新型ノートは売れているのか? 予想外に苦戦? それとも順調?

予想外に苦戦? それとも順調? 新型ノートは売れているのか?

 新型ノートが2020年12月23日に発売されてから約4ヵ月が経った。発売1ヵ月を経過した2021年2月1日時点で「月販目標台数の2.5倍にあたる2万44台を受注した」と発表し、幸先のよいスタートを切った。

 しかし、2021年1月の販売台数を見ると、7532台で新車販売ランキング6位、2月が7246台で7位。あれ、最大のライバル車であるヤリスが1月1位、1万8516台、2月1位、2万559台と比べると、ノートって売れていないのか……と感じる人が多いのではないだろうか。

 そこで、日産ノートはほんとに売れていないのか?  モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が真相に迫る。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーWeb編集部 日産自動車

【画像ギャラリー】売れ筋コンパクトカー対決! ノートの強みと弱みを見る


■ヤリスハッチバック単体と比べるとノートが売れているのがわかる

2020年12月23日に発売した新型「ノート」e-POWER。発売後約1ヵ月を経過した2月1日時点で受注台数は、月間販売目標の2.5倍となる2万台に達している
トヨタのヤリスは2020年2月10日の発売開始以降、現在まで好調な販売を続けている
2021年1月と2月の月間販売台数。ヤリスとフィットはNAエンジンとハイブリッドをラインナップするが、ノートはe-POWERのみの設定なので、販売台数としては健闘している

 最近はコンパクトカーの人気が高い。特に注目される車種が新型ノートだ。2020年11月に発表されたが、納車を伴う「発売」は12月23日であった。したがって、販売が本格化したのは2021年1月以降だ。ノートの2021年1月の登録台数は7532台、2月は7246台であった。

 ノートの1ヵ月の販売目標は8000台だから、発売直後から目標を下まわった。しかしその一方で日産は、2月1日に「ノートは2万44台を受注」と報道発表している。これはどういうことか。2021年3月下旬に販売店に問い合わせると、以下のように返答が来た。

 「新型ノートは2020年末に受注を開始して、2021年から納車を本格化させたが、この時期にはコロナ禍の影響もあって半導体が不足した。

 部品の調達などが滞り、豊富な受注をいただきながら、1月には減産を強いられて納期も長引いた。2021年3月下旬時点では、車両本体の納期は1ヵ月半まで回復したが、オプションのETCユニットやドライブレコーダーに遅れが残っている」。

 このように2021年1、2月の登録台数には、減産が影響を与えた。正確な売れ行きは、半導体不足の影響が収まった後で判断する必要がある。

ノートのリアフォルム。グレード別の受注では、「X」が8割を超えており、上級グレードが好まれているようだ

 ノートのライバル車には、まず2020年2月に登場したヤリスが挙げられる。新型ノートはハイブリッドのe-POWERのみの設定で、NAエンジンを用意しないから、ヤリスもハイブリッドの売れ行きで比べる必要がある。

 この時に面倒なのは、日本自動車販売協会連合会の公表するヤリスの登録台数が、ヤリス+GRヤリス+ヤリスクロスの合計になることだ。ヤリスクロスはコンパクトSUVだから、コンパクトカーのヤリスとは異なる車種だが、車名は共通だから合計されてしまう。

 そこでヤリスクロスを除いたヤリスの登録台数を算出して比べる。新型ノートが納車を本格化した2021年1月に、ヤリス(ヤリスクロスを除く)は9166台を登録した。ノートは前述の7532台だから、ヤリスに比べて約1600台少ないが、NAエンジンを用意しないことを考えれば、健闘している。

 直近の2021年2月には、ヤリスは9950台を登録した。この内の4410台をハイブリッドが占める。ノートは7246台だからヤリスのガソリン車とハイブリッドを合わせた台数と比較すると約2700台少ないが、ヤリスハイブリッドとの比較であればノートe-POWERのほうが約2800台多いので、大健闘していると言っていい。

ホンダのフィット。発売開始は2020年2月14日で、ヤリスとほぼ同時期。1.3LのNAエンジンとハイブリッドのe:HEVを設定するが、NAエンジンよりもe:HEVのほうが販売は好調なようだ

 ノートのライバル車として、ヤリスと同じ2020年2月に現行型へフルモデルチェンジしたフィットも挙げられる。ノートやヤリスと同じく、全高を立体駐車場が使いやすい高さに抑えたコンパクトカーだ。

 フィットは直列4気筒1.3LNAエンジンと、ハイブリッドのe:HEVを用意する。2021年1月の登録台数は5889台、2月は5782台であった。ノートはe-POWERのみの設定で、両月とも7000台を上まわったから、フィットよりも健闘している。

ノートe-POWER、ヤリスハイブリッド、フィットe:HEVの主要諸元比較表

 以上のようにノートの売れ行きは、e-POWER専用車としては多いのに、過小評価されやすい。それは先代ノートの売れ行きが好調だったからだ。

 2017年には1か月平均で1万1575台を登録して、プリウスに次ぐ小型/普通車の登録台数2位になった。2018年は1か月平均が1万1360台だが、プリウスが下がったので、ノートが小型/普通車の1位になった。先代ノートの登録台数が、2017年と2018年に1ヵ月平均で1万台を超えた背景には、複数の理由があった。

 まず先代ノートでは、グレードが豊富だった。e-POWERに加えて、直列3気筒1.2LのNAエンジンと、スーパーチャージャーを装着する仕様を用意した。NAエンジンの価格は、実用装備を充実させて150万~160万円だから求めやすかった。

■爆発的にヒットした先代ノートの功績

先代型のノート。モデルサイクルの途中で「e-POWER」を追加設定したことで、好調な販売を維持した

 開発者は「先代型でe-POWER比率が75%前後に達したから、新型ではNAエンジンを廃止した」というが、逆の見方をすれば約25%はNAエンジンが占めていた。

 ノート全体の登録台数が1か月平均で1万台とすれば、e-POWERは7500台、NAエンジンは2500台だ。そうなると2021年1月の登録台数は約7500台だから、仮に新型ノートにNAエンジンが用意されていれば、1万台に達した可能性もある。

 開発者は「新型ノートの高品質は、価格が200万円を超えるe-POWERのみだから実現できた。150万~160万円のNAエンジン車があると、ここまで上質な造り込みは困難だ。e-POWERとNAエンジン車で、インパネを作り変える必要も生じる」という。

現行型の新型ノートでは、モーターとインバーターを刷新した第2世代の「e-POWER」に進化させている

 いわゆる選択と集中で、e-POWERのみにしたが、コンパクトカーでは低価格車を求めるユーザーも多い。NAエンジンを用意しないと販売面では不利になる。

 また2017年や2018年と今では、ノートの置かれた状況も違う。当時はコンパクトカーのティーダが廃止され、キューブも設計が古く、5ナンバーセダンのブルーバードシルフィは3ナンバー車のシルフィに発展していた。

 上質な5ナンバー車を好むユーザーにとって、NAエンジンのノートでは物足りない印象があり、乗り替えるコンパクトな日産車が見つからずに困っていた。

 その時、ノートにe-POWERが追加された。e-POWERなら走りが滑らかで動力性能も高い。アクセルペダルだけで速度を自由に調節できる新鮮さも味わえる。「これなら乗り替えてもいい」という反応があり、先代ノートはe-POWERの設定により売れ行きを伸ばした。

 ただし現時点では、先代ノートe-POWERが好調に売れてから、3~4年しか経過していない。まだ乗り替え時期に来ていないわけだ。加えて2020年にはコンパクトSUVのキックスも発売され、軽自動車では2019年にデイズ、2020年にはルークスも新型になっている。

 販売店からは「ノートのNAエンジン車を使っていたお客様で、予算が限られる場合、同程度の価格で購入可能なデイズやルークスに乗り替えられている」という話も聞かれる。

 マーチでは魅力が乏しいが、デイズとルークスなら車内も広く、内装も上質で先進的な衝突被害軽減ブレーキやプロパイロットも用意される。軽自動車ではあるが、先代ノートのユーザーが乗り替えても満足できる。つまりデイズとルークスも、新型ノートにとって、販売面ではライバルだ。

 このほか前述の通り2020年2月にヤリスと現行フィットが登場したことも、ノートの売れ行きに影響を与えた。

次ページは : ■プロパイロットはXグレードのみのオプション設定