8年目の奇跡!! 三菱ミラージュのマイナーチェンジはなぜ行われたのか

 4月にマイナーチェンジが行われた、三菱自動車の世界戦略車「ミラージュ」。

 ダイナミックシールドに基づくフロントフェイスへの変更や先進安全技術が追加されるなど、かなり大幅な改良が加えられた改良新型のミラージュであるが、実はこのモデル、昨年11月に世界初公開されており、生産工場のあるタイでは、すでに販売されている。

 そのモデルがこの度、日本市場にも導入、となったわけだ。

 現行型ミラージュのデビューは2012年8月、すでに8年目も終わろうとしており、販売台数も月販3桁と沈んだ状態。

 この度のマイナーチェンジで、老舗のブランドを復活させたい、という三菱の意気込みは感じとれるが、なぜ、8年目にもなって、ミラージュはマイナーチェンジとなったのだろうか。

文:吉川賢一、写真:三菱

【画像ギャラリー】8年ぶりにマイナーチェンジした三菱ミラージュをみる!!


8年目にしてマイナーチェンジをした理由

ミラージュ(マイナーチェンジ前)

 現行型ミラージュは6代目にあたり、タイで生産され世界各国へ輸出されている、三菱の大事なグローバルコンパクトカーだ。

 日本では、ミラージュはやや地味な存在だが、アメリカやアジアの新興国など、世界各国では、エントリーカーとして、人気を得ている。

 日本市場における三菱のラインアップで、ダイナミックシールドのデザインコンセプトに沿ったフロントフェイスになっていなかったのは、ミラージュのほかに、デリカD:2(※スズキソリオのOEM)、i-MiEV、タウンボックス、そして軽商用車などの、ごくわずかであった。

i-MiEV

 そのため、量販コンパクトカーであるミラージュも、せめてマイナーチェンジをして、ダイナミックシールド顔に統一し、ブランドの統一感を出したい、という思いがあったのは間違いない。

 しかし、今回マイナーチェンジとなったのには、他の理由もある。

クルマの完成度が高くマイナーチェンジでも競争力を保てるため

ミラージュ(2020年マイナーチェンジ)

 ミラージュは、もともと非常に高いポテンシャルを持っている。ボディサイズは全長3795mm×全幅1665mm×全高1505mmと小さく、車重は900kgと超軽量。ヤリス最軽量モデルより40kgも軽い。

 また、1.2リットル3気筒ガソリンエンジンはWLTCモード燃費20.0km/Lを達成しており、ヤリス(ガソリン2WD X:WLTC燃費 21.6km/L)や、フィット(ガソリン2WD BASIC:WLTC燃費 20.4km/L)といった最新コンパクトカーとも戦える環境性能をも、兼ね備えている。

 このようにミラージュは、もともとクルマの完成度が高く、マイナーチェンジでも十分競争力があるため、今回はマイナーチェンジで十分だ、と三菱は判断したと、筆者は考えている。

 今回のマイナーチェンジでミラージュは、弱点であった先進安全技術系も充実させた。クルーズコントロールを搭載し、衝突被害軽減ブレーキシステムに歩行者検知機能を追加するとともに、前方車両に対する作動速度を約5~30km/hから約5~80km/hへと拡大し、安全性を高めた。

 また、車線逸脱警報システムやオートマチックハイビームも標準化され、商品力が高まっている。とはいえ、最新の追従機能付きクルーズコントロールや、レーントレースコントロールといった先進システムは装備されておらず、まだ追加対策の余地はある。

 このあたりは次回のモデルチェンジ、もしくはマイナーチェンジで、日産のプロパイロット(ミツビシ版はMIパイロット)の搭載を期待したいところだ。

先進安全装備が充実したが、もしさらなる改良があるのならば、三菱MIパイロットの搭載を期待したい。

海外での評価も上々!「最も中古車価値が高いサブコンパクトカー」として表彰された、ミラージュ

 昨年12月、ミラージュは、価格、維持コストの低さ、高い安全性などが評価され「最も中古車価値が高いサブコンパクトカー」として、アメリカの2020ビンセントリック・ベストCPO バリュー賞※※に輝いている。

 ちなみに、過去のサブコンパクトカー・クラスの受賞車は、2018年日産ヴァ―サ、2019年ヤリスIA、2020年ミラージュG4、サブコンパクト・ハッチカー・クラスでは、2018年トヨタヤリス、2019年ホンダフィット、2020年がミラージュと、日本メーカーのクルマが連続受賞をしている。

 アメリカ市場で賞を得たから偉いという事でもないが、ミラージュが信頼性の高いクルマだと証明するには十分な成果であろう。

※※ビンセントリック社:米国ミシガン州にある、自動車データ編集や分析を手がけている会社。2015~2019年の5年間に、すべての市場セグメントで最高の価値を持つ車両を表彰した。毎年およそ2万4000kmを走行すると仮定。総所有コストの数値と、車の現在の市場価格を比較する統計分析を用いている。

まとめ

 三菱は、モデルチェンジで最新ボディと最新エンジンなど、莫大な費用を投資してモデル更新するよりも、一つの商品を大切にアップデートし、長く愛されるモデルに育てようとしていると考えられる。

 三菱は、いま潤沢に使える予算があるようなメーカーではない。現時点、ミラージュは、正しい選択をしていると筆者は考える。あとは、このクルマの魅力を、どのように顧客へと広めていくか、だ。

【画像ギャラリー】8年ぶりにマイナーチェンジした三菱ミラージュをみる!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ