北米のIS500 F スポーツパフォーマンス発表で…… 中古レクサスIS Fの価格に動きあり!?


 2021年2月に、北米レクサスがハイパォーマンスセダンの「IS500 F スポーツパフォーマンス」を発表した。このモデルは最高出力472ps、最大トルク535Nmを発生する5L V型8気筒DOHCエンジンを搭載している。

 残念ながら、今のところ、このIS500 F スポーツパフォーマンスは日本国内で販売される予定はないが、5L V8自然吸気エンジンを搭載したレクサスISといえば、2007年~2014年まで販売されていたIS Fを思い出す人も多いはずだ。

 というわけで、今回はIS500 F スポーツパフォーマンスのルーツともいえるIS Fの中古車事情を紹介していこう!

文/萩原文博
写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】Fスポシリーズの頂点!! レクサス「IS F」写真集


■運転の楽しさを極限まで追求したIS Fは2007年デビュー!

 レクサスIS Fはブランドのプレミアムスポーツモデルとして、2007年10月に発表、12月から販売開始された。IS Fの車両本体価格は766万円で、同じ年に販売開始した日産GT-Rのエントリグレードが777万円だったこともあり、当時話題となった。

 IS Fの“F”は徹底的な走りの鍛え込みを行ったホームサーキットの富士スピードウェイの頭文字である“F”が由来となっている。

ISのボディに5LのV8エンジンを搭載。刺激的な走りが約束されたモデルだった。IS Fの“F”は富士スピードウェイで徹底的に走りが鍛えられた“証”であった

 その“F”の名を付与するレクサスブランドのプレミアムスポーツは、「基本性能を徹底的に鍛え込むとともに、走りの新技術を備えることにより、レクサスの新しいパフォーマンスを提案する」ことをコンセプトとし、その開発にあたっては、ドライバーの意思にしっかりと応え、クルマを自在に操ることができるという、クルマの根源的な魅力である「運転する楽しさ」を極限まで追求したモデルとなっている。

  “F”の称号を与えられたIS FはインテリジェントスポーツセダンのISをベースに最高出力423ps、最大トルク505Nmを発生する5L V型8気筒自然吸気エンジンをはじめ、当時世界初だった8速スポーツダイレクトシフトなど、新開発のパワートレーンを搭載。さらに専用のサスペンション、アルミホイール、タイヤを採用している。

「IS F」のエンジンルーム。比較的コンパクトなボディにV8エンジンを搭載している為、凝縮感は半端ない。シルバーのエンジンカバーはインテリアとの統一感を感じる

 8速スポーツダイレクトシフトは電子制御技術により、ATとMTのメリットを両立させ、2ペダルトランスミッションの新たな価値を提案。Mポジションでは世界最速レベルの変速レスポンスを実現するとともに、エンジンとトランスミッションを直結状態とすることで、ダイレクトなアクセルレスポンスを実現していた。

 さらにエンジン、ステアリングブレーキを統合制御することで、高い車両安定性と予防安全性能を発揮するVDIMにスポーツモードを設定している。

 IS Fのデザインは、外観では走りのパフォーマンスと機能をダイナミックな造形へと昇華させたもの。

 一方、インテリアはハイコントラストをテーマとして、白と黒を基調にブルーのアクセントカラーを絶妙に配置した。さらにメーターの指針には青色LEDを採用し、スピードメーターは300km/hまで刻まれている。

■2007年に登場以降毎年改良され、常に走りの質を高めていた

 そして、IS Fはデビュー後に次のような改良が実施された。

 まず、2008年9月に一部改良を行い、センタークラスターを意匠変更するとともに、センタークラスターやドアグリップ&センターコンソール加飾部をブラックメタリックへと色を変更した。

 2009年8月の一部改良では、優れた操縦性、走行安定性と高いトラクション性能を発揮するトルセンLSDを標準装備とした。さらにステアリングホイール、19インチ鍛造アルミホイールの意匠を変更。標準装備のHDDナビゲーションに通信で地図更新が行える「マップオンデマンド」機能などを追加した。

 そして2011年8月に行った一部改良では、運転する楽しさを追求し、優れた操縦安定性・走行安定性を発揮する新ショックアブソーンバーの採用に加えて、コイルスプリングやバウンドストッパーなどサスペンションチューニングを最適化している。また、ヘッドライトにL字型のポジションランプを採用した。

 2013年9月に一部改良を行い、フロントのフォグランプをLEDタイプへの変更したのをはじめ、カーボン製リアスポイラーの採用。また、スポーツシート全席のヘッドレストに“F”ロゴを立体的に表現したエンボス加工を施している。

インテリアはISをベースとしながらも、テーマであるハイコントラスト感で“F”の特別感を演出。白いカーボン調パネルやパドルシフトも敢えて存在を主張し、積極的な操作を求めてくるかの様だ

 加えて、同時に設定された特別仕様車の「ダイナミックスポーツチューニング」はエンジンのピストンなどの部品のフリクション低減をはじめ、組み立てを行う時にバランス取りを行い、最高出力7psアップと滑らかな回転フィールを実現している。さらに、ボディ開口部に新しい接着技術を採用することで、ボディ剛性を向上させている。

次ページは : ■初期モデルは、登場から10年以上経過。気になる中古車事情をチェック !! 

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ