ベンツ新型Cクラスにいち早く乗った!! プロタイプ同乗試乗でわかったニューモデルの進化度は?


 2021日年2月23日、メルセデスベンツが新型Cクラスをワールドプレミアしたことを発表した。日本でもファンの多い輸入車だけに、ベンツのミドルクラスセダン&ステーションワゴンである新型Cクラスの登場は大きな注目を集めている。

 その新型Cクラスのほぼ市販型と同じプロトタイプ車に、ドイツの自動車ジャーナリストである木村好宏氏が同乗ながら試乗することができた。

 超注目車、ベンツ新型Cクラスの気になる走りはどうなのか? ニューモデル解説&インプレッションをお届けします。

文/GK、Kimura-Office
写真/メルセデス・ベンツ、Kimura-Office

【画像ギャラリー】プロトタイプに同乗試乗!! 新型Cクラスの進化度を写真で見る


■Cクラスは実質的なメルセデスのエントリーモデル

セダン、ワゴンともに先代モデルより長く、幅広く、低くなった新型Cクラス

 現行Cクラス(W205)は2014年から発売されているが、すでにグローバルの販売台数は250万台を超え、メルセデスベンツの最多販売モデルとなっている。

 そして今回7年ぶりにフルモデルチェンジが行われたわけだが、発表会でメルセデスベンツの社長(CEO)のオーラ・ケレニウスは「アルファベットのCとSの間には大きな開きがあります。しかし、我々のモデルのCとSは非常に近い関係にあります」と興味深いフレーズを使ってニューCクラス(W206)を紹介した。

 実は後輪駆動のCクラスは本当の意味でメルセデスベンツのエントリーモデルで「いつかはSクラスの階段を上がる第一歩」なのだ。

 それゆえにデザイン、そして技術的にも非常にトップモデルに近いのである。Eクラスも当然、重要だが、こちらはある程度「エスタブリッシュ」したオーナーが多く、黙っていてもそのうちSクラスに移ってゆく可能性が高いオーナーが多いのだ。

 ゆえにデザインもニューSクラスと同じデザイン手法となっており、後輪駆動車独特のキャビンの後退したキャブバックワード・プロポーションでダイナミックな印象を与えている。

 大きな変更点は日本向けを含むほとんどの市場で新型は、グリル中央にスリーポインテッドスターがレイアウトされたデザインとなる。また、クラシックなメッキグリルとボンネット先端に付くスリーポインテッドスターの組み合わせによるデザインは、中国をはじめとする一部の市場に提供される予定である。

 ボディサイズは、セダンそしてワゴンともに、全長4751mm、全幅1820mm、全高1438mm(ワゴン:1455mm)、ホイールベース2865mmで、先代モデルより長く、幅広くそして低くなった。

 もちろんパッセンジャーもそれなりに恩恵を受けており、プロトタイプ試乗でも確かにそれを感じた。このサイズ拡大は同セグメントのライバル、特にアウディA4(全長4762mm)やBMW3シリーズ(4709mm)を意識した結果でもある。

■インテリアもSクラス同様に大きく進化

インテリアデザインもSクラスに近くなり、文字どおりワンランク上の高級感がある

 一方、インテリアデザインもまるでミニSクラスである。

 ドライバーの正面、コックピットには10.25インチ(26.0cm)あるいはオプションで12.3インチ(31.2cm)横長スクリーンを採用。そしてダッシュボード中央にあるセントラル・タッチ・ディスプレイはスタンダードで9.5インチ(24.1cm)が装備され、オプションでは11.9インチ(30.2cm)が用意される。

 OS(オペレーティング・システム)はMBUX II(2世代目のMBUX)で、必ずしも「ヘイ・メルセデス!」と叫ばなくてもよくなり、「救急キットはどこにあるの?」と言う質問にも答えてくれる。

 さらにクルマがスマホを介してモバイル・コントロールセンターとなり、スマートホーム機能によって自宅の室内温度や照明などをリモートで管理し、モーション・センサーで防犯機能までも持つことができるようになった。

 またヘッドアップディスプレイは画面が9×3インチ(23cm×8cm)と大きくなったが、もちろんAR(オーギュメンテッド・リアリティ)も採用され、ボンネットの4.5m先の路面にナビの矢印が見えるような表示になっている。

 そして、新しいMBUXで何よりも便利なのはソフトウェア・アップグレードがスマホやパソコンのようにOTA(オーバージ・エア)となり、そのためだけにディーラーに行く必要が無くなったことだそう。

次ページは : ■エンジンはガソリンの1.5Lと2.0L、ディーゼルの2Lを搭載

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ