“まじめ”な力作だけにもったいない!? なぜ三菱はコルトをやめてミラージュを復活させた??

 「まじめ まじめ まじめ COLT」という宣伝文句のとおり、車作りも質実剛健! 三菱はミラージュを復活させ、なぜ佳作「コルト」をやめてしまった?

◆  ◆  ◆

 今は以前に比べてクルマの価格が全般的に高まり、コンパクトカーの販売比率が従来以上に増えた。2000年代中盤頃のコンパクトカー比率は小型/普通乗用車の約30%だったが、今は40%に達する。

 そして2020年には、ヤリス、フィット、ノート、ソリオという具合に、新型コンパクトカーが豊富に登場した。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も刷新され、各車とも売れ行きは好調だ。

 そのなかでいまひとつ伸び悩むのが三菱 ミラージュ。2020年の登録台数は、コロナ禍の影響を受けたとはいえ、月平均で185台に留まった。ヤリスは1万台少々(SUVのヤリスクロスを除く)に達してフィットも8000台を超えたから、ミラージュは圧倒的に少ない。

文/渡辺陽一郎 写真/MITSUBISHI

【画像ギャラリー】惜しまれて生産終了した三菱コルトと後継モデル 現行型ミラージュ厳選写真20点


SUV推しのブランドイメージに合わず? 苦戦するミラージュ

2020年にマイナーチェンジした三菱ミラージュ。フロントマスクにダイナミックシールドを採用

 ミラージュは、2020年4月に比較的規模の大きなマイナーチェンジを実施して、フロントマスクに新しいダイナミックシールドのデザインを採用した。衝突被害軽減ブレーキも歩行者の検知が可能になったが、依然として売れ行きは伸びない。この点について三菱販売店に尋ねると、以下のような返答だった。

 「ミラージュは2020年にマイナーチェンジを行って、フロントマスクや安全装備を刷新しましたが、売れ行きは乏しいです。今の三菱の売れ筋は、ミニバンのデリカD:5やSUVのエクリプスクロスになっているからです」

 「三菱のブランドイメージも変わり、SUV感覚を強めました。またコンパクトカーには、ヤリスやノートなどの強敵も多いです。三菱にもライズやキックスのようなコンパクトSUVが用意されると、好調に売れると思います」

 たしかに三菱の小型/普通乗用車で最も多く売れているのは、今は月に約1000台のデリカD:5だ。2位は月500台前後のエクリプスクロスになる。

 ミラージュは今の三菱のブランドイメージに合わず、発売も2012年8月だから8年以上を経過するため売れ行きも伸び悩む。

ヴィッツやフィットにも見劣りしなかった力作「コルト」

三菱コルト(販売期間:2002年~2013年/全長3885mm×全幅1680mm×全高1550mm)

 ちなみに三菱は、2002年にコンパクトカーのコルトを発売した。コルトは2003年には6万2453台、月平均で約5200台を登録しており、同年のヴィッツ(1か月平均で約5900台)に迫る売れ行きだった。三菱の販売店舗数が少ないことも考えれば、当時のコルトは人気車だった。

 コルトがミラージュに比べて多く売られた背景には、当然ながら商品力の違いがある。初代コルトは、当時のライバル車だったヴィッツやフィットの初代モデル、2代目デミオ、3代目マーチなどと比べても見劣りしなかった。

 全長は3870mmとコンパクトだが、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2500mmと長く、後席の足元空間にも余裕があった。

 内装ではインパネ周辺の造りが上質で、前席が座り心地の快適なベンチシートになるグレードも用意している。コンパクトカーでありながら、ミドルサイズセダンのような質感を味わえた。

 助手席の座面を持ち上げると、買い物袋を引っ掛けるフックが備わり、走行中に荷物が倒れにくい配慮も見られた。

コルトには、標準装備以外の装備を自由に選択できるカスタマーフリーチョイスというサービスがあった

 さらにコルトは、カスタマーフリーチョイスという新しい装備の選び方も生み出した。推奨パッケージはあるが、全車に標準装着される装備以外は、基本的に自由に選べる方式だ。

 従って上級の1.5Lエンジンを搭載しながら、電動格納式ドアミラー、オーディオ&スピーカー、タコメーターなどを省く選び方も可能だ。カスタマーフリーチョイスを成立させるため、三菱は社内の受注システムを大幅に刷新した。

 ただしカスタマーフリーチョイスを実践すると、人気の装備を標準装着しながら、価格を割安に抑えた特別仕様車は設定できない。コンパクトカーとは相性が悪く、ミニバンのグランディスにも採用されながら定着しなかった。

 それでもポルシェなどは、細かな装備まで自由に選べる。高価格車から実践すれば、成功した可能性もある。後年になって三菱の開発者は「パジェロなどで始めるべきだったかもしれない」と振り返った。価値のあるシステムだっただけに残念だ。

廃止されたコルトと復活したミラージュの“ジレンマ”

6代目ミラージュ(販売期間:2012年~/全長3885mm×全幅1680mm×全高1550mm)※写真は2016年マイナーチェンジ版

 このように力の入ったコルトに比べて、ミラージュは2012年の発売時点から魅力がいまひとつであった。

 この時点ではコルトがモデル末期ながらもラインナップされ、ミラージュは後継車種とされながら、ボディはひとまわり小さい。現行ミラージュの全長は3855mmだが、発売時点では3710mmだ。全幅は今でも1665mmと狭く、ホイールベースも2450mmと短い。

 それならミラージュのセールスポイントは何かといえば、新興国でも販売しやすい低価格、低燃費、コンパクトな扱いやすさを挙げている。

 エンジンはコルトが直列4気筒の1.3Lと1.5Lだったのに対して、発売当初のミラージュは直列3気筒1Lだ(今は直列3気筒1.2L)。車両重量は870kgと軽く、JC08モード燃費は27.2km/Lを誇ったが、燃費数値は時間が経過すればいつかは追い抜かれてしまう。

 運転すると乗り心地の硬さに驚いた。ブリヂストン・エコピアEP150など低燃費を追求したタイヤを装着して、指定空気圧は270kPaと際立って高い。サスペンションもコスト低減を強いられ、乗り心地に不利な条件が重なっていた。

 ボディは軽いものの、直列3気筒1Lエンジンの最大トルクは8.8kgm(5000回転)だったから、実用回転域の駆動力は乏しい。

 登坂路ではアクセルペダルを深く踏むことになり、ノイズも高まった。内装の質感にも不満があり、ホイールベースが短いために後席の足元空間も狭い。

 その結果、発売の翌年に当たる2013年の登録台数は月平均で1000台に達したが、2014年には466台と半減した。改良を受けながらも、2017年は326台、2020年は先ほどの185台まで下がった。

上質なコルト存続なら三菱のイメージは変わっていた?

 以上のように振り返ると、ミラージュとコルトはランクの違うクルマであった。そのために三菱も、コルトの名称は使わずに、コンパクトカーの印象が特に強いミラージュを名乗った。

 それにしても上質なコルトの進化が今でも続いていたら、三菱のブランドイメージは変わっていただろう。

コルトRALLIART Version-Rは、コルトをベースとしたスポーツモデル(販売期間:2006年~2012年/全長3925mm×全幅1695mm×全高1535mm)

 特にコルトに追加されたラリーアートバージョンRは、カッコ良くて楽しいホットハッチだった。今なら最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)に少し余裕を持たせたSUV風のモデルも成り立つ。

 コルトからミラージュへの転換は残念な方向に作用したが、今後はアウトランダーのフルモデルチェンジをきっかけに、新たな進化を開始して欲しい。

【画像ギャラリー】惜しまれて生産終了した三菱コルトと後継モデル 現行型ミラージュ厳選写真20点

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ