージュ」とアピール。低価格、低燃費、コンパクトが売りなのは良かったものの、実用一直線のコンサバな雰囲気が、日本市場ではイマイチ受けず……。そのため、改良を重ねることで世界戦略車としての実力を高めてきた。

 その最新作が、2020年4月に登場したビックマイナ―チェンジモデルだ。実は、ミラージュにとっては2度目のフェイスリフトとなる。初回となる2015年12月のマイナーチェンジでは、グリルを追加するなどビジュアル的な上質さを与えながら、走りの質感も磨く改善を図った一方、ミラージュらしさは薄かった。

 その点、最新型は、若々しさと元気さに溢れる内外装が歴代ミラージュの伝統的な魅力と重なる。名前だけでなく、その在り方でもミラージュらしさを追求し、原点回帰を図ったのが、最新のミラージュなのだ。

リアスタイリングなどはスポーティさも感じるが乗ってみるとかなり素朴な印象。あの頃の元気いっぱいなミラージュはどこに!?

【編集部まとめ】

 6代にもわたるミラージュの歴史。実用車として究極を目指し、時にはスポーティに進化を続けてきた。とはいえ現行型は登場からすでに10年が経とうとしており、ライバル勢と比較するとクルマ自体に新しさはない。

 もちろん国内に限れば販売台数は苦しく、ディーラーでもマイナーチェンジ後の試乗車はほとんど用意されていないほど。

 かつて日本のクルマ好きを唸らせ、そしてドキドキさせたミラージュ。きっと今後も世界戦略車としての進化を続けるはずだが、40年以上の歴史ある車名だけに世間をあっと驚かせる三菱らしいコンパクトへの進化を期待したい!!

【画像ギャラリー】40年の歴史を生き抜いた!! 歴代ミラージュの全貌を見よ

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ