腕を磨くならコレに乗れ!? 車の動きを学べるコスパ抜群車 4選


 筆者が初めて購入したクルマは、軽自動車のホンダ Z(1973年製)。2気筒360㏄36psというオートバイのようなエンジンに、ヒューランドパターン(左手前が1速)の5速MTをドッキングさせた「GSS」というグレードだった。

 エンジンはトップエンド9000rpm。パワーはないけれど、この5速MTを頻繁にシフトして高回転域を維持することで、それなりによく走ったものです。

 Z「GSS」は、サスペンションもかなり硬く、タイヤをセミレーシング(ダンロップG5)に交換してもそのまま問題なくコーナーを攻められた。足かけ4年は乗ったと思います。

 筆者はこのクルマのおかげでシフトワークを覚え、ヒール&トゥもダブルクラッチも習得した。このクルマはFFでしたがそれなりにタックインもした。

 で、周りの仲間に目を向ければカローラレビン(TE27)やスターレット、サニーGX5(B110)やフロンテクーペなど、まぁレビンやGX5はそれなりに高かったけれどリーズナブルでコスパに優れたモデルがたくさんあったのです。こういったクルマで当時の若者はドライビング技術を磨いていました。

 そこで、今の時代にあの頃のようなコスパに優れた若者の手が届く運転訓練機と呼べる国産車はあるのか?ということについて触れてみようと。勝手に5台選んでみた。

 ここではこれまでのようにハンドリングなどの評価をするのではなく、そのクルマに乗ってナニを学べるのか? について記します。

 ただし、選考基準は「操舵特性が素直で運転を学ぶのにピッタリであること」、「コストパフォーマンスに優れ、若者にも手が届く価格であること」の2点だ。

文/松田秀士 写真/SUBARU、TOYOTA、NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】本稿で紹介!走りに徹したマツダロードスター 写真21枚をみる


マツダ ロードスター

ロードスター(全長3915×全幅1735×全高1235mm/車体価格:260万1500円~)

 サスペンションの動きを感じ取り、そしてその動きをコントロールする技を習得するのにピッタリのモデル。ロードスターは走りに徹したモデルなんだね。

 理由は前後ダブルウィッシュボーン式サスペンション。リアはマルチリンク式だが、これはダブルウィッシュボーン式の進化系なので同じ。

 Wウィッシュボーン式は応力への剛性もさることながら、ロール軸の動きを前後でデザインすることができる。つまりコーナリングでのロール速度が予測しやすい。

 さらに、ステアリング・タイロッドが前引きなのでフロントタイヤのトー変化が安定方向に変化する。他にもエンジン縦置きなので前後重量バランスが良い。

 MTならばトランスミッションにダイレクトな位置からシフトノブが生えていて、肩関節を固めながらも肘、手首、指を柔軟に動かしての正確なシフトワークを学べる。

 ま、とにかく走りを学ぶには全てにおいて打ってつけの素材。是非このクルマに乗ってマスターしてほしいのは、最初にも述べたサスペンションの動き。

 ブレーキング時のノーズダイブは前後のピッチセンターが最適化されているから、そのストローク量を正確に感じ取れる。ブレーキの踏力で変えられるでしょ。

 コーナーでステアリングを切り込むとフロントがロールし、次いでリアがロールする。ステアリングを切り込む速度でその伝播(フロント→リヤ)速度をコントロールできる。

 そして、ロールとは外輪側サスペンションがバンプするだけではなく、内輪側サスペンションがリバンプ(伸び上がる)することであることを感じ取れるようにする。とにかくロードスターには運転上達のすべてが詰まってます。

スバル インプレッサスポーツSTI Sport

インプレッサスポーツSTI Sport(全長4460 mm×全幅1775×全高1480mm/車体価格:270万6000円~)

 MTモデルはなくすべてCVTであることは残念だが、それゆえ2ペダル。左足ブレーキを練習するのには絶好。

 AT車なら2ペダルなのでどのクルマでも練習に向いているが、特にSTI Sportがなぜ向いているのか? というと、スバル車はすべてエンジン縦置き。

 水平対向ゆえ低重心なのはもちろんだが、エンジン縦置きレイアウトだと非常に重量のあるトランスミッションがエンジンの後ろにマウントされる。

 つまり前後車軸の中心近くに搭載されることになるので、前後重量配分がバランスするのだ。

 これがFF車だと横置きエンジンの隣にトランスミッションがマウントされるから、フロント荷重がリアに比べて極端に大きくなる。つまりSTI Sportはブレーキング時にリアの荷重抜けが少ないわけで、ブレーキングでの前後荷重コントロールを習得するのに適している。

 特に左足では最初のうち、右足ほど繊細にコントロールできないから、踏み過ぎによるノーズダイブに委縮しがち。上手くなればフロントヘビーなFFでシビアなコントロール習得も良いのだけれど、ブレーキングとはしっかり踏み込めることがまず重要。

 サーキットでのブレーキングの基本は強く短く。理由は踏んでない時間を増やせるから。踏んでない時間に冷却することができるのだ。

 STI SportにはAWDではなくFFがラインアップされている。FFがお勧め。理由は20万円強安いから。中古車になればこの差はさらに大きくなる予感がありますね。

次ページは : トヨタ86/スバルBRZ(中古車)