スバル車は売る時お得? 買い取り額が高い理由とは


 日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021のイヤーカーに、2代目レヴォーグが輝き、好調なセールスを続けるスバル。水平対向エンジンや4WDシステムといった独創的なパワートレインに加えて、アイサイトを中心とした高い安全性などで高い支持を受けている。

 また、米国の有力の自動車サイト「ケリー・ブルー・ブック」の2021年ベストリセールバリューアワードについて、インプレッサ、クロストレック、アウトバック、フォレスターの4車種が最も残存価値の高いモデルとして認定された。

 そこで、ここでは北米と同様に、日本でもスバル車の買取価格は高いのか、ライバル車の買取価格を比較して検証してみることにした。

文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】スバルとライバル車 3年後と5年後の買取相場を徹底比較! 残価率が最も高かったのは?


インプレッサスポーツ3年後の残価率は48.1%と高い

現行のインプレッサスポーツ。2016年の登場以降、マイルドハイブリッド「e-BOXER」搭載車やスポーツグレードの「STI Sport」などラインナップを拡大してきた


■スバルインプレッサスポーツ2.0i-Lアイサイト 新車時価格224万4400円
3年落ち買取価格:108万円(残価率48.1%)
5年落ち買取価格:105万円(残価率46.7%)

 まずは、2016年に現行モデルが登場したスバルインプレッサスポーツ。SGPと呼ばれる新世代プラットフォームを採用した最初のモデルだ。

 デビュー当初は1.6Lと2Lの水平対向エンジンのみを搭載していたが、現在はe-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドシステムを搭載したモデルやワークスブランドのSTIがチューンを施したSTIスポーツを設定するなどバリエーションが豊富となっている。

 買取価格を調べたのは、2L水平対向エンジンを搭載した2.0i-LアイサイトのFF車。新車時価格は224万4400円で、3年落ちの2018年式の買取価格は108万円。そして5年落ちの買取価格は105万円となった。驚いたのは、3年落ちと5年落ちの買取価格の下落幅が小さいことだ。

 これは運転支援システムであるアイサイトが高く評価されていることが大きな要因と考えられる。以前は安全装備といえば、買取査定にほとんど影響がなかったが、これだけ多くの車種に装着されると年式が進んだ中古車では使える運転支援システムの有無は買取価格に大きく影響するのだ。

2018年6月に発売されたカローラスポーツ。全幅は1790mmと3ナンバーサイズに拡大され、ワイド感がある


■トヨタカローラスポーツ1.2 G 新車時価格238万5000円
3年落ち買取価格:130万円(残価率54.5%)

 インプレッサスポーツのライバルとしてピックアップしたのが、トヨタカローラスポーツとマツダアクセラスポーツの2台。カローラスポーツは2018年にトヨタのクルマ構造改革である“TNGA”を搭載したモデルとして登場した。

 まだ登場から日が浅いため、3年落ちの買取価格しかないが、ターボエンジンを搭載した1.2Gの買取価格は130万円で残価率は54.5%と上回った。しかし、5年落ちとなったときにインプレッサスポーツのような高い残価率を残せるかは疑問だ。

2013年発売の先代アクセラスポーツ。パワートレインは1.5Lガソリンと1.5L、2.2Lディーゼルターボ


■マツダアクセラスポーツXD Lパッケージ(旧型) 新車時価格308万8800円
3年落ち買取価格:143万円(残価率46.2%)
5年落ち買取価格:113万円(残価率36.5%)

 そして、もう1台のアクセラスポーツは2019年にフルモデルチェンジを行い、マツダ3ファストバックへと進化しているが、こちらはまだフレッシュなモデルで比較できないので、旧型のアクセラスポーツで算出した。

 買取価格を調べたのは2.2Lディーゼルエンジンを搭載した最上級グレードのXD Lパッケージ2WD車。3年落ちの買取価格は143万円、残価率は46.2%と世代差はあるもののインプレッサスポーツとほぼ互角の残価率を示している。

 しかし、5年落ちとなると買取価格が113万円、残価率36.5%と残価率は10%以上ダウンしている。もちろん現行型、旧型という違いはあるが、インプレッサスポーツは年式が進んでも高い残価率を残していることが証明されている。

先代レヴォーグは旧型となっても高水準の買取額!

レガシィツーリングワゴンの後継車種として2014年に発売された初代レヴォーグ


■スバルレヴォーグ1.6GT-Sアイサイト(旧型) 新車時価格313万5000円
2年落ち買取価格:200万円(残価率63.7%)
3年落ち買取価格:183万円(残価率58.7%)
5年落ち買取価格:133万円(残価率42.4%)

 続いては、2020-2021の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたステーションワゴンのレヴォーグ。現行型は登場したてなので、2014年~2020年まで販売された初代モデルで買取価格を算出した。

 ライバルとして、ピックアップしたのは2019年に登場したばかりのカローラツーリングだ。初代レヴォーグは日本のステーションワゴンブームを巻き起こしたレガシィツーリングワゴンの後継車として2014年に登場した。

 日本の道路事情に合わせたサイズのボディに1.6Lそして2L水平対向4気筒ターボそして最新鋭の運転支援システム、アイサイトを搭載した快速ステーションワゴンとして人気を博した。

 買取価格を調べたのは、中古車でも流通台数の多い1.6Lターボを搭載し、サスペンションにはビルシュタインサスを採用したGT-Sアイサイト。2年落ちの買取価格は200万円で残価率63.7%。

 そして3年落ちは183万円、残価率58.7%と高水準をキープしている。5年落ちでも買取価格は133万円、残価率42.4%と下がり幅が小さいのが特徴だ。世代交代して、旧型となってもレヴォーグは高い残価率を示している。

「フィールダー」の名称から改名されたカローラツーリング。新型レヴォーグの荷室容量がVDA方式で492L(カーゴフロアボード上部)に対し、カローラツーリングは392L


■トヨタカローラツーリングハイブリッドW×B 新車時価格299万7500円
2年落ち買取価格:185万円(残価率61.7%)

 一方のカローラツーリングはハイブリッド車の最上級グレード、W×B(ダブルバイビー)で算出した。まだ新しいモデルなので、2年落ちしか算出できなかったが、買取価格は185万円で残価率は61.7%となった。カローラツーリングはまだ登場したての現行モデルにもかかわらず、旧型レヴォーグに残価率でわずかながら差を付けられている。

 人気を考えるとこの差は年を追う事に開いていくと考えられる。現在は下火となっているステーションワゴンだが、このカテゴリーにおけるスバル車の人気は続いているのだ。

次ページは : 先代ハリアーよりも買取額が高い驚きの先代フォレスター

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ