ヤリス21年ぶり受賞で知りたい! 本場欧州で評価された日本車 4選

ヤリス21年ぶり受賞で知りたい! 本場欧州で評価された日本車 4選

 ヤリスが21年ぶりの欧州カーオブザイヤー受賞! 本場欧州で評価された日本車は?

 トヨタのグローバルコンパクトカー、ヤリスが欧州のカーオブザイヤーを受賞したことが話題となっている。本場欧州でドイツやフランスなどのメーカーを差し置いて高い評価を得るのは至難の業。

 そこで、欧州でこれまで高く評価された日本車を、世界カーオブザイヤーの選考委員でもある筆者が解説。過去の優秀な日本車はどのような部分が評価された?

文/松田秀士 写真/TOYOTA、NISSAN、SUZUKI

【画像ギャラリー】ヤリスが欧州カーオブザイヤー受賞!! ヨーロッパでも高評価の日本車たち


■欧州COTY受賞のヤリスは何が評価された?

欧州COTY(カーオブザイヤー)を受賞したトヨタ ヤリス。ヤリスとしては21年ぶり2回目の快挙だ

 トヨタ ヤリスが、欧州COTY(欧州カーオブザイヤー)の栄冠に輝いた。これは本当に凄いこと。そのあとに続く順位を見ればより明確なのだが。欧州COTYは59人の選考委員によって選ばれる。

 その主だった得点は、

1位:ヤリス/266点、2位:フィアット ニュー500/240点、3位:クープラ・フォーメンター/239点、4位:フォルクスワーゲンID.3/224点だった。

 ここで注目なのが2位フィアットと3位のフォルクスワーゲンはともにEV。つまり、欧州の環境規制にフォローであること。これは欧州COTYでの競争上有利に働くウェポンであることは間違いない。またメーカーからのロビー活動もあったに違いない、と想像するのだ。

 しかもヒエラルキーの欧州。フォルクスワーゲンID.3が4位であることが不思議なくらいなのだ。そのような環境のなかでヤリスがトップを獲ったということそのものに驚きを感じる。

 さらに言うと、ヤリスはEVではないHV(ハイブリッド)。環境ヒエラルキーの中では序列が低いHVのヤリスが勝ったのだ。要因として考えられるいくつかがある。

 まず優れた環境性能だ。ヤリスハイブリッドは驚異的な燃費性能を持っている。コンベンショナルなガソリン仕様も3気筒の1.5Lと1.0L。超コンパクトなボディサイズ。そして、アグレッシブなエクステリアデザインだ。超コンパクトは軽自動車の国・日本ではあまり重視されないが、欧州では話が異なる。

 過去に欧州には試乗会やレース活動で何度も足を運んだが、イタリアやフランス車の超コンパクトモデルに、ルームミラーが役に立たないほど荷物をいっぱい積み込んで走る姿を高速道路でよく見かけたものだ。

 そのほとんどが積み荷からロングバケーションだと想像できるというもの。つまり普段の通勤やスーパーなどは超コンパクトの方が利便性に長けるわけで、同じクルマで家族や友人と遊びに行くこともいとわない。クルマそのものの造りとハイブリッドによる環境性能。これは日本車のお家芸といってもいいだろう。

 筆者自身WCOTY(ワールドカーオブザイヤー)の選考委員を務めさせていただいていることからも、今回のヤリスの受賞はとても興味深く、また嬉しいことなのだ。

■日本車のヒエラルキーを押し上げた2代目マーチ

1993年に日本車として初めて欧州COTYを受賞した日産 マイクラ(マーチ)。この受賞が日本車の地位を一気に押し上げた

 そこで、過去に日本車が受賞した例を調べてみると。1993年に2代目となる日産マイクラ(マーチ)が欧州WCOTYを受賞。これが日本車として初の受賞車だ。やはり超コンパクトモデル。ちょうど日本のバブル景気が崩壊した後で、経営状態が悪化している当時の日産を支えたモデル。

 デザインは開発中だったCADシステムを使い、適度に丸みを帯びたエクステリアは、ユニセックスな万人受けするもの。日本でもヒットしたが、すでにトラブルが少なく、燃費の良いことが浸透し始めていた日本車の実力をハッキリと示した1台だ。

 筆者自身、受賞前年となる1992年のル・マン24時間レース参戦で2度フランスに行ったが、当時はどこを見てもルノーのコンパクト全盛。そのような環境の下でのマーチ受賞は欧州での日本車ヒエラルキーを押し上げたことは間違いない。

次ページは : ■フランスで驚かされた初代ヴィッツとプリメーラ