初代の魂は宿っているのか!? 現役名門車の「初志貫徹度」


 クルマは「時代を映す鏡」と言われることがあるくらい世の中の流れなどによって大きな進化や変化を求められる。

 それだけに、フルモデルチェンジの繰り返しにより、コンセプトやボディサイズなどが初代モデルと「まったく違うようになった」ということも珍しくない。

 本稿では歴史を持つ名門車といえる現行車を、初代モデルからの初志貫徹度という観点で評価してみたい。

文/永田恵一 写真/編集部、HONDA、TOYOTA、SUBARU、MAZDA、SUZUKI

【画像ギャラリー】本稿未掲載!! 現役名門車5台の初代モデル&現行型モデルをチェック


シビックタイプR

 初代シビックタイプRは1997年に6代目シビックに追加される形で初代NSX、インテグラに続く第3のタイプRとして登場した。

 3ドアハッチバックだった初代シビックタイプRは、パワーアップに加え、軽量化、サスペンションの強化、ヘリカルLSDの装備によるトラクション(駆動力)の向上により、速さと高いコントロール性を得た。

 それだけでなく、インテリアもMOMOのステアリングやレカロシートなどの採用もあり、気分を高揚させる雰囲気も上々というタイプRらしいモデルだった。

 さらに価格もエアコンなどの快適装備を付けても220万円程度と若者にも買えるものだった点も大きな魅力だった。

 その後、空白期間もあったシビックタイプRは、2017年登場の現行型で5代目モデルとなっている。

現行型シビックタイプR(2017年~/全長4560×全幅1875×全高1435mm)

 シビックタイプRは限定車だった先代型4代目モデル以来、欧州でいうCセグメントという車格自体は初代から共通だが、コンセプトが「ニュルブルクリンク北コース2L・FF最速車」に変わったこともあり、エンジンは2Lターボに、ボディタイプやサイズも5ドアハッチバックで全長4560mm×全幅1875mmに拡大されており、初代シビックタイプRとは、もう別のクルマである。

 シビックタイプRは、初志貫徹度という観点では非常に低いが、Cセグメントというジャンルがここ20年で大きく変わったことを考えればやむを得ないと思う。

 むしろ問題なのは初代シビックタイプRにボディサイズや価格が近い現行フィットにスポーツモデルがないことではないだろうか。

ヤリス(ヴィッツ)

 初代ヴィッツは、それまでのスターレットとターセル、コルサ、カローラIIを統合したコンパクトカーとして1999年に登場。

 トヨタのフランス工場で生産される国際戦略車という使命があったこともあり、当時の日本車とは一線を画す雰囲気の明るい内外装を持っており、クラスレスな魅力を備えていた。

 また登場時は1Lの4気筒エンジンのみでスタートしたバリエーションも1.3Lやスポーツモデルの1.5Lが追加されたほか、入門カテゴリーのモータースポーツを支える存在としても貴重な存在だった。

現行型ヤリス(2020年~/全長3940×全幅1695×全高1500mm)

 2019年に車名をヤリスに変えた現行モデルは、ボディサイズこそ全長3940mm×全幅1695mmとヴィッツに比べると全長が300mmほど、全幅も35mm拡大したものの、これでも現在のコンパクトカーでは平均的なサイズ感。

 また、ヤリスは塊感あるスタイルやシャープな走り、驚愕レベルのハイブリッドの燃費の良さ、充実した安全装備など強いインパクトやクラスレスな魅力も感じられ、ヤリスになって、初代ヴィッツを思い出させるところが多数あるだけに初志貫徹度は高い。

次ページは : マツダ3(アクセラ)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ