何が出てくる? ガチャガチャでミニカーをゲットする!!


■自社開発にこだわるトイズキャビンのカプセルトイ

トイズキャビンの「1/24 日産RB26DETTエンジンコレクション」。車両ではなく、エンジン単体をガチャガチャとして製品化したアイデアに脱帽
RB26DETTエンジンは全4種類。1/24スケールなので、車両のプラモデルと一緒に飾るのもオススメだ

 以前本WEBでもご紹介したことのある(リンク先)「1/24 日産RB26DETTエンジンコレクション」を開発したメーカーがトイズキャビン。

 これはスカイラインGT-Rに搭載された「RB26DETT」エンジン単体を1/24スケールで再現したカプセルトイ。2021年6月発売予定で価格は400円だ。

 クルマではなく、エンジン単体をガチャガチャにする独創性で大きな話題を呼んだが、同社ではこのほかにも個性的なラインアップを用意している。

「1/64ガレージツールコレクション2」は、1/64ミニカーを引き立てる小物を製品化したもの。第1弾が好評だったため、第2弾が作られた
お気に入りの1/64ミニカーと組み合わせれば、手軽にジオラマが楽しめる

 2021年4月に発売予定の「1/64ガレージツールコレクション2」(価格:税込300円)は、手持ちの1/64ミニカーと一緒にジオラマが楽しめるユニークな商品。

 4柱リフトをはじめとする数々のガレージ用品が4種類用意されているので、すべて揃えれば、デスクトップでガレージライフが楽しめる。

■コスト度外視? 2021年5月に発売予定のロードスターの作り込みに驚愕!

トイズキャビンの「1/64マツダ ロードスターNAコレクション」は全6種類。オープン/幌クローズ/ハードトップ装着/リトラ開/リトラ閉という、異なる仕様を作り分けているのが特徴
400円でここまで再現度の高いモデルが買えるなんて夢のようだ

 そしてクルマ好きにとっての注目商品が、2021年5月に発売予定の「1/64マツダ ロードスターNAコレクション」(価格:税込400円)。

 初代マツダ ロードスターのガチャガチャはもちろん初の製品化。ガチャガチャのクルマ商品の多くが食玩から転用したものとなっているなか、自社開発にこだわるトイズキャビンならではのラインアップだ。

 これまでマツダ ロードスターが製品化されなかった理由のひとつが、オープンボディであること。内装が丸見えになるので作り込みをしなければならず、設計面でもコスト面でも難しいからだ。

 ガチャガチャの難しさは、大量生産しないとコストが回収できないこと。ニッチ系で勝負するのはリスクもあるが、差別化できないと売れない厳しい世界であるのも事実。

 ニッチ系アイテムの自社開発にこだわるトイズキャビンの次回作に今から期待したい。

【画像ギャラリー】あなたの卓上ガレージにぜひご納車を……クルマ好きなら見逃せないガチャガチャラインナップ!!